ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

パイ

ぱい

日本語では同音異義語となるものが多いが、ここでは食品の「パイ」について詳述する(メインイラストは代表的なパイ料理、アップルパイ)。
目次 [非表示]

曖昧さ回避(同音異義語

  1. 欧米の料理のひとつ。本項で解説。
  2. 円周率のこと。円周率を表すギリシア文字「π」から来ている。
  3. マンガ『3×3EYES』のメインヒロインで、三つ目の妖怪三只眼またはパイ(3×3EYES)
  4. .hack』シリーズの登場人物。→パイ(.hack//G.U.)
  5. 麻雀で用いる小さな。→麻雀牌
  6. グルメマンガ『中華一番!』の登場人物。→パイ(中華一番!)
  7. 格闘ゲーム『バーチャファイター』の登場人物。→パイ・チェン

🥧概要

一般的なイメージとして「パイ」というと、バターを織り込んで何層にも重ねた「折りパイ」が連想されるが、そのほかに小麦粉バターを練り合わせて作った「練りパイ」がある。「練りパイ」で作られる料理には、タルトキッシュクラフティなどがある。


パイ料理とは、こうしたパイ生地に具材を包んで焼き上げたものを指すが、調理済みの具材を焼いたパイ生地の上に乗せたものや、砕いたビスケットクラッカーをバターで練って生地とし、その上にクリームなどを乗せたものもパイ(アメリカン・パイ)と呼ばれる。


日本ではアップルパイチェリーパイなどのデザートパイのほか、ミートパイも有名でよく食べられている。


また、パイには保温や香りを閉じ込める効果がある。そのため、後述の通り実用として使われていた歴史がある。そのため様々な料理に使われている。日本で知られるものでは「パイ包みスープ」が代表的。


歴史

起源は古代ローマ・ギリシャ時代のエジプトで食べられていた揚げ菓子「ウテン・ト」、中近東の料理「バクラバ」とされる。調理技術が未熟だった時代、肉や果物を直火ではなく小麦粉の生地で包んでから焼くことで、旨味を逃がさないようにしたり、焼きすぎを防ぐなどしていた。

14世紀になると、フランスで「フイユタージュ」、パイ生地が登場、様々な食材をパイで包んで焼いた「パイ料理」が登場。

一方、イギリスではオーブン用の器代わりとして使われていた。ゆえに出来上がるとパイは捨てられていたという。

16世紀になると、オーブンの技術が発達すると、そうした役割は必要なくなり、パイそのものをメインとした料理が発展。ルネサンス時代にアラブから菓子パンが伝わったイタリアでは小さく甘いパイが発達し、ヨーロッパ中に広まった。


種類


余談

「パイ」と呼ばれる菓子に「チョコパイ」がある。しかし、どうみても上記の条件には当てはまらない。

これはアメリカでは「パイ」とは丸いケーキの意味があり、チョコパイはこの範疇としての「パイ」である。


関連タグ

パイ投げ パイの日 パイの実 チョコパイ


おいパイ食わねぇか(水曜どうでしょう)

カボチャとニシンのパイが嫌いな少女/あたしこのパイ嫌いなのよね(魔女の宅急便)

関連記事

親記事

西洋料理 せいようりょうり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2933183

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました