ピクシブ百科事典

ザクⅢ

ざくすりー

ザクⅢとは、テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号AMX-011
所属ネオ・ジオンなど
開発ネオ・ジオン
生産形態少数生産機
全高23.9m
頭頂高21.0m
本体重量44.2t
全備重量68.3t
出力2,150kW
推力172,600kg
センサー有効半径9,700m
装甲材質ガンダリウム・コンポジット
固定武装顎部メガ粒子砲、腰部ビーム・キャノン×2、ビーム・サーベル×2
携行武装ビーム・ライフル


概要

型式番号AMX-011ネオ・ジオン軍の汎用攻撃型重モビルスーツMS)。
ジオン系モビルスーツの始祖たる傑作機『ザクⅡ』の後継機の1つで、アクシズへと逃亡したジオン系技術者がハイザックをザクⅡの正当な後継機とは認めず、本機の開発へと踏み切ったという逸話を持つ。

汎用性の面ではザクを標榜するだけのものがあり、各部のラッチを介してバックパックや腰部スカート、頭部などを多種多様なオプションに換装することにより、任務に応じた機能特化が可能。ザクⅢ改もこの機能による装備換装仕様である。
同時期に開発されたドーベン・ウルフが固定兵装の強化と準サイコミュの採用等、野心的な設計なのに対し、本機は原型機の汎用性を時代に合わせて昇華させているのが特徴である。
また、推進系統が大幅に強化されており、その出力はシロッコ専用機として開発されたあの『ジ・O』をも上回り、第四世代モビルスーツに匹敵するスペックを持つ。このため、名前こそザクを名乗るが、機体特性はむしろ初代ザクと主力機の座を争ったかのゴーストファイターに近い。

アクシズの技術者達が威信をかけてまで開発しただけの性能はあったのだが、先述の通り試作機の完成がドーベン・ウルフと同時期であり、本機は汎用性に優れるものの、火力及び推力において劣っていたとされる。このため人材資源の乏しさから単機の性能を重視せざるをえなかったネオ・ジオンは、次期主力機のコンペで本機を敗北としている(皮肉にも、ドーベン・ウルフはガンダムタイプをベースとした機体であった)。
しかしながら既に第一次ネオ・ジオン抗争末期であったため、実質同数以上が生産されて戦線に投入されており、ラカン・ダカランが灰色に塗装された機体をダブリンで使用している他、一部の機体が第二次ネオ・ジオン抗争後にネオ・ジオン残党袖付きにて運用されている。

なお、第二次ネオ・ジオン抗争ではアクシズの工廠を失った新世ネオ・ジオンがアナハイム・エレクトロニクスにマラサイを元としたギラ・ドーガを発注・使用しているため、ザクの名を冠する機体の系統はオールズモビル戦役でのRFザクが登場するまで途絶える事になる。

武装

設定上、オプション装備は多く開発されていたようだが、シリーズを通して本機が登場する作品が少ない事もあり、どのような装備があったのか全容はわかっていない。

腰部ビーム・キャノン

フロントアーマー下部に内装されたビーム砲。砲身はビーム・サーベルの柄を兼ねている。
発射時は上方に引き起こされ、展開したグリップによって安定した射撃が可能となる。
劇中ではメインの射撃武装として活躍した。

ビーム・サーベル

格闘用ビーム兵装。
ビーム・キャノンの砲身を兼ねており、使用時はフロントアーマーからポップアップする。
また、右肩部シールドにも一般的な形状のサーベルを2本装備している(シールドにはサーベルの他、クラッカー等を収納出来た)。
劇中ではこちらを使用し、キャノン兼用サーベルは未使用。

顎部メガ粒子砲

ザク系MS特有の顎部インテークに設置されたビーム砲。出力はあまり高くないため、主に近接戦時の奇襲用に役立つと思われる。

ビーム・ライフル

携行型ビーム・ライフル。
当初は専用のものを装備する予定だったが、開発が遅れたためR・ジャジャが使用していた銃剣付きのものを代用した。
劇中では腰部ビーム・キャノンがメインの射撃武装となり、携行自体していない。


関連イラスト

おちょぼ口粒子砲なんざ、ついてねぇ!



バリエーション

ザクⅢ改

型式番号AMX-011S
アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場。
ザクⅢの改修機の内の一つ。
詳細はザクⅢ改を参照。

ザクⅢ後期型

型式番号AMX-011C
漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に登場。
ザクⅢの発展機の内の一つ。
詳細はザクⅢ後期型を参照。

ザクⅢR型

型式番号不明。
雑誌・Web企画『A.O.Z Re-Boot』に文字設定のみ登場。
ザクⅢの改修機の内の一つ。
宇宙世紀0090年台における火星独立ジオン軍(ジオンマーズ)の主力機。アクシズから入手した設計データをベースに火星プラントで開発した機体である。
実戦経験のない新兵へのジオン兵としての意識の植え付けと士気高揚を狙って、ザクⅡに近い機体シルエットに纏められている。
一方、ジオンマーズと対立するレジオンはティターンズから接収したハイザックを主力機としており、両組織が軍事的・思想的背景に対照的となっている事を暗に物語っている。

ザクⅢR-G型

ザクⅢ(火星独立ジオン軍)


型式番号AMX-011RG / AMX-011G
『A.O.Z Re-Boot』に登場。
ジオンマーズが運用するザクⅢR型の陸戦仕様。
火星重力下での運用を想定して空間戦闘用の装備が排除されているとともに、機体背面にはドムⅢと同型のホバー推進ユニットを装着している。

ザクⅢ強行偵察型

型式番号AMX-011EW
『A.O.Z Re-Boot』に登場。
アクシズとジオンマーズが共同開発したザクⅢの偵察仕様。
詳細はザクⅢ強行偵察型を参照。

ザクⅢG型

型式番号AMX-011G
雑誌企画『ZAKU MEETS!』に登場。
宇宙空間における航続距離延長を目的とした仕様。
スカートに多数のスラスターとプロペラントタンクを内蔵したエキシテンション・ブースターが装着されるとともに、バックパックもロング・スタビレーターとプロペラントタンク4基を備えたものへ換装された。
戦闘時にはブースターとバックパックは切り離されるが、ブースターはコストが高いこともあって戦闘後に再回収される。
ダブリンへのコロニー落としの際に、ラカン・ダカラン隊が運用したことが知られている。

ザクⅢF型

型式番号AMX-011F
『ZAKU MEETS!』に文字設定のみ登場。
ザクⅢのバックパックをリゲルグと同型のものに換装した仕様。

ザクⅢ(シン=マツナガ大尉機)

型式番号AMX-011R-1A
『ZAKU MEETS!』に登場。
ネオ・ジオンに参加したシン・マツナガの乗機とされるワンメイクの改良機。機体塗装は彼のパーソナルカラーである白で纏められている。
機体面ではバックパックが独自のものに換装され、肩部のシールドとスパイクアーマーがザクⅡのものに近い形に改められている他、頭部形状も変更されている。
マツナガはこの機体でエゥーゴのアイリッシュ級とサラミス改級を撃沈している。

ザクⅢ“マラサイⅡ”

型式番号AMX-108
『ZAKU MEETS!』に登場。
ザクⅢを元にマラサイの要素を取り入れて開発された機体。連邦およびアナハイム系の技術を習得することが開発目的とされる。
頭部やスカート、肩部のシールドやスパイクアーマーがマラサイに近い形に改装されている。
また、マラサイとは無関係な点として、スカート内のメガ粒子砲の内蔵方式が回転式へと改良されている他、ザクⅢ用のオプションとして準備されていた中距離航行用ランドセルを背負っている。

スザク

型式番号不明。
漫画『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』に登場。
ネオ・ジオン総帥となったシャア・アズナブルサザビー以前に搭乗した機体の一つ。ザクⅢの系列機であり、「S・ザク・ザクⅢ 改・改」とも呼ばれる。
新たに携行武装として2連装のビーム・ライフルやヒート・ホークが装備された他、頭部もマラサイに近い形のものへと換装されている。
発掘された「巨神」を用いて反逆を企てたヒトーリンを討つべく木星圏を訪れたシャアが乗機としており、アムロ・レイが駆るメガゼータとともに復活した「巨神」と交戦している。

ザクⅣ

型式番号不明。
漫画『機動戦士MOONガンダム』に登場。
第一次ネオ・ジオン抗争後に開発された非正式なザクⅢのバリエーション機。
ザクⅢの上位機種とされ、リュース・クランゲル少佐率いるネオ・ジオン過激派(ザビ派)で運用された。
各部パーツのオプション化というザクⅢのコンセプトをさらに推し進め、腰部後方に装着されるテールオプションを換装するだけで様々な局地戦に対応できるようになっている。また、ザクⅢの重装甲や高出力もそのまま継承している。
なお、雑誌企画『INNER GUNDAM SPACE OF AGETA』に登場するネオザクも別名「ザクⅣ」と呼ばれるが、本機とは無関係。こちらは第二次ネオ・ジオン抗争と同時期に活動した木星圏のジオン軍残党組織「ゲルジオン」の主力機とされる。

指揮官用ザクⅣ(イリア・パゾム機)

型式番号AMX-116S
『機動戦士MOONガンダム』に登場。
ザビ派ネオ・ジオンに属するイリア・パゾム大尉の専用機として調整されたザクⅣ。
通常の指揮官機仕様の装備に加え、テールオプションとして空間高機動用スカートユニット「プリンセス」を装着し、さらにクラスターミサイルを搭載したファンネルをプリンセス内に6基格納している。
その他にも大型ヒート・ホークなどの各種武装を有している。

ザクⅢ(袖付き仕様)

型式番号AMX-011
アニメ『機動戦士ガンダムUC』に登場。
第二次ネオ・ジオン抗争後、ネオ・ジオン残党「袖付き」に降った機体。
機体カラー自体は白を主体としたカラーリングのままであるが、腕部にはその所属を示す「袖」が巻かれている。
機体は独自の改修も施されており、フロントアーマーはサブアームユニットに、左肩のショルダーアーマーはハイド・ポンプ投下機に換装されている他、ギラ・ドーガ用ビーム・マシンガンも携行する。

ガンプラ

通常版のザクⅢが1/144スケールの『ZZ』放送当時の旧キット及びHGUCザクⅢ改のリデコとして発売されている。
初期BB戦士ではドダイ改のセットが発売(後にザクⅢ改がリデコで発売)。元祖SDガンダムでも発売されている等、商品化には恵まれている。
なお、放送当時のCMではザクⅢが量産機のごとく登場している。

関連項目

機動戦士ガンダムZZ
ザクⅡ ザクⅡ改 ハイザック
ドーベン・ウルフ ギラ・ドーガ
ラカン・ダカラン
新殺駆 張郃ザクIII

関連記事

親記事

ザク ざく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザクⅢ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60445

コメント