ピクシブ百科事典

パパイヤ

ぱぱいや

被子植物門双子葉植物綱スミレ目パパイヤ科に属する常緑小高木。またはその実生。

漢字表記は「蕃瓜樹」。別名を「チチウリノキ(乳瓜木)」とも言う。
原産地はメキシコ南部。多くの熱帯の国々で栽培されており、日本でも沖縄などで人家の庭に自生している。
まっすぐに伸びた茎の先に長い葉柄を持つ大きな葉が集中しており、葉はやや掌状に大きく切れ込みが入り、質は薄くて柔らかい。花は茎の先端近く、葉の下側に出る。
通常は雌雄異株で、雄花は長い花序になって垂れ下がる。花は黄緑色で目立たない。
果実は食用にされ、生果や乾燥させた果実は一般に流通している。熟していない青い果実は野菜としても利用される。日本では東南アジアからの輸入物が多い。

樹高10 m以上にも達する(近年は栽培しやすい矮性種も開発されている)上、多年生で成長に従い茎が太くなる為小高木(樹木)と見做される事が多いが、茎は非常に柔らかく幹部は木質化していない。その為実生の重みで折れたり、強風で容易に根こそぎになってしまう。そればかりか、倒れたものが枯れると直ぐに腐って軟化する為、一部では木ではなく草として捉えられる場合もある。

朝ごはんの後


またパパイヤの種にはワサビと同じ成分が入っており、辛いそうだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「パパイヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6048

コメント