ピクシブ百科事典

ブラック・ジャック

ぶらっくじゃっく

『ブラック・ジャック』とは、手塚治虫による漫画作品、それを原作としたアニメ作品、および、その作品に登場する主人公の医師のニックネームである。
目次[非表示]

概要

 手塚治虫の代表漫画作品の1つ。またその主人公の通称。ブラック・ジャックは、黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師。法外な料金を代償に、様々な怪我や難病を治療してゆく人間ドラマである。
 医療漫画のパイオニアにして金字塔と言われる。
1973年から1979年にわたり「週刊少年チャンピオン」誌上にて連載された。
 連載終了後も、1983年までいくつか読み切り作品が掲載された。

連載経緯

 1970年代前半は劇画スポ根全盛期であり、トキワ荘のメンバーを初め、手塚治虫の漫画も冬の時代と言われていた。
また虫プロも倒産するなど大打撃を受けた。しかし世間で言われているほど手塚治虫の冬の時代は長くなく、虫プロ倒産のたった3日後にこの「ブラック・ジャック」の連載をはじめ、そのさらに4日後には「三つ目がとおる」の連載を始めた。
このブラック・ジャックと三つ目がとおるは大ヒットする。

またそれ以前にも描いていたのを含めると「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」「火の鳥」「ブッダ」を同時連載させ大ヒットし、手塚治虫は漫画家として大復活を遂げる。

そしてこれらの大ヒットにより虫プロ倒産からたった4年後に、新しい虫プロを立て直す。

ちなみに秋田書店のブラックジャック関連本では「手塚治虫はブラック・ジャックだけで復活した」「チャンピオンが死に水を取るために連載させた」とやや誇張されているが、ブラック・ジャック連載の前は手塚の「ミクロイドS」が連載されていて、ブラック・ジャックはミクロイドSの後続連載である。

作品内容

作品は決して「超人ブラック・ジャックが魔法のような外科手術で患者を治しました、めでたしめでたし」と言う訳ではない。尊敬する医師は奇跡的な手術を成し遂げながら重大な医療ミスを犯し、ブラック・ジャック自身も何度となく完璧な治療を施しながらも医学の限界、人体の神秘、不幸なアクシデントに屈服し、時には患者から「なぜ治療した!」と言われてしまう、でも間先生はめげない。このニヒリズムとそれに対抗する主人公のバランスは絶妙。

作者の手塚は医師免許を持っているにも関わらず、現実の医学とは著しくかけ離れた設定も多い。医学知識は当時としても古いものでしかなく、架空の治療法・病気も何度となく登場するが、手塚自身は「医療技術の紹介ではなく、医者の使命とは患者の治療なのか幸福なのかそのジレンマ」を描くのが主旨であったと言っている。

また、以降の他の手塚作品で話題が「医学」や「手術」になると登場人物の顔がブラック・ジャックに変わるというギャグがしばしば使われる。

登場人物

特筆の無い限りはTV版での担当者。

メインキャラクター

  • ブラック・ジャック(BJ)(CV:大塚明夫(1993年リリースのOVA以降、ほぼすべてのメディア作品で担当) / 関智一(青年期、TV版)/伊武雅之(『バンダーブック』客演時) / 野沢那智(『鉄腕アトム(1980年版)』『マリン・エクスプレス』『ブレーメン4』での担当))

 主人公。本名・間黒男(はざまくろお)。無免許医師だが、手術の腕は世界一ともいわれる天才外科医。年齢は原作漫画の作中でも明確に描かれていない。エピソードの時期によりばらつきがあるが、およそ三十代前後として描写されている。
法外な報酬を請求することで知られるが、弱者からは最終的に一銭も取らないことが多々ある。ただし初めから請求しないことはまれで、受け取らなかったり後で返したりする場合が多い。
この法外な報酬は、本人曰く「技術に対する正当な対価」であり、患者が法外な請求を払ってでも生きる意欲を見せようとするかどうか、試しているということらしい。
実際、ブラック・ジャックは生きることを簡単に投げ出そうとする相手に対してはほとんど厳しい態度で臨むことが多く、生きる意欲を投げ出さずにがんばろうとする患者に対しては優しい。

また、父親の浮気により母共々捨てられて、その母も早くに死に孤独な幼少期を過したため、母親への思慕を持ち続けている。そのこともあって、母親が病気になって苦労している人や、患者とその母親の間に何かしらの問題があったりする場合なども、影ながら真摯に面倒を見る話も多い。

冒頭の説明の通り、つぎはぎだらけの姿は漫画的ハッタリでしかなかったのだが後付け設定により、幼少時に不発弾の爆発事故に遭い体中がバラバラになるものの、恩師・本間丈太郎の神懸かり的な手術と本人の壮絶なリハビリにより完全に回復、その経験から外科医を目指した、と言う事になった。

ブラック・ジャックを紹介されて「自分の傷跡も消せない藪医者など信用できるか」と言う患者も居たりするが、不発弾事件からの治療の際に(母子家庭な上、無愛想で嫌われ者だった)黒男に唯一人だけ移植用の皮膚の提供をしてくれた同級生(混血児だった事もあり虐められる側だったが、誰とでも仲良くしようとする心優しい少年だった)に対する感謝の証として浅黒い皮膚(カラーでは青く塗られる事の方が多いが)をそのまま残しているとされている(これも後付け設定であり、現実には移植された皮膚は新陳代謝で入れ替わるのでこのようなことは起こらない)。
外気温に関係なく常に黒いロングコートを纏い、その下にはワイシャツに黒いパンツリボンタイを愛用。そのロングコートの中には手術道具一式を忍ばせ、時には武器としてもつかう。何も入っていないことも割とよくある。

 とある患者の奇形嚢種におさまっていた臓器をもとに、BJが人造皮膚などを足してつなぎあわせることで造り上げられた人造人間。脳神経、心肺、消化管、腕、脚などは生身だが、頭蓋、骨格、顔面、外皮などは人工物。外見は舌足らずの幼女だが、嚢腫として18年間生きていたため、本人は大人であると主張、BJ の「奥たん」を自称する。成長出来ない体であり、8頭身の美人に憧れている。

 高額な報酬と引き換えに、完全な安楽死を提供する「闇の医師」。死生観の違いから、BJとは反目しているが、あくまで彼の安楽死は「苦しみから人を救うための手段」という彼なりの信念である。そのため、救える命まで粗末にすることはなく、軽々しく死を望む人間に対しても厳しい態度を表す。BJと共に患者を救命することもしばしば。

 BJの恩師であり、かつ命の恩人。爆発事故で26箇所が離断した BJの体を外科手術でつなぎ合わせ、数年にわたるリハビリを実施し、BJをみごとに回復させた。BJいわく世界最高の外科医であり、BJ にとっては絶対的な存在。しかし、とある世界初の心臓疾患の患者を手術した後、死なせてしまったことで人体実験との謗りを世間から受けて非難され、医局を追われてしまう。そのことが、BJが権威主義にあぐらをかく医療界に対する軽蔑と不信の要因となった。

 BJ の恩師の一人。とある病院に勤務する外科医。時折り、BJの腕を見込んで、BJに救援を頼むことがある。BJの仕事に理解を示し、法外な報酬であると知りつつも、手術代を支払っているフシがある。

その他のキャラクター

 BJの医大時代からの友人。手塚作品でよく出る作者自身。「ブラック・ジャック」ではマンガ家でなくて、BJの知己、とある病院勤務の医師と言う設定。これ以外にも患者などの脇役キャラで出てくることもある。


  • (CV:兵藤まこ) - アニメ版では、下の名前がみおと判明している。
  • (CV:小川真司) - アニメ版では、下の名前が影三(かげみつ)と判明している。また、BJを捨てた理由もアニメ独自の設定がなされている。
  • 小蓮(CV:桑島法子
  • 蓮花(CV:高島雅羅

なお、手塚治虫は大阪帝国大学附属医学専門部(現在の大阪大学医学部)を卒業している。ただし研修医時代を除いて臨床医として診察をした経験はなく、医学博士の博士号は、「異形精子細胞における膜構造の電子顕微鏡的研究」(論文リンク)である。

ブラック・ジャックはなぜ無免許なのか?

ブラック・ジャックがなぜ無免許なのかはハッキリと語られている訳ではないが、現実にブラック・ジャックのような医療活動をすると間違いなく医師免許を剥奪されるような行為を何度もしている。

作者の事情としては「アウトローっぽさ」を演出する要素として付け加えられた設定であるらしいが、日本の法律では無免許で医療行為を行うのは犯罪であり、発覚すれば逮捕される。

作中ではブラック・ジャックは無免許である理由として「医師免許を持っていると決められた料金しか請求できなくなる」などと説明されたことがあるが、2016年現在では医療保険を使わない自由診療であれば、法律上は自由に報酬を設定できる。

もっとも劇中でも逮捕をちらつかせてタダ働き(主に死にかけの犯人の治療)をさせる刑事も存在するが。

ブラックジャックの顧客には有力者も多く、ブラックジャックの患者になるはずだった外国の有力者の孫を日本の医学会が強引に奪うものの治療に失敗、報復として自分の息子を撃たれ、その治療の為にブラックジャックに泣き付いたと言うエピソードまであり、ブラックジャックの医療行為に関しては超法規的な見て見ぬフリとなっている。

なお、ブラック・ジャックは無免許といっても独学で医療を学んだわけではなく、大学の医学部で正当な医学の訓練を受けている。

ちなみに手塚プロ公式作品である「ヤングブラックジャック」ではブラック・ジャックがいかにして無免許医師になっていくかなどが描かれている。

ヤングブラックジャックではまだ医学生の時代から脳手術などを非合法に何度も行っており「こんなことを続けていれば医師免許を取れなくなるぞ」と言われている。

TVアニメ

2004年10月から日本テレビ系にて放送された。日本テレビ系アニメ初のハイビジョンアニメ。
2006年3月6日の放送『Karte61:二人のピノコ』をもって一旦終了(ただし、最終話という告知そのものはなかった)。2006年4月よりタイトルを『ブラック・ジャック21』に変更、一話完結のオムニバス形式ストーリーから連続ストーリーへと移行した。

なお、監修を務めた手塚眞の意向により、一部のエピソードで死亡するキャラクターの生死が変更されたり(BJ、あるいはその他の医師の懸命な措置で延命できた。あるいはケガ程度で済んだ。)、死亡したキャラクターの死因や患者の病名が別のものに差し替えられるなど、原作から変更されたシーンも多く存在する。

また、原作には登場しないキャラクターの存在により、該当キャラクターを演じている手塚スターが別のキャラクターに変更されたり、あるいは物語に出てくる少年少女の多くが、アニメオリジナルキャラの写楽(CV:佐藤ゆうこ)と和登(CV:小野涼子)姉弟の友人・知人という設定になっている。

主題歌

  • オープニングテーマ


「月光花」(Karte00 - Karte28)
作詞・作曲 - yasu / 歌 - Janne Da Arc

「Here I Am」(Karte29 - Karte51)
作詞・作曲・編曲 - 小室哲哉 / 歌 - globe

「Fantastic」(Karte52 - )
作詞・歌 - 鈴木亜美 / 作曲 - y@suo ohtani / 編曲 - 原田憲

  • エンディングテーマ

「黒毛和牛上塩タン焼680円」(Karte00 - Karte28)
作詞・作曲・歌 - 大塚愛 / 編曲 - 大塚愛、Ikoman

「clover」(Karte29 - Karte52)
作詞 - 西田恵美 / 作曲 - 関山弘之 / 編曲 - SiZK、華原大輔 / 歌 - hiro

「careless breath」(Karte53 - )
作詞 - Kenn Kato / 作曲 - 菊池一仁 / 編曲 - 原田憲 / 歌 - EXILE

手塚治虫以外の手によるブラック・ジャック

名作だけあってアニメ以外でも手塚治虫氏以外の手による作品で描かれることも多い。

実写版

これまで5回にわたり実写化されているが全部演じた人物が違う、顔の傷跡や白髪なども有ったりなかったり、ストーリーの関係も有るが印象はそれぞれかなり異なる。

漫画版

時折秋田書店のコラボ企画で描かれる事も

ヤングブラック・ジャック

該当項目参照

ブラック・ジャック~黒い医師~

山本賢治作画。台詞はほぼ原作通りだが、山本賢治の手によりダークヒーロー悪役的な描かれ方が強い。


関連イラスト

BJ
ブラック・ジャック
「先生、手術お疲れ様でした」



関連タグ

ピノコ キリコ 手塚治虫 ドクター・キリコ 間黒男 医者 スカーフェイス 大塚明夫 加山雄三 ダークヒーロー

ブラックジャック100users入り
ブラックジャック500users入り
ブラックジャック1000users入り

ミッドナイト ブラックジャックによろしく

ブラックジャック・ハンマー先生

別名・表記揺れ

ブラックジャック BJ

カップリングタグ

ジャピノ キリジャ マクジャ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラック・ジャック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3462727

コメント