ピクシブ百科事典

目次[非表示]

フィクションにおいて

どういうわけなのか、巨乳フェロモンあふれる若い女子として描かれることが多い。

歴史

明治初期に開業した楠本イネ(シーボルトの娘)が西洋医学を学んだ初の女医と言われることが多いが、幕末には榎本住、高場乱らの女性医師が開業しており、彼女が本当に最初かは怪しい。なお楠本イネは1875年〜1884年の間は女子が医師になれなかったため廃業して産婆となっていた。

その後は1885年に荻野吟子が公式に認められた「初の女医」となる。

1943年の岐阜県立女子医学専門学校(現岐阜大学医学部)・名古屋市立女子高等医学専門学校(現名古屋市立大学医学部)の設立を機に、8校の女子医療専門学校が設立され、女医の増加のベースが醸成されてきた。
なお、女子医専は医学部や大学が戦後制度改変されたのに伴い、共学大学の医学部に改組されたところが多く、現在では女子のみの日本の医科大学は私立の東京女子医科大学のみである。
(医学部の男子校は日本には現在存在しない)

現状

ドラマ「梅ちゃん先生」(主人公が医師になったのは1952年)あたりでも描写されているように既に戦後から医師になる女性も結構おり、女性の大学進学率が上昇した1960年代以降は相当増えており実際はおばちゃん女医や70オーバーなおばあちゃん女医も多い。80を過ぎると男性医師と同様体力的な問題から現場を退く人も多いが、いなくはない。

一生モノの資格ということもあり女医の人数は増えつつある。
多忙な仕事でもあり未だ家庭との両立等に行き詰まり途中で退職する人も多い。
家庭との両立がしやすいということで昔は皮膚科眼科などに行く人が多かったが最近は結構どの科にもわりといる。麻酔科なども最近はパート勤務やフリーランスの麻酔科医という選択肢ができてきたこともあり、微妙に増えている。
従来は外科は体力的な問題もあり女性は少なかったが、技術進歩により消化器系などは腕力に頼らない内視鏡手術が増加したり手術時間の大幅な短縮が可能になって状況は変わりつつある。後述の支援策もあり若い世代では女性の入局者も少しづつ出ている。

ただし、泌尿器科だけは男子器が治療の対象であるため患者側も敬遠する向きが多い(泌尿器科クリニックでは「医師や看護師も含め、スタッフは男性のみ」を売りにするところも多い)こともあり未だに少なく、「開業している実家の跡取り」といった事情以外に志望する女性も少ないため1県に1桁人数しかいない場合も多い。
最近は医学科生のおよそ半数が女子になる程増えてきたこともあり、大手病院や医学部でも女医や看護師の職場復帰がしやすくなるよう、パートや時短勤務、病院の敷地内に保育所を設けるなどの対策が進められつつある。

保健室にいるのは

養護教諭です。医師免許がなくてもなれます。
保険医は誤用。保健医という職業は存在しません。正しくは校医

実在する著名人の女医

※随時、追加をお願いします。


女医を主役とした主なフィクション作品

エロ系はきりがないので省略。


医療もの以外の女医キャラクター


関連イラスト

女医さん
八意診療所
心療内科高良クリニックのテンプレ
保健室のセンセイ
MEIKO医師
女医スラッシュ
JOY



関連タグ

医師 医者 看護師看護婦 歯科衛生士 病院
保健室 保健室の先生 養護教諭 白衣
エン女医あきら先生 Dr.るっる 八意永琳(原作では薬師で、女医とは書かれていない。二次設定注意。)

関連記事

親記事

医師 いし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「女医」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4674617

コメント