ピクシブ百科事典

フルバーニアン

ふるばーにあん

RX-78GP01-Fbガンダム試作1号機(フルバーニアン)は「機動戦士ガンダム0083」に登場した地球連邦軍の試作型MS。ガンダム試作1号機の宇宙戦高機動仕様。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高18.5m
本体重量43.2t
全備重量74.0t
ジェネレーター出力2,045kw
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力234,000kg


機体説明

型式番号RX-78-GP01-Fb
シーマ・ガラハウゲルググMとの戦闘で大破したGP01をアナハイム社のフォン・ブラウン工場で改装・修復した機体。換装による仕様変更を廃した為、当初の宇宙戦仕様とはまったく異なる形になっている。
通常の形態と区別する為に「ゼフィランサス フルバーニアン」とも呼称される。

最大の特徴として背面に機体のフレームと直結したユニバーサル・ブースター・ポッドを装備(ガンダム試作2号機の肩アーマー同様、AMBAC稼動肢としても機能する)。胸部のインテーク裏にも姿勢制御用のスラスターが装備されている。その加速性能や機動性は、同世代のMSでは比較にならない高性能を獲得した。
各カタログスペックは、重量こそ一年戦争時代から大きく改善されていないものの、ジェネレーター出力は第三世代機Ζガンダムと互角、パワー・ウェイト・レシオ(3.1倍)に至っては更に後年代のユニコーンガンダムにも比肩する。

最終的には核攻撃を終えた試作2号機との激しい一騎打ちの末相打ちとなり、爆散。この時コア・ファイターはユニバーサル・ブースター・ポッドを損傷したため使用不能となり、コウ・ウラキは自力で脱出している。
デラーズ紛争後に「ガンダム開発計画」の記録が抹消されたため、本機の技術は闇に葬られることになったと言われているが、実際はガンダムTR-1のブースターユニットの技術などに流用されている。

余談

実はこの機体、大破した原型機の修復作業と仕様の設計変更に加えて改装工事までの工程をわずか2日で終わらせて運用テストを行っている。かなり後にも似たようなことをしているが突貫工事で最強の機体を作るこの企業っていったい……

関連機体

RX-78GP00 ガンダム試作0号機 ブロッサム
RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス
RX-78GP03S ガンダム試作3号機 ステイメン
RX-78GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ

関連タグ

ゼフィランサス
ステイメン
ガーベラ

ライトニングガンダムフルバーニアン:本機のユニバーサル・ブースター・ポッドのアイデアが取り入れられ、その縁で「フルバーニアン」の名も継承しているガンプラ

関連記事

親記事

ガンダム試作1号機 がんだむしさくいちごうきぜふぃらんさす

子記事

  • GP01Fb じーぴーぜろわんふるばーにあん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フルバーニアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122803

コメント