ピクシブ百科事典

ガンダム試作0号機

がんだむしさくぜろごうきぶろっさむ

ガンダム試作0号機(ブロッサム)とは、「機動戦士ガンダム ファントム・ブレット」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

アナハイム・エレクトロニクスがGPシリーズのトライアル用に開発し、後に「ガンダム開発計画」で開発される4機のガンダムの原型となったモビルスーツ。コードネームのブロッサムは「花」もしくは「開花」を意味する。
テストパイロットはジャック・ベアード

この試作0号機はガンダム試作1号機と同じくコア・ブロック・システムを採用しており、現時点で判明している中ではコア・ファイターを背部から差し込む形でドッキングする「ホリゾンタル・イン・ザ・ボディ方式」を最初に採用した機体である。
更にコア・ファイターの戦闘能力を向上させるコア・ブースターのコンセプトも盛り込まれており、腰部メインスラスターとコア・ファイターを合体させることでコア・ブースターⅡとして運用する事が可能となっている。この機能の採用に伴い、機体各部にスラスターを設け更なる機動性の向上が図られた。

機体背面には二基のドラムフレームを設置し武器マウントアームを介して多数の装備が使用可能。右側のドラムフレームには大型ビームライフル、左側にはレドーム状のミノフスキー粒子干渉波検索装置 (MPIWS: Minovsky-Particles Interference-Wave Searcher) を装備。
当時のアナハイムの最先端技術全てを駆使した多機能高性能機として完成したが、その分パイロットへの負担は大きく、操作性は劣悪であった。その為、後に開発されたGPシリーズは複数の機体で単一の性能を追求する方向へ転化。それに際してコア・ブースターのモビルスーツへの搭載機構やドラムフレーム等、本機独自の機構は廃案となった。

宇宙世紀082年、月での狙撃テロが頻発する中でアナハイム社が連邦軍へ本機を提供。しかし、提供する寸前まで組み立てすらされておらず、満足にテストもされていない状態であった。
連邦軍へ提供された後、二機のジム・コマンドを伴い哨戒任務を行っていたが、その最中に狙撃テロの実行犯であるジオン残党ザメル砲部隊と遭遇、交戦した。機体は戦場となったムサイ級巡洋艦の残骸が崩落する際の下敷きとなり大破したがザメル砲部隊は壊滅。パイロットも生存し、機体の戦闘データの回収にも成功するが、データ解析の結果前述のGPシリーズの方針転換が決定された。

装備

60mmバルカン砲

頭部に装備されたバルカン砲。連邦系モビルスーツの伝統的な装備。

ビームサーベル

肩部に備えられたビームサーベル。
GP-01と同様にコア・ファイター(コア・ブースター)時にビーム砲として運用可能。

大型ビームライフル

背部右側のドラムフレームに装着された大口径ビーム砲。
高い威力と長い有効射程を有するが、E-CAP方式を採用していない為、エネルギーチャージに時間がかかり連射が効かないという欠点があった。
また、射撃時にはMPIWSによる射撃補正が必須となり、これと連動していない場合の命中精度は極端に低下する。

ミノフスキー粒子干渉波検索装置

MPIWS(Minovsky-Partiicles Inteference-Wave Searcher)。
背部左側のドラムフレームに装着されたレドーム。広域センサーとして機能するが信頼性に欠け、度々誤作動を起こしていた。
ザメル砲部隊の発射した砲弾が偶然この部分に直撃した為、同部隊の発見に繋がった。

ビームスプレーガン

本機専用のものではなく、随伴していたジム・コマンドの武装。
交戦時のトラブルで戦闘不能となった僚機から回収して使用した。

関連機体

RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス
RX-78GP01-Fb ガンダム試作1号機 フルバーニアン
RX-78GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム
RX-78GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ

関連項目

機動戦士ガンダム0083
ゼフィランサス フルバーニアン ステイメン ガーベラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム試作0号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9318

コメント