ピクシブ百科事典

アフターピル

あふたーぴる

アフターピルとは、緊急避妊用の薬品。
目次[非表示]

解説

モーニングアフターピルなどとも言う。

コンドームが破れたなど、避妊に失敗した際に妊娠を防ぐために緊急的に服用するホルモン剤。
通常の避妊薬が「低容量ピル」と呼ばれるのに対しこちらは「中容量ピル」と呼ばれる。
1回の服用で強制的に月経を起こし、排卵と受精卵の着床の両方を抑制することで妊娠を予防する。

処方には産婦人科医の診断が必要である。商品名はプラノバール、ノルレボ等。

注意

受精卵の着床が完了してからでは効果がないため、着床完了前の服用が何より大事である。よって避妊に失敗したら極力早く受診する事が大事。深夜や休日などで病院が開いていないなどの場合もあるが、それでも72時間以内には処方してもらうことが大事である。子宮外妊娠の場合もまた効果が無い。そして服用は医師の指示をしっかり守り、飲み忘れないことが大事。

また吐き気などの副作用が通常のピルよりもきついため、毎回これに頼ろうなどと思うのは言語道断である。また喫煙者では心臓に悪影響が出る危険性がある。

基本は性行為感染症防止の観点からもコンドームが破れないよう正しく着用することを第一とし、ピル使用も通常避妊用の低容量ピル使用を優先すべきであり、「付けていても破れた」「強姦被害等つけてもらえる交渉の余地がない状況だった」等やむを得ない状況下の保険と考えるべきである。アフターピルは5,000〜2万円と値段も決して安くはないため、コンドーム着用の方が安上がりである。

あくまでも緊急用であることを忘れない事


関連タグ

避妊

外部リンク

緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を処方している施設 -病院なび

コメント