ピクシブ百科事典

ヒロイン

ひろいん

ヒロイン(heroine)とは、フィクション作品における『女性の英雄』や『女性の主人公』という意味。転じて男性の主人公の相手役の女性や、作中で活躍する女性の呼称。ただし作中の描写によっては必ずしも上記の定義に縛られるとは限らない。
目次[非表示]

概要

ヒロイン(heroine)というのは、ヒーロー(hero)の女性形であり、本来の意味では女性英雄女傑)』『女性の主人公女主人公)』を指す。ただし、作中の描写によっては必ずしも上記の定義に縛られるとは限らない。
フィクション作品における古典的な女性像としては、男性主人公の補佐役の準主人公として登場し、マリオシリーズピーチ姫などのように悪役に狙われる、もしくはさらわれる等の境遇に置かれ、それを騎士的役割の男主人公(ヒーロー)が救う構図、常に前述の主人公と行動を共にし、理解者・精神的支柱となるなどという特徴が見られることが多かったが、2000年代中盤以降になるとその方向性が多様化している。
男性形であるはずのヒーローが別の意味で使われているため、ヒロインの男性版に相当する言葉は存在しない。

相手役、紅○点、悪役としての「ヒロイン」

少年漫画ゲームなどの男性向け作品、男性が主人公の作品では、主要な女性キャラクターを総称してヒロインと呼ぶ事もある。

作品において最も重要な地位に立つ女性を「メインヒロイン」と呼び、それ以外の女性を「サブヒロイン」と呼んで区別する。また、悪の女幹部の女性のことを「ダークヒロイン」と呼ぶ。
ラブコメ作品では、最終的に主人公と結ばれる女性を正ヒロイン(メインヒロインとほぼ同義語だが、「主人公の恋人正妻」も兼ねている場合である)と呼び、その正ヒロインと争う女性を準ヒロインと呼んでいる。
終盤や中盤で主人公の敵になったり、敵を愛したりするヒロインも存在する。

男主人公の相手役のヒロインは、主人公の名脇役、パーティーののようなものであり、「ヒロイン」と名前が付いているものの、実際には「主人公の頼りになる仲間」「美女美少女の姿をした主要キャラ」のような意味であり、「マドンナ」の別名義のような意味で使われている。

男主人公の作品の人気の秘訣は男性キャラの強さ、格好良さ、行動範囲の広さ、人気の高さ、作品舞台の規模の広さのお陰であり、女性キャラの人気は後天的なものであるケースが多い。

女主人公としての「ヒロイン」

女性向け作品の女性の主人公は恋愛、男性の魅力を引き立てる役割、自己紹介などで活躍することが多かったが、近年では方向性が多様化している。

  1. 男主人公を男女逆にした、男勝りで活発なキャラ(活発さにもアッパー系ダウナー系など、様々なタイプがある)
  2. 主人公の性別が選べるRPGの女主人公(主人公=プレイヤーで名前、細かい設定は選択制)
  3. 英雄かそうじゃないかに関わらず、読者に物語の一視点を提供するキャラ
  4. 男性の視点を入れない「男人禁制」「高潔」の世界観を構築するキャラ
  5. 男主人公の作品が作中にあるメタフィクションのキャラ
  6. 「見た目が綺麗、かわいい」を突き詰めた、動物園、美術館のように眺めて楽しむ作品のキャラ
  7. 名前を変更できる乙女ゲーム夢小説の主人公のように、プレイヤー全員を「ヒロイン」に設定する女性の偶像

女主人公の作品の男性キャラを「ヒーロー」と呼ぶパターンは少ないが、恋愛がテーマの少女漫画乙女ゲームの男性キャラのみ、そう呼ばれている。
女主人公と恋愛関係にならない男性キャラは、「男性の準主人公」「相手役」「キーパーソン」「王子様」などと呼ばれ、男性がダークヒーロー小悪党的な存在だった場合は、ヒーロー不在と呼ばれる。
少女漫画の複数ヒロインは、主人公準主人公A編の主人公B編の主人公のように呼ぶ。
男性主人公の作品との混同を防ぐ為に、主人公兼ヒロインのような言い方がされることも多い(男女両方の自己投影の対象であることも意味している)。

女主人公の作品は男主人公の作品よりも売れにくいが、男主人公の作品にはない魅力をはらんでおり、
  1. 女性キャラが判子絵背景と一続きの外見にならない。
  2. 三次元女性に近い女性キャラを描ける。
  3. エログロが物理描写ではなく、愛憎劇のような心理描写で描かれることが多い。
  4. ヒーローがヒロインの意志を無視して、勝手に話を進めてしまうことがない。
  5. 女主人公に自己投影する読み方、女性の視点で世界を傍観する読み方が通例であり、男性キャラのファンの女性に女性キャラが嫌がらせを受ける、女性キャラの出番がなくなる目の毒だらけになるなどの被害がない。
  6. 恋愛に寛容な空間が描き出される。または、恋愛自体が主題。
  7. 男が主人公の作品では見られない展開(おままごとをしている気分になれる日常ドラマ、逆ハーレム、細やかな心理描写、男性の自己投影のしやすさ・しづらさを気にしない高身長で個性的で泥臭くないヒーロー、必要最小限の下ネタ、女性の本音など)が見れる。
  8. 一つの話につき、女主人公が一人であり、「誰が真のヒロインか」で揉めることがない。※注釈1
などの特性も持つ。

※注釈1「女主人公に共感できない余り、作品が無視されてしまう」「女主人公以外の女性キャラが消えてしまう」「全作品で女主人公の性格・価値観が統一されてしまう」「対象年齢の区分が細かくなってしまう(舞台の範囲も狭まる)」「“NL”以外を描きたい作家が、少年漫画萌え漫画に追い出されてしまう」など、「男主人公の嫁が誰か」で揉める男性向けラブコメと別の方面で問題になることが多い。

男性向け作品にも主人公兼ヒロインはいるが、「ヒロインではなくヒーローとして扱われる」「恋愛、心理描写が別枠として扱われる」「アンドロイドのような無機質なデザイン、グラドルのようなエロティックなデザインが多い」などの特徴を持ち、男性の好みのタイプに限られている。
主人公兼ヒロインを傍観するモブ一般男性が読者の自己投影対象、という描き方がされていることもある。

ヒーロー?ヒロイン?

一般には女性キャラに対する呼称ではあるが、男の娘、前述の古典的なヒロイン像に当てはまる例であれば、男性や性別が設定されていない例でも、半ば揶揄に近い形でヒロインと称されるケースも見られる。「男子力(ヒロイン)」を参照。
近年は、女性が男性と比較して非常に強い作品も珍しくなく、男女の逆転現象が起きている作品も少なからず存在し、女性キャラがあまりにも男前である場合はヒーローと呼称されることもある。「女子力(物理)」も参照。また、女子力(物理)タイプでも、女性性と呼ばれる特徴が強ければ「ボーイッシュなヒロイン」などと呼ばれる。

主人公詐欺!?

稀に男性主人公のギャルゲーエロゲーのメインヒロインをパッケージに描いた「パッケージヒロイン」を女性主人公と見間違って漫画やゲームを買ってしまう猛者がいるが、少年漫画と間違えてBLを買うようなものである。
萌えキャラ」「お色気担当」と「女主人公」「ヒロイン」はイコールとは限らないのを念頭に置いて欲しい。
萌え絵に近い少女漫画、BLに近い少年漫画もあるといえばあるのだが…。

総括

2000年低以降は、ヒロインはピーチ姫役ではなく、「ヒーローの女性版」「女性の視点役」という見方に変わってきている。「乙女」という単語の意味も変化している。「ぶりっ子」と呼ばれる女性の素顔も分かりやすく描かれるようになっている。「ヒーローの女性版」と言っても、ヒーローとまったく同じではなく、女性特有のの動きも描かれている。
ピーチ姫のような立場であっても、ただ守られるだけの女ではないのが分かる、細かい行動が描かれるようになっている。

注意

ネット上で頻繁に上がっているヒロイン役立たず論等という話題が多く見られている。

どうも視聴者又は読者の大半は、男に守られるタイプのヒロイン(にも様々なタイプがいるが、説明は後述)を嫌っている様で、少年漫画等で、仲間の足をひっぱったり迷惑をかけたり、危険な所等に行ったりする際「離れない、ずっと一緒にいる」と何もせずただ一緒に付いていたり、ただ助けられるだけのヒロインや、敵を倒すヒントやサポート等もせず特に何もしないヒロインや、祈ったりなだめたりするだけのヒロインを嫌う傾向があり、そういったヒロインに共感できず、「役立たず」や「引っ込んでろ」等と罵倒している(余談で、少女漫画には「安全な所ないし女性受けする高レベルな男性が多い所に行こうとするヒロインを悪女、不審者等が妬み、足を引っ張って危険な所に引きずり込もうとする」という別のパターンが存在している)。我々が住む世界の話になるが、男性が女性を囲んでいるシチュが性犯罪泥沼ミックスファイトを連想する為、嫌いで、女性(自分から見て自分たち)だけが出ている作品と男性(自分から見て他人たち)だけが出ている作品しか読めない女性もいる。「守られるヒロインが(好き、嫌い以前に)我々の住む世界でいうどの女性のメタファーなのか分からない」というそのものずばりを指摘する人もいる(普通に考えて、ヒロインは大なり小なり現実の女性が感情移入・自己投影を行ないやすく、現実の女性を知っている人が「友人知人の女性に似てる」というデジャヴを感じやすいのが普通の筈である)。普段は活発な女性キャラでも、男性キャラに守られるシーンがあると「役立たず」と言いがかりを付けられることもある。
「か弱い女の子を守ってあげるかっこいい男」という設定自体は2000年代初頭までフィクション作品にはありがちだったのだが、悪く言えば「女は男に守られてナンボ」というある意味20世紀までしか通用しなかった「前時代的な価値観」であるため、時代の変化に伴い「男勝りの自立した強い女性キャラ」「恋愛や生存競争に捕らわれないマイペースな女性キャラ」が好まれるようになり、世代が下るにしたがって上記のようなタイプのヒロインが共感されなくなり、形骸化してしまったのである(現在ではいない原始人や中世の騎士や侍忍者や昭和の大家族のように「昭和以前のヒロインのテンプレートだけが取り残されてしまったのであろう)。インターネット防犯ブザー女性専用車両、女性向けのゲーム等が出て来たことにより、「ヒロインの身の守り方」「恋愛関係の距離感」が変わってしまったものとも取れる。

主人公を支えるヒロインについても様々な考察がなされている。物理的にできることが家事育児育成)、会話等の仕事と関係ないことでも精神的に支えるタイプのヒロイン、どんな時も主人公や仲間のそばにいて弱音を聞いてあげる母親の様なヒロイン、精神が成長途中のヒロイン、敵を殺さないヒロイン、ヒロインが主人公又は仲間の生きる生きがいだったりすることもある(そのようなヒロインに惚れるファンもいる)。男装武装をせず、「ジョジョシリーズ」のスタンド背後霊のような姿になって戦場についてきているヒロインもいる(守られるヒロインに似ているが、生身のまま付いてきていないので足は引っ張っていない)。男の主人公にも様々なタイプがいる(設定上はいい奴、硬派ということになっているが、あからさまにそういう読者の自己投影用に見えないキャラも稀にいる)。守られるヒロインを男達が振り回す様子を「男同士のマッチポンプだ」「作品によっては、仕事をする主人公が戦いや賭け事で遊びほうけているニートにしか見えず、家で家族全員分の服の洗濯や部屋の掃除をして、家族全員の食事を作る専業主婦のヒロインや、アイドルになって24時間フルメイクをして働くヒロインのほうが苦労している」「一番悪いのは、ヒロインと恋愛する気やヒロインを立てる気がない癖にヒロイン(ラブコメ以外でも外見が美女、美少女)を登場させる、ヒロインに愛される主人公に自己投影する作者ないし編集者だ」「男女のうちの女だけにアンチが付くのはおかしい。普通は男女両方に人間味があってアンチが付くか、男女両方にアンチが付かないはずだ。読者がヒロインに自己投影しづらいのもおかしい。本当にありのままの人間達を第三者視点で描いているのか?ヒロインは人形ではないのか?」「ヒロインが戦う男たちにとってのトロフィー慰安婦のよう(肉体が重要で性格はなんでもいい)で、男女の恋愛にする嫉妬と別の意味で不快だ」と指摘する声もあがっている(余談で、男性主人公の作品のファンが独自に作った二次創作には原作に登場しないオリジナルキャラクターのヒロイン(読者が自己投影しやすいキャラ)が登場し、原作男性と恋愛・結婚するものもある)。
主人公が守るキャラが「大切な家族全員」「社会的弱者全員」のフィクションもある。
昭和生まれの世代のひとになると、「若いころはか弱い女性を強い男が守って助けるという作風のフィクション作品が主流で、自分もそういったコンテンツで楽しんで青春を過ごしたので…」という人もおり、これはこれで世代間論争になることもある。※注釈2

※注釈2 「か弱い女性を強い男が守って助ける」展開は、厳密には「か弱い女性を男装の麗人が守る」「強い親が子供たちを守る」「男女それぞれがお互いを助け合い、お互いを守り合う」「か弱い女性が男性のモンスターを使役する」「男性が女性に影から助け舟を出す」「女性が壁、ロボット、精霊などの人ならざる者に守られる」「悪い男性がか弱い女性を襲う」「悪い女性がか弱い女性にマウントを取る」「最初は守られていたヒロインが、精神的に成長して地に足が付いた女性になっていく」「性犯罪を阻止する(男が性犯罪の被害者になることは少ない為、女が守られる対象になる)」「一人に全員の雑用役を強要する苛めそのものを阻止する」等の数々の亜流のパターンが存在しており、昔は設定の細分化に乏しかっただけ、読者が求める展開の最大公約数的な描かれ方をしていただけ、という考察もできる。

女子力(物理)タイプのヒロインなら叩かれないかというとそうではなく、「男女」「男性キャラクターに粉をかけている」「他ヒロインに喧嘩を売っている」「戦う気がないドレスなどの服装を止めるべきだ(だが、男装麗人であっても見た目が良くて人気が出そうな外見なら叩く。「機能的な服装」と称して戦う男性にすら滅多にいない嫌われ役のような服装を強要する苛めを行う。)」「脱がない痛めつけられない(※原作はエロコンテンツ以外)」「男性キャラクターよりも弱い」「可愛くないから守られるヒロインに方向転換するべきだ。それが無理なら同じ設定の男性キャラクターに変えるべきだ。」「男が恋愛がテーマじゃない作品の男主人公に自己投影するのはいいが、女が恋愛がテーマじゃない作品の女主人公に自己投影するのは駄目だ(前者なら男主人公に自己投影を行う男作者が無視されて作品内で男主人公とくっつくヒロインが叩かれ、後者なら女主人公に自己投影する女作者がメタな視点で「恋愛関連の公私混同をしている」と下種の勘繰りをされて叩かれ、肝心の作品は無視されるといった感じ。ちなみに、本当に恋愛のことしか考えていない作者は恋愛がテーマじゃない作品は描けない。)」「女子力(物理)を省略して恋愛のみをテーマにできないのか」等と言いがかりを付けられ、どっちみち叩かれる。守られるヒロインを「役立たず」「嫌いだ」と叩く一方で、守られるヒロインのみを「ヒロイン」扱いするダブルスタンダードな視聴者又は読者がおり、ヒロインが叩かれるのをお約束として、ヒロインが叩かれる様子を楽しんでいる(ろばを売りに行く親子魔女狩りの話に似ている)。
ヒロインアンチが男性の場合は、関わる女性のタイプに関係なく凶悪性犯罪者のように女性(女体)を痛めつける行為を楽しみ、ヒロインアンチが女性の場合は守られるヒロインを妬んで暗に自分がその立場に成り代わりたいと主張するパターンが多い。

ヒロイン叩きは、主に「作者に“昭和以前のテンプレートが形骸化している”“美人像が有名無実化している”と指摘するメタな叩き」「女性という存在自体を叩くミソジニー行為(リアル女性にモテない男性に多い)」「自分がヒロインの立場に成り代わりたいという嫉妬(ヒロイン像が古いか古くないかに関係なく、昔のヒロインのような立場になって男性に愛されたがる無能な女性の本音)」で構成されている。

最も、こういう人たちは「行動を起こす男主人公に相手役のヒロインが付いてる作品」「男性キャラばかり出る作品」「ヒロインが恋愛しかしない作品」ばかり見る自分たちこそが「守られるタイプのヒロイン」そのものなのであり、本当に行動的な女性が見たい人たちは少女漫画(タイプは後述)、乙女ゲーム、女児向けアニメ、朝ドラなどの「女主人公の作品」「女主人公=自分ないしリアル女性の分身で、女主人公の成長や女同士の友情がテーマの作品」を見るのである。女性と関わりたくない男性が、フルフェイスヒーロー、マッチョマン、動物だらけの作品を嗜んでいるケースも多い。
あまり知られていないだけで、少女漫画はギャグ漫画、スポーツ漫画、ホラー漫画などの男女一対一の恋愛以外が主題の作品もあるし、恋愛漫画で恋愛以外が丁寧に描かれているものもあるし(少年漫画で読者に受ける部分がメインテーマのバトルだけじゃないのと一緒である)、昭和以前の女性は恋愛しかしていないように見えて苦労していたし(平成以降に守られるヒロインにこだわっている人は、古い女性像の自分に都合のいい部分を利用しているだけである)、女性キャラはヒーロー的存在が不在の作品で、性的少数者性嫌悪を差別する人間、痴漢処女厨ストーカー、周りに大切にされる立場の成り代わりを企む人、本文を改ざんする編集者、現実と架空の区別が付いてない読者(現実と無関係のファンタジー作品に「現代が舞台の恋愛だけやるストーリーに変えろ」と言いにくる作品のどこに惚れたのか分からない場違いな読者など)、容姿、年齢、価値観などを傷付ける精神攻撃でセクシャルハラスメントをする人本来いるべきではない偽主人公などに酷い迫害を受けている。恋愛漫画で、メインの恋愛よりも女主人公を邪魔する悪役などのアンチテーゼのほうが丁寧に描かれている作品もある。勘違いされがちだが、女主人公が周りに嫉妬される作品は「自分(女主人公)は周りに嫉妬されるほど優れた人間なんだ」と悦に浸る為の作品ではない。恋愛漫画で「常にレールを走らされ、レールを外れることを許されない」という精神的な暴力を主題にしているものもある。つまらない恋愛漫画は、女主人公を眺めるもう一人の主人公ダークヒロイン)やモブキャラクターの「女主人公に成り代わって愛されたい」という願望を絵にしたものとも解釈できる。
ネットの女性キャラ叩きに嫌気が指し、男性キャラ(女性の嫉妬の元凶になりやすい女性受けする美男子にしても、暴力事件・性犯罪の元凶になりやすいミソジニスト・不審者・痴漢にしても)が登場しない作品や、男女の片方しか登場しない作品や、同人作品しか読めなくなってしまったという境遇の者も多い。

ヒロインアンチには「(女性自身ないし女性を知っている作者が)好きなことや普段考えていることよりも、商業で“売れる”“テンプレート”と定められている設定(エログロ、男性優位、形骸化してしまった時代錯誤のテンプレートなど)を描くべきだ」とネット中で説教して迷惑行為に走る人間も多く、問題化している(だが、商業であれ同人であれ、大なり小なり人の感情が伝わらない作品が売れることはない。インターネットがない時代は女性の本音や同人作品が目に入りづらかった為、商業主義だっただけである。昭和以前は専業主婦が多かった為、女流作家の芽が出づらかっただけである。読者たちは商業、同人問わず面白い作品=共感できる作品や老若男女を差別しない作品の元に行くものである)。
ヒロインアンチの人は、二次元で集めた知識を自慢したり、二次元のみに登場する行動が一貫してないヒロインを叩いたりする前に、まずリアルな女性(外面だけではなく精神面も)について勉強してみてはどうだろうか。現実にいそうな悪女だけを嫌ってはいかがだろうか。二次元のヒロインを嫌う前に、まず、自分たちが現実世界の主人公、ヒロインになる努力をしてみてはいかがだろうか。

関連タグ

類義語

女主人公 マドンナ ライバルヒロイン ダークヒロイン ヒーローとヒロイン

ヒロインの分類

ダブルヒロイン メインヒロイン 真メインヒロイン 準ヒロイン サブヒロイン 歴代ヒロイン 追加ヒロイン
戦うヒロイン バトルヒロイン スーパーヒロイン 変身ヒロイン 巨大ヒロイン 格闘ヒロイン 悲劇のヒロイン カラーヒロイン 特撮ヒロイン 戦隊ヒロイン ウルトラヒロイン ライダーヒロイン 短髪ヒロイン
男前ヒロイン ちょろイン ヒドイン ウザイン メンドクサイン
ジャンプヒロイン エヴァヒロインズ 卍固められ系ヒロイン 使い捨てヒロイン ゲロイン ゲスイン エロイン

その他

ヒーロー 主人公 主人公(ヒロイン) 女の子 女性
乙女ゲー主人公 女主人公受け
ヒロインピンチ ヒロピン
女子力(物理) 男子力(ヒロイン)

backnumber...「ヒロイン」というタイトルの楽曲を歌っており、pixivにイラストが存在する。

関連記事

親記事

登場人物 とうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒロイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20109983

コメント