ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

型式番号RX-178+FXA-05D
全備重量96.0t
総出力1,930kW+α
推力81,200kg+84,800kg

概要

正式名称はMk-ⅡディフェンサーガンダムMk-Ⅱに支援戦闘機Gディフェンサーが合体した火力支援形態。

スーパーガンダムという名前は商品展開の都合でつけられた。そのためか劇中でスーパーガンダム呼びされたことはないのだが、メカニックたちが愛称付けしていたという設定にはなっている。

GディフェンサーはガンダムMk-Ⅱがティターンズの最新鋭機等に対して優位性を失いつつある状況を鑑みて開発された支援機であり、ガンダムGファイターを参考に開発されている。

機体本体に追加装甲を装備し、総合性能を向上させるフルアーマープランに対し、こちらは単独での戦闘能力を持つ支援戦闘機であり、量産機にも転用が可能となっている。この合体により、火力・防御力・航続距離など、Mk-Ⅱの弱点のほとんどが解決し、簡易変形により航行形態であるGフライヤーへの変形が可能となるなど、第3世代のMS相手にも優位に立ち回ることができるようになった。
ただし、加速力が高く小回りが利きにくいMK-Ⅱ本来の弱点はそのまま残されており、加えて長距離射撃が可能になった反面、追加パーツによる重量増加が原因で運動性が低下し、近接戦闘が不得手となってしまった(劇中でも機動性の高いハンブラビに翻弄され、近距離からの射撃によってGディフェンサーを破壊されてしまっている)。なお、コックピットブロック自体はコア・ファイターとして分離するが、それ自体の戦闘能力は低い為、分離後は戦線からの早急な離脱が原則となる。

なお先述のとおり、GディフェンサーはMK-Ⅱと同型のバックパックを採用しているMSとなら合体が可能となっているため、バックパックを換装したネモやMk-Ⅱと同型のバックパックを装備するジムⅢなどへの装備例が存在する。
また、量産機の機動力を容易に底上げ出来る観点から、高機動型MSの随伴機としても運用可能となる。

ゲームなどでの扱い

スーパーロボット大戦シリーズにおいてはリアルロボット系では珍しい「合体」コマンドを持つ機体として登場。その際、合体後は二人乗りユニットとして扱われる。
ただし作品によっては「換装」パーツとして再現される場合もあり、そちらは原作通り一人乗りのユニットとして扱われる。

また、ゲーム『ギレンの野望』シリーズや『サンライズ英雄譚2』では、ティターンズ仕様のスーパーガンダムも登場する。

武装

以下はスーパーガンダム時の追加兵装。ただし劇中ではロングライフル以外を使用していない。また、シールドは合体する際に背部のバインダーと接触してしまうため、合体前に投棄される。

60mmmバルカン砲

ミサイルポッドの側面に1門づつ装備される。

14連装ミサイルポッド

バインダー内部に装備されている。

ロングライフル

出力6.8MW
本形態における主兵装たるロングバレルのビームライフル。通常はGディフェンサーとケーブルで接続する形で運用されており、、切り離してMK-Ⅱ単体で使用することも可能。劇中では一射でダンケル・ラムサス両名のハンブラビを葬り、隕石越しにバーザム2機を大破させる等、抜群の威力を見せている。一部ゲームではロング・ビームサーベル機構を装備している。

関連イラスト

スーパーガンダム
【ヘンケン艦長!】スーパーガンダム【私、結婚考えて無いです!】



関連項目

機動戦士Ζガンダム エマ・シーン カツ・コバヤシ
ガンダムMk-Ⅱ ネモ ジムⅢ

マスクコマンダーSDコマンド戦記のキャラクター。黒いMk-Ⅱをベースに長銃身スマートガンや、ハンブラビが分割合体したブースター&バインダーを備えた姿は「悪のスーパーガンダム」と呼ぶに相応しい。
スーパーメカゴジラ…戦闘機と合体、その際の呼称といった点に類似性が見られる。

関連記事

親記事

ガンダムMk-Ⅱ がんだむまーくつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スーパーガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135632

コメント