ピクシブ百科事典

ガンダム試作3号機

がんだむしさくさんごうきでんどろびうむ

ガンダム試作3号機とは、OVA「機動戦士ガンダム0083」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

型式番号RX-78GP03。
アナハイム・エレクトロニクスの「クラブ・ワークス」が「ガンダム開発計画」に基づいて開発した地球連邦軍の試作型宇宙拠点防衛戦用モビルスーツ
「モビルスーツの汎用性とモビルアーマーの攻撃力を兼ね備えた機動兵器」というコンセプトの下、火器管制・機体制御を担うモビルスーツ「ステイメン」を、大量の武装やブースター、防御装備などを備えたアームド・ベース「オーキス」に組み込む事によってモビルスーツの汎用性とモビルアーマーの攻撃力を両立した。
なお、ステイメンとオーキスがドッキングした状態を指すコードネームは「わがままな美女」の花言葉を持つ「デンドロビウム」。

デンドロビウムはモビルアーマーとも形容出来る外観を持つが、機体分類はあくまで「モビルスーツ」である。
これはオーキスが「モビルスーツに付随する大型オプション」として扱われる為であり、そのコンセプトはコア・ブロックシステムの設計思想の延長線上にあるとも言え、開発には連邦軍のGファイターのデータも参考にされたとも言われている。

本体であるステイメン単体でも後に開発されたグリプス戦役期のモビルスーツをも超える高いスペックを誇るが、モビルスーツ単体ではなくそれと対となる大型オプションを含む仕様になったのは連邦軍が「宇宙空間での拠点防衛を担う機体」を所望した事に由来する。
オーキスは両舷の武器コンテナに大量の火器を格納し、更に機体の機動力を支える6基の大型スラスターは艦艇にも匹敵する推力を発生させる。ステイメンは背部テールバインダーを介し、このオーキスの中央部に収まるようにドッキングする事で機体制御を行う。
その戦闘能力はモビルスーツ一個大隊にも匹敵すると言われており、高機動・高火力で敵を殲滅する様は「機動弾薬庫」とも形容される事がある。
しかし、大量の火器と巨体を同時に制御するにはパイロット一人では負担が大きく、またそのサイズ故に一般的な艦艇の格納庫には収まりきらず、補給や整備は必然的に宇宙空間で行う事になる為、整備性は劣悪。更に一般的なモビルスーツの100倍にも及ぶ運用コストも相まって、機体の設計や技術がそのまま次世代に引き継がれることはなかった(コードネームの「デンドロビウム(わがままな美女)」も、この機体の特徴や問題点を端的に表したものであると言える)。
ただし、異なる機体特性を制御するオペレーティング・システムは後の可変モビルスーツの開発に、大型ビーム砲を搭載したモビルスーツ用オプションというコンセプトはGディフェンサーメガライダーに派生している。

武装

メガ・ビーム砲

機体右側面に装備される全長90mにも及ぶビーム砲。
コントロールグリップを介してステイメンのマニピュレーターによって制御される。
そのサイズに比例して威力は絶大で、戦艦を一撃で撃沈する他、直撃せずともビーム弾が傍を通過しただけでも射線上に副次的な被害を及ぼす。

Iフィールド・ジェネレーター

機体左側面に固定されている、敵のビーム兵器を無効化するバリアを発生するジェネレーター。
一年戦争当時は主にジオンのモビルアーマーに搭載されていたが、地球連邦軍の機体としては試作3号機が初の搭載例となる。
デンドロビウムの機体の大範囲をIフィールド展開するためにかなりのエネルギーを必要とする為、Iフィールド発生装置とジェネレーターを合わせた構成となっている。
機体本体に内蔵されていない為、ビーム以外の攻撃に対する被弾に脆く、また位置が判別しやすい事もあって決戦時にはノイエ・ジールによって破壊されている。

クロー・アーム/大型ビーム・サーベル

機体下部に2基装備されている巨大なハサミ状のクロー・アームに内蔵されたビーム・サーベル。
クロー・アームに専用設計されたグリップを握る事で運用する独特の運用体系を採用する。
並のモビルスーツの全高よりもはるかに長い巨大なビームの刃を形成すると同時に、クロー・アーム自体もMSを握り潰すだけのパワーとサイズを有している。

武器コンテナ

オーキスの機首上部には巨大な箱状の武器コンテナが左右に2つ据え付けられている。
武器コンテナは規格化された8つ(2基のコンテナで合計16)のウェポンスロットを持ち、スロット内部にはユニット化された多数の武器が搭載される。
また、対艦・対集団を目的とした大型火器の他に、ステイメンが運用する武装もここに搭載され、ステイメンの前腕部のフォールディングアームを展開し運用することが可能。

  • 爆導索(ばくどうさく)
爆薬を内蔵したワイヤーを射出する。進路上の宇宙空間に漂う地雷やデブリを撤去する目的の武装。
攻撃用にも使え、ワイヤーが目標物を拘束した後、内部の爆薬が爆発し対象を破壊する。

  • マイクロミサイル
ウェポンスロットにぴったり収まる形状の六角柱状のコンテナを発射する。
コンテナは三面に108発(一面あたり36発)の小型ミサイルを内蔵しており、敵集団の内部に達するとこの小型ミサイルを乱射し目標を撃破する。

  • 後方邀撃ミサイル
マイクロミサイルと同じ形状のコンテナ。
射出された後コンテナの側面がY字型に開き、内蔵されている多数の小型ミサイルを後方に向けて乱射する。

  • 大型集束ミサイル
MS並みの大きさを持つ大型ミサイル3基が束ねられて1つのウェポンスロットに収められている。
ミサイルは射出後に分離し、それぞれの目標を追尾する。

  • ビーム・ライフル
ステイメン用の携行武装。ガンダム試作1号機と同形状だが、試作3号機のそれは出力を向上させたマイナーチェンジモデルとなっている。標準が折り畳み可能。

  • フォールディング・バズーカ
砲身を折り畳む事でコンテナ内に収める事が可能なバズーカ。
使用する際にはステイメンのフォールディング・アームを使いコンテナから引き出す必要がある。

  • ハイパー・バズーカ
ジム改等が運用する連邦軍の汎用バズーカ。

  • フォールディング・シールド
コンテナに収納する為の折りたたみ機構が備わったシールド。使用時には腕部ラッチとフォールディング・アームによって保持される。
裏側にはライフル用のEパックを四基マウント可能。

余談

ガンプラでは1/144スケールのHGUCシリーズとして出されているのだが、パッケージの時点で途轍もないサイズを誇り、その大きさはパーフェクトグレードの箱にも匹敵する。
更にはパーツも複雑なものが多く、パーツ数も入門者向けと言えるHGUCシリーズの中でもダントツに多い。
その為、初心者が組むのはあまりにも無謀と言うべきものであり、まずオススメはされない。
だが、ファンの間では「いずれ組んでみたい高難度ガンプラ」の一つとして、MG Ex-Sガンダム(ディープストライカー)やHGUC ネオ・ジオングと共に親しまれている。

関連項目

機動戦士ガンダム0083
ガンダム試作0号機 ガンダム試作1号機 ガンダム試作2号機 ガンダム試作4号機
ノイエ・ジール ガーベラ・テトラ
カトキハジメ

ディープストライカー:当機のデザイン上での原型である機体。
ハルコンネンⅡ:漫画「HELLSING」に登場する対人重火器システム。当機がモチーフとなっている。あまりにも露骨なデザインのため作者曰く、「やりすぎた」との事。
轟雷(フレームアームズ・ガール):アニメのワンカットとして登場した大型オプションユニット「試製決戦兵器 雷鎚」が当機とよく似ていると話題に

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム試作3号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70081

コメント