2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガンダムMk-Ⅱ試作0号機

がんだむまーくつーしさくぜろごうき

ガンダムMk-Ⅱ試作0号機は、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜』などに登場。
デザイン的にはガンダムMk-Ⅱをベースとしながら鎖骨部ダクトとフロントスカートに原型機ジム・クゥエルの名残が残っており、ヘルメットと円柱状のビームサーベルガンダム、V字アンテナとビームライフル、シールドはガンダム試作1号機と過去に建造されたガンダムの記号も持った外観をしている。
また、ふくらはぎ後部にはガンダムMk-Ⅱには無い椀型のスラスターを1対備えている。

ガンダムMk-Ⅱの先行型として、コストを度外視して開発された機体。そのためガンダムMk-Ⅱよりも高性能だが、操縦性や整備性に多大な問題を抱えており、稼働時間も極めて短い。
その扱い辛さ故に並みのパイロットではまともにコントロールできず、パイロットにはムラサメ研究所の強化人間プロト・ゼロ(ゼロ・ムラサメ)が選ばれている。
また、外装はジム・クゥエルと同一形状の部品が部分的に使用されており、装甲とフレームが脆弱であるという課題はガンダムMk-Ⅱまで持ち越された。
製造コストはペガサス級戦艦数隻に匹敵すると言われているが、存在自体を疑問視する意見もあり、データ上にのみ存在する架空の機体とする説もある。
頭部アンテナやシールドの形状がガンダム試作1号機と酷似している事から、アナハイム社による開発関与が疑われている(これはガンダム開発計画が凍結されなかったというIFのストーリーに基づく設定)。
ゲーム中ではガンダムMk-Ⅱの開発と無関係に、特殊な条件で開発提案される隠し機体として扱われており、正式なMk-Ⅱの開発に際し本機を開発する必要はない。

余談

初登場時の頃はプロトタイプガンダムMk-Ⅱと呼ばれていたため、この名前で知っている人もいるだろう。

ADVANCE OF Ζには本機とは別のアプローチでジム・クゥエルとガンダムMk-Ⅱのミッシングリンクを図った「次世代試作機」というMSの画稿が存在しており、こちらはアレックスの特徴を色濃く残した脚部が特徴となっている。
詳細はジム・クゥエルの項目を参照。

関連タグ

ガンダムMk-Ⅱ

関連記事

親記事

ガンダムMk-Ⅱ がんだむまーくつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4783

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました