2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ハマーン・カーン

はまーんかーん

ハマーン・カーン(Haman Karn U.C.0067年1月10日~U.C.0089年1月17日)とは、宇宙世紀を舞台にしたガンダムシリーズ作品の登場人物。
目次[非表示]

CV:榊原良子

死にに来たか!俗物ッ!!

概要

アクシズ及びネオ・ジオンの実質的指導者。
初登場は『機動戦士Ζガンダム』第32話。続編『機動戦士ガンダムΖΖ』では最後の敵としてジュドー・アーシタと壮絶な一騎討ちを繰り広げた。前日談にあたる『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』第9話にも登場する。

漫画『機動戦士ガンダム C.D.A.若き彗星の肖像』において14歳頃のハマーンが主要キャラとして登場し、『Ζ』に至るまでの過程が描かれた。『C.D.A.』での髪型はツインテール(長髪)だが、後にアニメ本編の長さまで断髪している。
『C.D.A.』の設定やデザインを反映した書籍作品としてはパロディ漫画『アクシズのハマーンさん』、一年戦争期の『機動戦士ガンダムMSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ』、グリプス戦役を新解釈で描く『機動戦士Ζガンダム Define』等がある。

名前の由来は、アメリカの物理学者・未来学者であるハーマン・カーンのアナグラム。放映当時のインタビュー記事などで富野由悠季氏はハマーンのことをハーマン、ハマ―とも呼んでいた。

人物

宇宙世紀0067年1月10日、ジオン公国高官、マハラジャ・カーンの次女として生まれた。姉のマレーネドズル・ザビ中将の妾であるが、一年戦争前に死亡。またセラーナという妹がいる。

ニュータイプの素質を見出され、ジオン公国のニュータイプ研究機関で育成されるが、自分の体を他人に調べられる事が苦痛となっていき、その研究を拒絶するようになる。
アステロイド・ベルトの小惑星基地アクシズに行き、ジオン公国の英雄でありニュータイプとされるシャア・アズナブルの存在を知り興味を持つと、再び研究に協力するようになる。

宇宙世紀0083年8月9日、父マハラジャ・カーン死去。
8月11日、当時恋人関係だったシャアの推挙でミネバ・ラオ・ザビの摂政になり、アクシズを率いる。
ザビ家再興という目的を掲げてジオン公国残党をまとめ、国力を蓄える。
宇宙世紀0086年2月6日、アクシズを地球圏に向けて発進させる。

絶大なカリスマ性をもち、一勢力を率いるに足る指導力をもつ女傑。
非常に高いニュータイプ能力と、卓越したモビルスーツの操縦技術をもち、搭乗するキュベレイの性能と相まって一騎当千の戦闘能力を誇る。彼女もその力に絶対の自信を持っており、宇宙空間でもノーマルスーツを着用せずに出撃している。

苛烈なれど誇り高い戦士であり、ジュドーとの最終決戦には手加減されぬよう自身もノーマルスーツを着用し、切り札のファンネルを封印してビームサーベルのみで戦い、互角の勝負を演じた。

性格

一言で言い表すならば「鉄の女」である。元々はそこまで冷酷果断な人間ではなかったが、強大なニュータイプ故の孤独とザビ家に対する複雑な感情、そしてシャアへの愛憎入り交じった思いが彼女を一種の怪物に変貌させたと言っていいだろう。
立場としては悪役だが、その堂々たる立ち振る舞いからはカリスマが滲み出ており、希代の女傑としてガンダムファンの網膜に焼き付いた。
目的のためには手段を選ばない悪人ではあるが、どこか母性を捨てきれないところもあった。複雑な感情を抱きつつもミネバを守り、ジュドーに対しても最後まで真摯に接するなど、悪女なれども人間性を捨て去ることは出来なかったようである。

人間関係

シャア・アズナブル

『機動戦士Ζガンダム』では、シャアとの確執が多く見られる。
ハマーンの、ザビ家の遺児ミネバ・ラオ・ザビを政治の道具として利用するという方法と歪んだ育成方針は、シャアには許容できかねるものであり、「ジオンの亡霊」と毒づいている。
シャアに対し傲慢な態度をとり続け、最終話では、自らの元に戻るよう迫る。
元恋人として、親しい人間として、そしてニュータイプとして、シャアに対して複雑な感情を抱いていたようだ。
しかしシャアはハマーンの元には戻らなかった。別の世界ではゴールインしているが)

ミネバ・ラオ・ザビ

前述のようにシャアとの対立原因となったのがミネバの教育方針である。
ミネバはハマーンに対して養育と保護に対する感謝は表しているものの、どこか顔色を窺っている様子が見られる。
ハマーンの前では笑顔を見せることが無かったのか、民間人と遊ぶミネバの笑顔を見たハマーンは驚いている。
一説ではハマーンの初恋の人はドズルとも言われ、それならばミネバに主君として以上の愛情を内心に抱き、大切に思っていたのかも知れない。

カミーユ・ビダン

同じニュータイプとして、最も理解し合えたかもしれない存在である。メールシュトローム作戦中にMSでカミーユと対峙した際、互いに深層意識に眠る記憶を感知するほど精神が共鳴する。
しかし、ハマーンはその心中を知られた事に怒りを覚えている。

ジュドー・アーシタ

ジュドーにシャアと同じ気配を感じたことで興味を持ち、仲間になるよう再三誘いを掛ける。
また、自分とジュドーが同じ人種だと語りかける場面も何度も登場し、ジュドーの仲間達がジュドーとハマーンが引き合っていることを指摘する場面もある。
しかし、ジュドーがハマーンを受け入れる事はなかった。
MSによる決戦でジュドーとの死闘に敗れるが、散り際にジュドーという「強い子」に会えて地球圏へ帰ってきて良かった、との想いを言葉で遺す。

パプテマス・シロッコ

犬猿の仲……と言うべきなのか、とにかく対立意識が強い。
時々シロッコにまんまと騙されたりする。

劇中での活躍

グリプス戦役前(C.D.A.、虹霓のシン・マツナガ)

サイレント・ヴォイス ハマーン様Version


ハマーンは7歳の時点で既にニュータイプの素養が有り、前述通り10歳頃にはNT研究の被験体となっていたと記録されている。施設での体験によって自身の力に嫌悪感を抱くようになったが、シャアやララァを始めとするNT部隊の活躍でNTの未来に希望を見出した。
14歳頃、アクシズに流れ着いたシャアと出会う。当時はまだ感受性が高く傷つきやすい、明るくもどこか危うげな少女だった。しかし周囲を鼓舞し自身も戦闘に参戦するなど、後の彼女の片鱗を覗かせたことも。

姉のように慕っていた女性との決定的な仲違いと死別、ゼナやマハラジャの死、様々な要因が重なり、グリプス戦役期の彼女が醸成されていった。

グリプス戦役 (機動戦士Ζガンダム)

ハマーン


宇宙世紀0087年10月12日、地球圏に舞い戻り、第三勢力アクシズとしてグリプス戦役に介入。
エゥーゴから同盟を持ちかけられるが交渉は決裂。その後、ティターンズと同盟を締結する。

宇宙世紀0088年1月、エゥーゴからサイド3を譲渡するという条件でグリプス2(コロニーレーザー)の破壊を要請されると、グワダンの主砲でグリプス2の一部を破壊し、ティターンズに対してはアーガマを攻撃したものが外れたと虚偽の報告をする。
ティターンズの拠点であるゼダンの門でジャミトフ・ハイマンとの会見の隙に青酸ガスによる暗殺を狙うが失敗。
ゼダンの門にアクシズをぶつけて破壊する。

その後、ジャミトフと再度会談を持つが、会談の最中同席していたパプテマス・シロッコがジャミトフを暗殺。
シロッコはこれをハマーンの仕業と喧伝し、ティターンズとは敵対関係になる。

同年2月、エゥーゴによるメールシュトローム作戦の結果、グリプス2を奪われる。
小惑星アクシズをグラナダへと落下させようとするが失敗。

エゥーゴが制圧したグリプス2を巡り、エゥーゴ・ティターンズ・アクシズは三つ巴の戦いとなる。
ハマーンは一旦部隊を後退させ、温存する。

第一次ネオ・ジオン抗争(機動戦士ガンダムΖΖ)

はきゅ
ハマーン様


宇宙世紀0088年2月29日、グリプス戦役の終結後にジオン共和国の戦力も吸収し、組織名をアクシズからネオ・ジオンと改称。
戦後の隙を突いて各サイドに制圧部隊を送り込み、地球圏を掌握。
この頃から、自身もザビ家のように装飾を施された軍服を着用するようになる。

同年8月、自ら艦隊を率いて地球に降下。
武力の威嚇をもって連邦議会のあるダカールを制圧し、ジオン公国やティターンズの残党を配下に収める。
10月末には、ダブリンへのコロニー落としを決行し大惨事を引き起こす。
その結果、地球連邦政府にジオン公国発祥の地サイド3の譲渡を認めさせる。
これら一連の作戦で戦局は大きくネオ・ジオン側に傾く。
また、専用機キュベレイ以外に旧式のアッガイを操縦して、ジュドーと互角の腕を披露したこともある。

同年12月25日、真なるネオ・ジオンを掲げたグレミー・トトによる内乱が勃発する。
内乱発生時はコア3に滞在中で、グレミー配下のプルツーに命を狙われ辛くも逃げ延びるが、小惑星アクシズはグレミー・トトに占拠されてしまう。

宇宙世紀0089年1月17日、グレミー・トトに賛同した者達との戦闘が続く中、ZZガンダムを駆るジュドー・アーシタと対決。最終的に紙一重の差でジュドーに敗れ、ジュドーが救いの手を差し伸べるもののそれを拒む。
そして、キュベレイをモウサ(アクシズの居住ブロック)の壁に激突させ、絶命する。

驚くべきはこの時、22歳であった。
生まれついての才能こそあったが、至るまでに恐るべき程の執念もあったに違いない。


しかし、宇宙世紀0089年に『ハマーン・カーン』と名乗るニュータイプが、サイド2のオリンポスコロニーに姿を現す。容姿もハマーンと瓜二つだが、その正体は…?

ハマーン様のお言葉

「このキュベレイ・・・見くびっては困る!」
土足で、人の中に入るな!!
「これで終わりにするか、続けるか。シャア!」
「ミネバ様が・・・笑っていらっしゃる!」
どう言われようと、己の運命は自分で切り開くのが私だ!

メディアミックス関連

敵味方問わず最強クラスの女性パイロットとして登場することが多い。
そして、機動戦士ガンダムUCオードリー・バーン(ミネバ・ラオ・ザビ)とバナージ・リンクスが絡むと、ファンから扱いされることもある(ミネバの育ての親という意味では間違ってないが)。

スーパーロボット大戦シリーズ

ネオ・ジオン軍のトップとしてプレイヤー部隊に立ちはだかることが多いが、作品によっては仲間になることもある。また、原作での接点が全くなかったアムロ・レイナナイ・ミゲルとの特殊戦闘セリフを喋ることも(アムロはシャア、カミーユ、ジュドーと異なり彼女との合体攻撃が出来ない、仲間になる経緯の会話に参加しないのに仲間にするフラグの一角を担っていたりする()。ナナイはスパロボでもよく見る声優ネタ)。
原作でのZZ以降の時系列作品のキャラでは、クェス・パラヤにシャアを巡って一方的に突っかかれたり、マリーダ・クルスに同じ女性として気遣いを見せたり、敵対しながらオードリーを守ってくれていたバナージに内心感謝したりしている。
仲間にした場合シャアとよりを戻すこともあり、中には誰だお前!?」とファンが言いたくなるような台詞を言うこともある。

ギレンの野望シリーズ

ジオンの系譜からキャラクターとして登場。一年戦争期しか扱っていないジオン独立戦争期でも隠しキャラ扱いで使用できる。

性能的には数少ないNTレベル最高値の5持ちで、他の戦闘ステータスも軒並み高い最強クラスのキャラクター。更には他のNT5レベルのキャラと違い指揮や魅力といった量産型を底上げする能力も高く階級も高いため司令塔としても申し分ない。

但し、ジオン本国だとティターンズやエゥーゴとの戦いが一段落すると離反してしまう。そうなると今度は愛機キュベレイを駆りこちらの軍勢に多大な損害を与える強敵となってしまう。
また、当然ながらアクシズでは総大将となる。其処での采配で、原作通りシャアやグレミーといった様々な男と袂を別つか、グレミーと腹をくくって話し合い手を取り合って地球の未来のために動くか、はたまた劇場版のように戦果を無暗に拡大するのはよくないと察しティターンズだけを排除して引き下がるかはプレイヤー次第


Gジェネレーションシリーズ

『GジェネDS』では仲間になる際『昔の髪型に戻す』を選ぶとC.D.A.版ハマーンに変わるのだが、どう見ても若返っており攻略本でもネタにされている。

ハマーン様万歳



ちなみに『Gジェネジェネシス』ではシュネー・ヴァイスがDLCで追加されたが、こちらは逆にC.D.A.版ハマーンが未登場。

ガンダム無双シリーズ

1作目のミッションモードでは、カミーユとともに行動しシャアとの因縁がメインとなる。
2作目のミッションモードのストーリーは、ネオジオン総帥となったシャアと同盟を結ぶが、快く思っていなかったのもあり面従腹背で行動し、カミーユたちに作戦のリークも行った。

スーパーロボット大戦X-Ω

スパクロにまさかの「ミンキーモモ参戦」で、ついにハマーンとモモの競演が実現してしまった。

ちなみにSDガンダムのアニメではちょくちょく出演しているが、黎明期に公開されているキャラ崩壊に定評のある佐藤元氏が作画監督を勤めたアニメではお色気担当に回る事がしばしば。「嵐を呼ぶ学園祭」ではシャアとのモニター越しの会話でオールヌードを披露したり(流石に隠されたが)。特に「宇宙の神秘大作戦」では、バニーガールのコスチュームでボケ倒すシャアのツッコミに回っていた。

SDハマーン



関連イラスト

ハマーン様
ハマーン・カーン


サイレント・ヴォイス
センシティブな作品



はにゃーん様

『C.D.A.若き彗星の肖像』を初出とし後に『アクシズのハマーンさん』『MSV-R虹霓のシン・マツナガ』などにも登場した若きハマーン。

ハマーン萌え!
センシティブな作品


はにゃーん様
ぞくぶつ!



関連タグ

機動戦士Ζガンダム 機動戦士ガンダムΖΖ 機動戦士ガンダムヴァルプルギス
ハマーン ハマーン様 はにゃーん様(幼い頃のハマーン)
ガザC キュベレイ シュネー・ヴァイス
シャア・アズナブル カミーユ・ビダン ジュドー・アーシタ ミネバ・ラオ・ザビ

外部リンク

ハマーン様のもので殴られる事件

関連記事

親記事

ネオ・ジオン ねおじおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハマーン・カーン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハマーン・カーン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6187914

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました