2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本においては多くの食品メーカーから販売されており食料品店で簡単に入手可能だが、材料は入手しやすいもののみなので一般家庭でも手軽に作れる。熱湯などに溶かすことでより容易に作ることができる粉末も販売されている。

そのまま食べる事も出来るが、コーヒー用のミルク牛乳をかけて食べても美味しい。また、生クリームを乗せてパフェ風にアレンジされる事もある。

コーヒーゼリー 水彩食べ物イラスト
うさぎとコーヒーゼリー
コーヒーゼリー
コーヒーゼリー


海外において

発祥は19世紀のイギリスとされるが、アメリカの一部以外で広まることはなかった。
日本では20世紀初頭のカフェ文化と共に広まり、様々な形で定番のデザートだが、国外ではあまり知られていない。どれくらい知られていないかと言うと、天下の Wikipediaでは英語版を始めとする各言語版で、日本のコーヒーゼリーと寒天を混同しているくらいである。この記述には英文と思しき参考文献も付けられているため、同様の誤解が英語圏に広がっているものと推測できる(参考)

ゼリー類のゼラチンは動物質由来で常温で溶ける性質を持ち、一方で寒天海藻由来で常温では溶けず、食感も大きく異なる。化学的組成も違う。

関連項目

ゼリー コーヒー 食べ物
斉木楠雄楠雄ホイホイスイーツ全般が好きだが特に好んでおり、美味しいコーヒーゼリーを供する純喫茶魔美やゼリーメーカーの通販など、関連するエピソードも多い。

しあわせ

関連記事

親記事

ゼリー ぜりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1032646

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました