ピクシブ百科事典

桑田このみ

くわたこのみ

桑田このみとは、『ブラック・ジャック』のキャラクター。

概要

CV:田中敦子(15話) / 松井菜桜子(57話以降)
桑田このみとは、『ブラック・ジャック』のキャラクター(画像右下)。
作者の同作『地球を呑む』のゼフィルスがモデル。

手足切断するような手術も平気な顔で行う外科医。第57話(アニメでは59話)の事実上の主人公
その冷酷なスタイルから女版ブラック・ジャックとして「ブラック・クイーン」と呼ばれている。
しかしある時恋人の鈴木さん(演:ロック・ホーム)が大けがをし足を切断しなければならず、葛藤していた所でBJと再会。BJに睡眠薬を盛られ、寝ている間にBJは足を切らずに鈴木の手術を成功させ彼女を助けた。
BJも彼女を気に入っていたらしく、最後に「ジャックからクイーンへ」と書かれた封筒を破り捨てている。

手塚スターシステムの関係上、ゼフィルスっぽいキャラが登場するエピソードは本話以外にもあるが、アニメでは15話『偽りのウエディング』(原題:かりそめの愛を)に登場したミチルの担当医がこのみ本人であることが明かされている。そのためか、ピノコにBJの婚約者だとあらぬ疑いをかけられた時にはちょっと頬を染めて恥ずかしがっているというアニオリ演出が入っている。

その後その恋人結婚し鈴木姓に改称したが、その仲が危機にひんした時(原作189話『終電車』)に再登場。BJに告白する。しかしBJはその気持ちを斟酌し、また同様の方法で成り代わり手術を敢行。無免許医に手術をさせた失態を取らされて病院を辞めることとなる。
BJの粋な計らいを知らされた彼女は恋人のいる中東へと向かうことを決意し、BJに別れを告げるのだった。

関連タグ

手塚治虫 女医

pixivに投稿された作品 pixivで「桑田このみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3421

コメント