ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

妊娠出産に関する医療行為を扱う「産科」と、女性特有の

子宮やホルモン関係の疾患などを扱う「婦人科」の合わさった分野である。


一般の病院では「産婦人科」の看板を掲げているところも多いが、

婦人科のみの看板を掲げ、出産を取り扱わないところもある。

そうしたところでは子宮や女性器周辺の炎症、女性ホルモン関係や性行為感染症などの疾患の治療、アフターピルなどの処方を行ったりしている。



フィクションではエロいイメージなどで取り上げられる事も多いが

現実は非常にハードな現場となってきている。


現実の産婦人科の窮状

お産はいつ起きるかわからないものであり、陣痛促進剤を使用しても効かない場合も多く、また効いてもピンポイントで時間指定させて産ませることは不可能である。

また人間は頭部が大きいため難産になりやすい動物であり、出産時は血圧等も上がりやすいため、直前まで正常だった産婦が一気に母子とも危険に陥ったり、最悪死亡することもある。

このため産科医の勤務体系は非常にハードかつ不規則になりやすい。


しかし未だ多くの人が「お産は病気ではない」と思い込んでおり、出産は喜びのみしか予想しない人が多いため、突発的な出産トラブルで死亡・後遺症が残ると遺族が激怒しやすく、訴訟リスクが高い。


こうした状況にもかかわらず、マスコミや一部市民団体が医療訴訟となると遺族を焚き付けて医師をバッシングするケースが多々あり、医学生が産科を目指さなくなる風潮に拍車がかかっており、各医大でも新規の入局者が誰もいない年度がある場合も多い。


また、従来「産婦人科」の看板を掲げていた病院でも、医師が疲弊したり高齢化したりで出産の取り扱いを止め「婦人科」のみにするケースも増えている。

産婦人科を舞台としたフィクション


関連タグ

医師医療崩壊

関連記事

親記事

医師 いし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1690196

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました