ピクシブ百科事典

ノイエ・ジール

のいえじーる

ノイエ・ジール(Neue Ziel)とは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』に登場する架空の兵器(モビルアーマー)である。
目次[非表示]

『南無三ッ!!』

機体データ

型式番号AMX-002
所属旧ジオン公国軍残党デラーズ・フリート
開発アクシズ
生産形態ワンオフ機
全高76.6m
全備重量403.5t
ジェネレーター出力75,800kW
推力1,938,000kg
装甲材質チタン合金セラミック複合材
固定武装メガカノン砲1門、メガ粒子砲内蔵有線クローアーム2基、ビームサーベル・メガ粒子砲兼用サブアーム4基、偏向メガ粒子砲9門、大型ミサイルランチャー4基、小型ミサイルランチャー24基、Iフィールドジェネレーター4基


機体説明

デラーズ・フリートが使用したアクシズ製モビルアーマーMA)(型式番号:AMA-002 あるいは AMA-X2・AMX-002)。
デラーズ・フリートを陰ながら援助するため、同じジオン残党であるアクシズ側から引き渡された。
ガンダム試作2号機を失った後のアナベル・ガトーがパイロットを務めた。


デザインは羽根をひろげた巨大なアゲハ蝶をかたどったもの。
ショルダーアーマーが前翅、プロペラントタンクが腹節両側の後翅になっている。
本機を見たガトー曰く『ジオンの精神が形になったようだ』
見ようによってはジオン公国の国章に見える。

その巨大な外見に似合わず、機体各所に大型スラスターを持ち、運動性は良好である。
また、有線クローアームを射出することによって、オールレンジ攻撃が出来るのも特色。
サイコミュを用いない半自動制御によって、ニュータイプでないパイロットが1名のみであってもオールレンジ攻撃が可能になっており、ニュータイプ以外の操縦では2名のパイロットを要したブラウ・ブロより優れている。
しかし、それほどの操作をするにはかなりの操縦技術とパイロットへの負担が必要となる。
ガトーは百戦錬磨のエースであったところからこの機体を自在に操る事が出来たと考えられる。

武装は、ジェネレーターに直結されすさまじい威力を誇るメガカノン砲や、エネルギーCAPにより連射が可能な偏向メガ粒子砲、ミサイルランチャーの他に2本の有線式のアーム・クローにはビームサーベルを内蔵したメガ粒子砲が搭載され、それによる格闘戦も可能。
この他にも隠し腕と呼ばれる4本のサブアームを持つ。
Iフィールドジェネレーターも搭載されており、ガンダム試作3号機のメガビーム砲をも防ぐ事が可能である。
ビグ・ザムのような全周のメガ粒子砲で艦隊を殲滅させるほどの非常識な火力は持っていないが、その代わり稼働時間は長い。

因みに、この機体の設計自体は一年戦争時から進められていたが、物資や技術等の問題から設計が見送られていた。
しかし、アステロイドベルトの豊富な資源や、各種技術の進歩によってようやく建造が可能になったと言う経緯がある。

劇中での活躍

出撃時にシーマの裏切りにより指揮官のデラーズを殺害された旗艦グワデンのブリッジを破壊、落下ルートに入るコロニーを地球連邦艦隊から護衛しに向かった。
その中でコウ・ウラキデンドロビウムと死闘を繰り広げ劣勢に追い込むものの、バスク・オムによるソーラ・システムの照射により双方甚大なダメージを負い戦いは有耶無耶になった。
その戦い様はさながら怪獣大決戦である。

その後コロニーが阻止限界点を超え目的を達成したノイエ・ジールは部下の退路を開くべく数多くの艦艇を屠っていき、最終的にサラミス改級のブリッジに特攻し爆散した。

バリエーション

逆襲のシャアα・アジールの原型で『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』では、ノイエ・ジールの原型になったともいえるゼロ・ジ・アールが登場している。

ガンプラ

1/550スケールでHGメカニクスというブランドで立体化されており、ビームサーベル、リード線による腕の射出、差し替えによりサブアームの展開が再現されている。
また同スケールのステイメンザクF2型が付属している。
残念ながらライバル機のデンドロビウムと異なり1/144HGUCでの立体化はされていない。
BB戦士でも立体化している。

関連イラスト

ノイエ・ジール
ノイエ_壁紙



後継機

AMA-002S ノイエ・ジールⅡGジェネレーションに登場)

関連タグ

アナベル・ガトー α・アジール

関連記事

親記事

デラーズ・フリート でらーずふりーと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ノイエ・ジール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ノイエ・ジール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188854

コメント