ピクシブ百科事典

ガンダム試作1号機

がんだむしさくいちごうきぜふぃらんさす

ガンダム試作1号機(ゼフィランサス)とは、OVA『機動戦士ガンダム0083』に登場する、地球連邦軍がアナハイム・エレクトロニクスに開発を依頼した、汎用試作型モビルスーツである。
目次[非表示]

ウラキ少尉、吶喊(とっかん)します!!
pixivでは主にGP01又はゼフィランサス表記でタグ登録されている場合が多い。

カタログスペック

頭頂高18.0m
本体重量39.7t
全備重量65.0t
ジェネレーター出力1,790kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力108,000kg


機体説明

一年戦争後、連邦軍再建計画の一環としてジョン・コーウェン中将主導で行われた『ガンダム開発計画』によって完成した機体、その一号機。当該計画に則り、型式番号はRX-78GP01という、特殊なナンバーが割り振られている。
アナハイム・エレクトロニクス社の先進開発事業部「クラブ・ワークス」が本機の設計を担当した。開発コードネームは「ゼフィランサス」(花言葉は「清き愛」)。

RX-78 ガンダムをベースに改修・設計変更を行い、人型兵器の性能を最大限に引き出すというコンセプトを元に開発された。これまでの機体では本体側から行われてきた四肢の駆動を四肢側からの駆動に改めるという独特の関節機構を採用しており、これが後のムーバブルフレームへと発展して行く事になる。また、コア・ブロック・システムも採用し、コア・ファイターの換装によって地上仕様と宇宙仕様の仕様変更を容易に出来る設計となっている。

漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』では、ガンダム試作2号機のバディ機として開発されており、チョバムアーマーを装備してトリントン基地に搬入された。しかしアーマーは元々、耐核兵器用として開発されたため重力化では機動力低下を招いてしまっており、試作2号機との戦闘後、ニナ・パープルトンの判断によって強制排除された。

パイロットはコウ・ウラキ少尉(後に戦時中尉)。

武装

60mmバルカン砲

RX-78同様、頭部に牽制用として装備される。

ビームサーベル

バックパックに装備。コア・ファイター時にはビームガンとして使用できるが、ジェネレーターの出力不足が原因で牽制程度にしかならない。

ビームライフル

型式番号BOWA・XBR-M-82-05H。Eパック方式を試験的に採用しており、銃身下部には耐格闘攻撃用のビームジュッテ機構が装備されている。

90mmブルパップ・マシンガン

ジム改などが主兵装としているマシンガン。試作2号機追撃戦時に使用した。

専用シールド

対ビーム・コーティングが施された伸縮機構付きのシールド。

派生機

・RX-78GP01-Fb ゼフィランサス フルバーニアン
シーマ・ガラハウとの戦闘によって陸戦用のGP-01が大破した際、機体の補修を兼ねて空間高機動戦闘装備に設計変更が行われており、宇宙戦において十二分なスピードを発揮できるようになった。

その他の派生

・RX-78GP01 宇宙戦仕様

模型雑誌「GUNDAM WEAPONS」

・RX-78GP01-FA フルアーマーGP01
・RX-78GP01PF パーフェクトガンダムGP01
・RX-78GP01-ST ストライクGP01

漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』

・RX-78GP01 アクア装備
・GアーマーII

関連イラスト

RX-78 GP01 ゼフィランサス
ゼフィランサス


関連機体

RX-78GP00 ガンダム試作0号機 ブロッサム
RX-78GP01-Fb ガンダム試作1号機 ゼフィランサス フルバーニアン
RX-78GP03S ガンダム試作3号機 ステイメン
RX-78GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ

関連項目

機動戦士ガンダム0083
コウ・ウラキ ニナ・パープルトン
フルバーニアン

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム試作1号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44606

コメント