ピクシブ百科事典

ガザC

がざしー

ガザC(ガザシー)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』など登場する架空の兵器。
目次[非表示]

機体説明

型式番号AMX-003。ジオン公国残党軍『アクシズ』が開発した可変量産型モビルスーツ。一年戦争末期に登場した駆逐モビルポッドオッゴの流れを組む機体でもある。

一年戦争終結後、アステロイドベルトへと渡ったジオン公国軍残党は、小惑星アクシズ内部の施設拡充およびその居住施設モウサの建造に際してオッゴをベースとした作業用モビルスーツ、ガザA、ガザBを開発した。その後、いくつかの内紛を経てアクシズの地球圏への帰還が決定したのとほぼ前後して、これらガザシリーズを戦闘用に発展し、生産ラインを流用して大量に生産、暫定的に軍事力を増強する事となり開発されたのが本機に当たる。

開発当時、アクシズはモウサ居住の若者を中心とした志願兵が多く、パイロットの練度が問題となっていた。それを補うために砲撃戦を中心とする集団戦術(3機編成による編隊行動を遵守)を想定して設計されている。それ故、単機での戦闘能力は著しく低く他のモビルスーツ以上に編隊行動・密集戦法の厳守を強いられると言う欠点を持つ。

また、エゥーゴティターンズに先んじて量産化に成功した可変機ではあるが、元は作業用モビルスーツの生産ラインを流用して製造されたため、機体構造は恐ろしく脆弱であり、鹵獲機の調査を行ったエゥーゴのメカニック曰く『3回出撃すれば空中分解をおこす』『変形を4、5度繰り返せば接続部に異状をきたす』との報告が上がっている。

グリプス戦役中盤にアクシズが戦いに介入して以降、新型機投入までの繋ぎとして300機近くが戦役終結時までの主力として投入された。その戦果もあって、全体的な構造の補強を行ったガザDや白兵戦能力を向上させたガ・ゾウム等、いくつかの後継機が開発されている。

武装

ナックルバスター

本機専用に開発された高出力メガ粒子砲。機体のメインエンジンとケーブルで直結しており、その出力は6.7MWスーパーガンダムのロングライフルに匹敵する火力を持つ。これを複数の機体で発砲するのが本機の基本戦術であり、ある意味生命線のような役割を持つ。

ビームサーベル

両肩のバインダーに1基づつ内臓される。機体構造上多用はできないのだが、劇中では本機で百式に近接戦を挑んだ強者がいたりする。

ビームガン

出力2.3MW。MA形態時に使用可能。当初はビームサーベルを兼ねる予定だった。

クローアーム

MA形態時の脚部を格闘武器に転用したもの。元々は作業用のマニピュレーターとして使用されていた。

バリエーション

ハマーン専用機

劇場版『Zガンダム』に登リンク先記事名場。機体カラーがハマーンのパーソナルカラーである白に塗られている以外は差異は無いとされている。

袖付き所属機

機動戦士ガンダムUC』に登場。カラーリングはグリーンで前腕に『袖』の装飾が施されている。袖付きの拠点衛星パラオに配備されており、先述の欠陥もあって自走式の移動砲台として運用されている。

関連イラスト

ガザC



バリエーション

AMX-002 ガザB
AMX-003S ガザC改
AMX-006 ガザD
AMX-007 ガザE
AMX-008 ガ・ゾウム
AMX-016 ガザW

関連タグ

機動戦士Ζガンダム 機動戦士ガンダムUC
ハマーン・カーン グレミー・トト
アクシズ ネオ・ジオン
ガザD ガザE ガ・ゾウム ガザW

pixivに投稿された作品 pixivで「ガザC」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64986

コメント