ピクシブ百科事典

避妊

ひにん

人為的な手段によって左図のような状況を防ぐこと。
目次[非表示]

概要

人間妊娠率は地球上の多くの動物の中ではかなり低い部類に入る(心身共に健康で肉体的に適齢期にある男女が最も適切なタイミングに性交を行っても妊娠確率は約30~40%程度と言われる)。

しかし人間は、生殖を目的とする以外にも、快楽愛情表現コミュニケーションなどのために性交を行う機会が多い。
また、その生態上子供1人あたりの身体的経済的負担が非常に大きく、全ての受精卵を育てる事は現実的ではない。さりとて、中絶という手段にも心身に多大な負担がかかってしまう。
そのため、必要な時以外は事前に妊娠を避ける方法を発達させてきた。それらを総称して「避妊」と言う。

だが、現代に至っても「これ1つで完璧」という方法は生まれていない(と言うより、現代になってようやく「高確率」と言える手段が普及し始めたばかり)のが実情であり、複数の手段を組み合わせる事が推奨される。

避妊の手段

手術

不妊手術
人間においては卵管精管を縛る手術が行われる。精管を縛ったり切除する場合はパイプカットとも呼ぶ。高年齢でもう子供を作る必要がないと判断した夫婦などが行うことが多いが、母体保護法の制限を受けるため軽々しく行えるものではない。

道具

コンドーム
性交の際、コンドーム(ラテックス製の)を男性のペニスにかぶせて、精子が腟内に入るのを防ぐ。
安価かつ手間が少ないため最もポピュラーな避妊方法となっており、粘膜同士の接触を防ぐため性行為感染症の防止にも効果がある。
膣内に密着させる“女性用コンドーム”も存在する。

ただし、最初からつけていなければ意味がない。
「途中から着ければいい」「射精前に着ければ大丈夫」というのは誤った知識で、我慢汁カウパー)にも精子は存在するため、きっちり最初から最後まで装着すること。
また、性行為感染症の観点から見れば、前戯の段階からでないとアウトである。

ペッサリー
女性が付けるゴム。元は子宮の位置を修正するための医療器具。
子宮口に被せるようにして装着し、精子の子宮への侵入を防ぐ。
後述の殺精子剤との併用でより高い効果を発揮する。

難点は気軽に購入できないこと
子宮口は個人によるサイズ差が大きいため、産婦人科などに受診して計測してもらい、その上で自分に合ったサイズのものを受診先で購入することになる。
またコンドームよりも圧倒的に高価(3,000~8000円)な上に、装着の手間や着脱のタイミングも難しいとあって費用対効果が悪く、さほど普及しないまま他の手段に取って代わられた。

薬物

ピル
女性が飲むホルモン剤。排卵を停止させることで避妊する。
生理現象をコントロールするという性質から、月経の症状が重い場合などにも用いられることがある。

日本では産婦人科で処方してもらうが、生理に直接作用する関係上、体質に合うものがなかなか見つからない人もいる。そもそもこれに否定的な産婦人科医も一定数いたりするため、場合によっては医者から選ばなければいけないこともある。

殺精子剤
名前の通り、精子す。錠剤のものやゼリー状のものなどがあるが、いずれも女性が膣内で溶かして用いる。日本では「マイルーラ」の商品名が付いたフィルム状のものが有名。

しかし、子宮口周辺にまんべんなく付着させないと効果を発揮せず、皮膚トラブルなどの症状報告も多かったため、現在ではその多くが販売中止されている。
なお、それらに代わる男性があらかじめ体内で殺しておくタイプの避妊法が開発途上にあるという。

ペットの避妊

動物病院での費用、1匹約10000円ちょっと。
獣医の開腹手術による卵巣の摘出、睾丸の切除など。
避妊手術を行うと、発情期に騒がなくなるため、基本的には静かに大人しくなる。
あとは行動半径が縮小するとも言われるが、これは大きな個体差があるため、手術後は注意深く観察しよう。

多頭飼いなら施錠は最低でもチャイルドロック
しかしこれも成猫なら結構開けてしまうため、使わない窓は金属用接着剤接着してしまうことを勧めたい。台所お風呂場の閉め忘れなどはよくある。
レバー開閉の窓なら、ダンベル挟むなども有効である。

避妊の手段として不十分なもの

膣外射精
通称「外出し」。射精の直前にペニスから引き抜いて、膣の外に射精すること。
しかし、精液でなくてもペニスから出るカウパー腺液(いわゆる我慢汁)の中にも精子は存在する上に、男性側に射精の感覚が無くとも、実際は精液の発射が開始している場合が多いため、避妊としての効果はほとんど期待できない。

悪意の有無にかかわらず、これを求める男は強姦魔であるということを覚えておいてほしい。

オギノ式
月経周期から排卵日(俗に言う「危険日」)を予測し、その日を外して性行為を行うというもの。
本来は妊娠の確率を高めるための学説・手法であり、完全に誤用である。
実際、排卵日以外に性行為を行っても妊娠することがあるため、失敗例が後を絶たない。

提唱者の荻野久作氏にとっては風評被害もいい所である。

膣洗浄
性行為の後に膣内を洗い流す方法。まず洗い流しきれないのであてにならない。
コーラで洗浄すると妊娠しない」などという謎のデマが流れた事もあったが、常識的に考えて殺精子効果のある食物が嗜好品になるわけがない。


関連タグ

人間  
性行為 性交 妊娠 出産 中絶
避妊具 妊娠検査薬 性行為感染症 性教育
バースコントロール リプロダクティブ・ヘルス 家族計画

pixivに投稿された作品 pixivで「避妊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 398678

コメント