ピクシブ百科事典

ゼリー

ぜりー

ゼリーとは、半固体状の物質をさす言葉である。この記事では、主に果汁などを固めたゼリー菓子について解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 洋菓子の一種 ⇒ 本項で解説
  2. ゲーム『steins;gate』に出てくる現象。 ⇒ ゼリーマンズレポート
  3. ゲーム『アイドルファンタジー』の登場キャラクター。 ⇒ ゼリー(アイファン)



概要

果汁などをゼラチンで半固形状に固めた洋菓子冷たくして食べるとおいしい。見た目にもキラキラと輝いて涼しげであるため、暑い季節になると洋菓子店のショーケースにはゼリー菓子が目立つようになる。

フルーツ味やコーヒー味のものが人気だが、野菜味や洋酒味などいろいろなものが出回っている。
牛乳生クリームを使うとブラマンジェになる。また、レアチーズケーキパイビスケットでできた台にチーズクリームを流し込み、ゼラチンで固めた菓子である。
卵の凝固作用に頼らず、カスタードクリームをゼラチンで固めたプリンは、正確にはカスタードゼリーとなる。
西洋料理のコースでは、夏場など前菜のスープ代わりに、コンソメゼリーが提供されることがある。

ジャムもゼリーの一種とみなすことができる。この場合は果物に糖分を加えて煮詰めることで、果物自身に含まれるペクチンにより半固形状となる。固まりにくい場合はペクチンを添加する。

寒天アガーなど、海草を原料とする固化剤で作られたものも、「寒天ゼリー」「アガーゼリー」と呼ばれることがある。

山梨県の老舗菓子店「金精軒」の登録商標「水信玄餅」は、地元の天然水に、丸い形を保てるぎりぎりの量だけ、寒天を加えて固めた菓子である。「餅」と名は付いているが、製法から言えば寒天ゼリーになる。

春。


ちなみに、日本で大ヒットした様子を見て儲けになると踏んだのか、アメリカではさっそく「raindrops(雨粒)cake」という名称でパクら…コピー品が売り出されたが、縹渺とした味わいはアメリカ文化には馴染まなかったようである。

ゼラチンの特徴

  • ゼラチンには独特の匂いがあるが、海草系の固化剤に比べて食感がやわらかく、滑らかである。また透明度が高く、仕上がりが美しい。匂いが気になる場合はワインやカンパリなど、フルーツに合う洋酒を加えると良い。
  • ゼラチンはタンパク質であるため、タンパク質分解酵素を含むフルーツを使用すると固まらない。パイナップルパパイヤなど南方系のフルーツやには、この酵素が多く含まれている。家庭でこれらのフルーツを使ってゼリー菓子を作る場合は、缶詰のものを使うのが手っ取り早い(缶詰の中身は加熱されているため)。


ゼリー菓子の作り方

1. ゼラチンに水を加えて湿らす。
2. 固めたいフルーツジュースや水などの水分を温める。
3. 砂糖インスタントコーヒーなどの水に溶ける材料を入れるときはこの段階で加える。
4. 温まったところへゼラチンを入れてよく混ぜながら溶かす。このとき沸騰させてはいけない。
5. カットフルーツなどの水に溶けない固形分を入れるときはこの段階で加える。
6. 容器に移し、荒熱を取ったら冷蔵庫などで冷やす。
7. 固まったら出来上がり。


その他のゼリー食品

飲むゼリー

各種栄養成分を添加した、食事代わりの飲むゼリーが各社から発売されている。たいていアルミパックに入っている。

医療用ゼリー

・飲み込む力が弱まった高齢者が水分を摂りやすいよう、緑茶などをやわらかく固めたゼリーが市販されている。
・子供に薬を飲ませるのに、ゼリーに錠剤を包んで飲み込みやすくする製品が販売されている。オブラートに近い。
・体内を超音波スキャンするときプローブに塗るぬるぬるしたものを「ゼリー」という。


余談:ゼリーフライ

埼玉県行田市名物「ゼリーフライ」は、おからでできたコロッケのこと。ゼリーを揚げたものではない。またややこしいことに、行田で「フライ」というと、薄焼きのお好み焼きのような「おやき」の一種を指す。
名称の由来は、コロッケの形が小判に似ていることから、「銭フライ」としたものがなまってゼリーフライとなった、とする説が一般的。


関連イラスト

ゼリー

ぶどうゼリー
フルーツゼリー


オリジナル

いただきます
c88 新刊


版権

イ・カ・ゼ・リ・ー
ユニランゼリー


星くずゼリー
葱ゼリー




関連タグ

お菓子 / 洋菓子 車厘
料理 洋食 食べ物 / 飲み物
コーヒーゼリー ふるふるゼリー フルーチェ パンナコッタ ババロア 寒天 水羊羹 煮こごり プリン
おやつ デザート スイーツ

スクラッシュゼリー


外部リンク

関連記事

親記事

洋菓子 ようがし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1939887

コメント