ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

手塚治虫氏原作『リボンの騎士』の主人公。フルネームはサファイア・フォン・シルバーランド
男性しか王位につけないシルバーランドの王家に生まれ、天使・チンクのいたずらにより、女子でありながら男子と女子、両方の心を持って生まれてしまった黒髪なお姫様

年齢は15歳だが、アニメ版では(物語開始時点では)12歳。

一人称は普段は『ぼく』だが、たまに『私』になる。後者は本来の一人称なのか、後期になるにつれてそちらになることが多くなった。

出生時の政治状況などから男子として育てられ、公には王子とされているが、本人は女子として生活することを望んでいる。少女時には一日の僅かな時間だけ、亜麻色のかつらをつけ、ドレスをまとって乙女らしく振舞うことが許されていた。

サファイアはある偶然の出会いから、亜麻色の髪の乙女として隣国ゴールドランドの王子と恋愛関係になるが、自身の正体を打ち明けることができず苦しむ。
その後、王様を殺害された(アニメ版では誘拐され、地下牢に投獄されていただけだった)挙げ句ジュラルミン大公罠によりその地位を追われたサファイアは、「リボンの騎士」に変装して悪政と戦う。物語の終幕ではゴールドランドの王子フランツと結ばれ、平和のうちに国家併合を果たした。

アニメ版ではお転婆な性格となっており、イタズラをしたり窮屈な事を嫌がって、世話係の手を焼かせることもしばしば。原作とは異なり王子としての生活を望んでおり、女の子扱いされるのを嫌っている。そのためか、王女でありながら王子として生きなければならない事は原作ほど苦にはなっておらず比較的前向きになってる。しかし、フランツと恋してからは、成長と共に自分が女の子であることを受け入れるようになる。

続編となる『双子の騎士』においては母親として登場。不本意ながらも娘を鍛え上げ、「リボンの騎士」の宿命を継承させることになる。

KYOTO手塚治虫ワールド上映のショートアニメでは幼少時代に家臣の娘と思わしき女の子達に花冠を被せてもらって遊んでいた際にジュラルミン達にからかわれたことが判明。媒体にもよるが女の子扱いされるのを嫌がるのも納得である。

手にしたレイピアで戦うが、当時日本では『レイピア』という単語が知られていなかったためか、『短剣』と言われている。
レイピア以外にも弓矢やランスや斧、斧と鉄球を鎖で繋いだ武器を扱うなど武術に長けている事が伺える。
王女としての教育はアニメ版ではあまり受けていなかったようでパンを切る際に剣士の血が騒いでパンを滅多切りにして王妃に窘められていた。

服の前面にジッパー(?)部分があるが、アニメ版では簡略化、もしくは割愛されている事が多く媒体によってデザインが若干異なっている。
また、最初の作品である少女クラブ版ではピンクの服を着ており、なかよし版以降の服装とは大分異なっている。

昔は『サファイ』と表記されることも多かったが、現在は『サファイ』で統一されている。

血縁関係

父親:王様
母親:王妃
従兄弟おじ:ジュラルミン大公
再従兄弟:プラスチック
夫:フランツ・チャーミング
息子:デージィ
娘:ビオレッタ
子孫:フランツ(少女フレンド版)、碧音サファイア

なお、両親の正式名称は不明。また、フランツ(少女フレンド版)と碧音はデージィの子孫でもあるのか、ビオレッタの子孫でもあるのか(あるいはその両方なのか)は不明。

担当声優

太田淑子:テレビアニメ版、『海底超特急マリンエクスプレス
白石冬美:パイロット版
岡本茉利:『鉄腕アトム』(1980年版)
冬馬由美:『手塚治虫が消えた!? 20世紀最後の怪事件』、KYOTO手塚治虫ワールド上映版
水樹奈々:『リボンの騎士』60周年記念『RE:BORN〜仮面の男とリボンの騎士〜』コミックス第1巻同梱ドラマCD

余談

  • サファイアのモデルは宝塚歌劇団のスターで、娘役の淡島千景。
  • サファイアは兵庫県宝塚市の特別市民となっている。

関連タグ

リボンの騎士 サファイア サファイア姫 亜麻色の髪の乙女
姫騎士 戦乙女 ボクっ娘 バトルヒロイン 男装の麗人 おっぱいのついたイケメン
小池百合子ハロウィンの際にリボンの騎士のコスプレをした政治家
勇者リリエル:リボンの騎士のパロディネタ

関連記事

親記事

リボンの騎士 りぼんのきし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サファイア王子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5321

コメント