ピクシブ百科事典

ドーベン・ウルフ

どーべんうるふ

ドーベン・ウルフとは、TVアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場するモビルスーツである。同軍が開発したゲーマルクと共に、第四世代モビルスーツを代表する機体とされる。
目次[非表示]

機体データ

型式番号AMX-014
頭頂高22.0m
全備重量74.5t
出力5250kW
スラスター総推力87300kg(背部中央21700kg×1、背部バインダー部32800kg×2)


概要

ネオ・ジオン軍の重攻撃量産型モビルスーツ。同軍の次期主力機として開発された機体の1つで、地球連邦軍のNT研究員ローレン・ナカモト博士がアクシズに亡命した際に持ち込んだ試作MS、『ガンダムMk-Ⅴ』をベースに開発された機体である。

機体解説

(準)サイコミュ及びジェネレーター直結式のメガ粒子砲を搭載した、第四世代MSの代表機体と評される。ガンダムMk-Ⅴをベースに、地球連邦軍の関連組織(ティターンズ)から鹵獲したサイコガンダムMk-Ⅱを参考に各種武装を配置し、連邦側の技術を流用することによってハンマ・ハンマの時点で未完成だった準サイコミュ兵器の搭載に成功した。単機で対艦・対MS・オールレンジ攻撃をこなし、戦略兵器級の固定火器を内蔵するという原型機を遥かに凌ぐ攻撃性能を手にいれている。
機体の汎用性を武装の豊富さで際立たせるといった面はザク系統の機体にも通ずるが、本機の場合はそれらのほとんどが専用/固定装備となっている(一説によると本機の開発にもローレン博士が参加しており、彼独自の思想が本機の武装の豊富さに繋がったとも言われている)。
またバックパックに大型の高出力スラスターや脚部のラウンドスラスターの他、機体全体に当時の標準設置数を大きく超える17基のサブスラスターを搭載し、22メートル級の大型MSながら機動性も非常に高い水準にある。

しかし、本機の突出したスペック及び多彩な兵装群は、操縦するパイロットに大きな負担をかけるものなっている。一般人によるサイコミュ使用を可能にしたとはいえ、一部の熟練パイロットにしか機体性能を引き出すことができず、乗り手を選ぶ点に変わりはない。また胸部メガ粒子砲の直上にコクピットが配置されており、パイロットの安全性にも問題を残している。
それでも人的資源に乏しいネオ・ジオン軍にとって単機の性能を追求した本機の設計思想は魅力的なものであった。本機は同時期に完成したザクⅢを火力・推力の両面で上回っていたとされ、コンペの結果これを下し制式採用されている。

活躍

本機はグレミー・トトら反ハマーン派によって行われ、ラカン・ダカラン大尉率いる「スペースウルフチーム」に配備された6機がハマーン・カーン配下のマシュマー・セロらと激闘を繰り広げた。
第一次ネオ・ジオン抗争後、アクシズ内に残されていた残存機は連邦軍に回収されシルヴァ・バレトに改装され各種データ取得用のテストベッドとして活用された他、ネオ・ジオン残党である「袖付き」に於いては1機が運用されている。

武装

先述の通り、量産機としては破格な程武装が多彩であり、劇中でも全ての使用が確認されているわけではない。

ビームライフル

バズーカランチャーに近いサイズであり、出力12.5MWと、単装式の携行火器としては最高クラスの火力を有する。本体メガ粒子砲に接続し、砲身を加速器として使用することでメガランチャー(後述)として機能する。

胸部連装メガ粒子砲

出力5.3MW。サイコガンダムMk-Ⅱを参考にした、メインジェネレーター直結型のメガ粒子砲。これのみでも高い火力を有するが、砲口にビームライフルを接続することでさらなる高火力化が可能である。ただし、発射機構がコクピットの直下であり、安全面に課題を残している。

メガ・ランチャー

ライフルの後端を胸部メガ粒子砲の砲口に接続することによって使用可能となる大出力メガ粒子砲。その出力は40.2MWに達しており、マゼラン級戦艦を一撃で撃沈できるとされている。出力は任意で調整できるらしく、劇中で使用された時は出力を抑え連射を行った。

ビームキャノン

背部のバインダーに内蔵された副砲。出力4.2MW。
副兵装ながら一般的なMSのビームライフル以上の威力を持ち、可動性の高いバインダーにより射角も広い。

マイクロミサイルランチャー/対艦ミサイル

背部バインダーに対MS用のマイクロミサイルランチャーを搭載。左右で12×2の最大24基。
また、オプションで対艦用の大型ミサイルを外付けで装備することができる。

インコム

ベース機となったガンダムMk-Ⅴから受け継がれた武装。
バックパックに内蔵された有線式の遠隔操作可能なビーム砲。
後述のビームハンドと合わせて、オールドタイプであっても限定的ながらオールレンジ攻撃が可能。


有線(無線)式ビームハンド/隠し腕

本機の前腕部はジオングのように射出し遠隔操作することができる。
掌部にはビームガン(出力2.3MW)が内蔵されており、これを用いた牽制射撃が可能なほか、敵を捉えて電流を流す事も可能。また、ビーム・サーベルを持ったまま射出する事も可能となっており、変則的なリーチでの斬撃も行う事ができるなど運用の幅は広い。
操作方式は有線式とレーザー通信による無線式があり、指揮官機に後者が採用される。
無線式の場合、射出したあとの腕にも隠し腕が仕込まれており、マニュピレータ喪失によるデメリットを軽減する事が可能。

ビームサーベル

大腿部に左右合わせて二基搭載された近接戦闘用装備。
マウントしたまま後方攻撃用のビーム砲としても運用可能。
重火力を誇る本機だが、高い運動性ゆえに格闘戦能力も高く、前述の有線式ハンドや隠し腕、迎撃など利用価値は高い。

その他内蔵武装

頭部30mmバルカン×2、胸部グレネードランチャー/スモークディスチャージャー
などを有する。

バリエーション

ガンダムMk-V

原型機。詳しくはガンダムMk-Ⅴの項目を参照。

リーベン・ヴォルフ

改修機。詳しくはリーベン・ヴォルフの項目を参照。

シルヴァ・バレト

改修機。詳しくはシルヴァ・バレトの項目を参照

ドーベン・ウルフ(袖付き仕様)

第二次ネオ・ジオン抗争後、ネオ・ジオン残党「袖付き」に流れたドーベン・ウルフの1機。主に資源衛星「パラオ」の防衛の為に運用された。
基本性能は機体色はグレーを基調とした物に改められ、「袖付き」の所属を示すエングレービングが腕部や胸部に施されている。
主なパイロットはザミュ・サミュ大尉。ただしザミュ大尉は複雑な操作系を嫌い、シンプルな構成を持つドライセンを愛用した為、搭乗回数は少ない。
後に、下記のワークラッハ少尉の搭乗機となる

ドーベン・ウルフ(ワークラッハ・バナム専用機)

ザミュ大尉がドライセンに乗り換えた事からモスボール保存されていたドーベン・ウルフをブランダムール隊所属のワークラッハ少尉の乗機として再登録したもの。
ジェトロの後任の担当機付き長であったヘンプティ・ラス曹長の趣味により、赤と青を基調とした派手なカラーリングに変更され、ハンマ・ハンマのシールドとクィン・マンサのビーム・サーベルを装備されている。
特に高出力のクィン・マンサ用ビーム・サーベルを増設した事により、接近戦では出力分配に気を配る必要がある為、パイロットは「行儀の良い」人間が適任とされている。

ガンプラ

本放送時に1/144スケールで発売された旧キットのものと、『ガンダムUC』展開時にHGUCで袖付き仕様が発売。後にHGUCのZZ仕様のものが発売されている。

余談

ジオンの後継たるネオ・ジオンの開発した量産機ではあるが、先述の通り連邦のガンダムタイプの機体をベースとし、ザクの後継機を掲げる機体を下して主力機として制式採用されるなど、同組織の中において特異な立ち位置にある機体であると言える。

ドーベン・ウルフの初期設定名は「G-V」となっており、サイコガンダムの直系のMSであるため、ガンダムタイプの機体としてデザインされていたことがうかがえる。だが、本機は量産機という位置づけであり、「ガンダム乱立」を防ぐという意味で、ガンダムの面影の薄い頭部にデザインし直すこととなる。この過程で没案になった頭部デザインはクィン・マンサのものとして差し替えられた。
この初期稿をブラッシュアップしたものが「ガンダムMk-V」である。
なお、グレミー軍のMSはほぼ全てが灰色にリペイントされたのだが、ラカンはオリジナルカラーリングを個人的に気に入っていたのか本機に関してはグレミーに直訴したほど強硬に反対しており、結果として本機はリペイントを免れた。ちなみに、この一幕は『当時のサンライズが割と深刻なセル画用塗料不足に陥っていた』という洒落にならない裏事情の産物であり、監督が指定した緑系統のモノトーンに近い配色もそれが原因。

関連イラスト

ドーベンウルフ
ドーベンウルフ



関連項目

機動戦士ガンダムΖΖ ネオ・ジオン
ラカン・ダカラン

機動戦士ガンダムUC

プロトタイプ

サイコガンダム サイコガンダムMk-Ⅱ ガンダムMk-Ⅴ

機能整理機

シルヴァ・バレト

表記揺れ

ドーベンウルフ

関連記事

親記事

ネオ・ジオン ねおじおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーベン・ウルフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109334

コメント