ピクシブ百科事典

エギーユ・デラーズ

えぎーゆでらーず

エギーユ・デラーズは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場する架空の人物。
目次[非表示]

プロフィール

所属ジオン公国軍→デラーズ・フリート
役職不明(ギレン・ザビの親衛隊隊長を務めたとも言われる)
階級大佐中将
CV小林清志


「繰り返し、心に聞こえて来る祖国の名誉のために…ジーク・ジオン!!」

人物

ジオン公国軍残党組織「デラーズ・フリート」の指導者。ギレン・ザビの熱烈な信奉者であり、その思想を色濃く受け継いでいる。そのためコーウェン中将は彼を『ギレンの亡霊』と揶揄している。

性格はややロマンティストな面があり、ガトーとのやり取りや、「茨の園」、「星の屑」といったネーミングにその性格が現れている。

劇中での活躍

ア・バオア・クー防衛戦においては麾下艦隊を率いていたが、防戦中にギレン戦死の報を聞き、彼の死がキシリアによる暗殺とすぐに看破(この時、キシリアのことを女狐と呼んだ)。
麾下艦隊を率いてSフィールドより戦場を離脱した。

カラマポイントでの協議において、連邦への服属を拒否する旧ジオン公国軍の大半がアクシズ行きを選ぶ中、抵抗継続を望む者達を率いて地球圏に残留。
デラーズ自身は協議の前から潜伏拠点「茨の園」の建設に着手しており、早期に地球圏残留の意志を固めていたようである。
宇宙世紀0081年8月15日ジオン公国国慶節を以ってゲリラ活動を開始、以後デラーズ・フリートを名乗り、地球圏において地球連邦に対するゲリラ戦の指揮を執った。
同志の潜伏や補給等の面では、サイド6政府関係者やアナハイム・エレクトロニクス社に代表される月面企業連合体との非公然の協力関係にあった。

しかし連邦の地球偏重政策に抗し得ず、アクシズの地球圏帰還を地に潜って待つか、乾坤一擲の総力戦による大戦果を目指すかの二択を迫られる事となる。
デラーズはガンダム開発計画の情報を得た事で、後者を選択した。

宇宙世紀0083年、星の屑作戦を発動。
トリントン基地での核弾頭搭載ガンダム強奪事件に端を発したこの一連の騒動は地球圏を席巻し、後に彼の名を冠してデラーズ紛争と呼ばれることとなる。
以後状況を楽観し腰の重い連邦軍を翻弄し続け、作戦の真の目的であるコロニー落とし成功まであと一歩の所まで行くが、コロニーの大気圏突入直前にジオンに怨みを抱いていたシーマ・ガラハウの裏切りにあい座乗艦の艦橋を制圧される。
しかしデラーズは動じず、自身を犠牲にしても目的を達成するようガトーを促す
その言動に激昂・動揺したシーマに射殺されるが、ガトーの奮闘でコロニーは最終軌道修正を果たし、遂に地球に落着する

シーマがジオンに恨みを抱いていた理由は、1年戦争時に上官であったアサクラによって行われた
「催眠ガスと偽って毒ガスを渡され、コロニーに注入する羽目になった」こと及び「前述の行為の責任をアサクラに押し付けられ、アクシズ脱出を許されなかった」ことに由来している
これによりジオン、とくにその上層部に対して恨みを抱くこととなった。

アクシズ艦隊のハスラー少将はコロニー落着を見届けると、亡き戦友への敬意を込めてそれを「男達の魂の輝き」と評した。

ちなみに一年戦争終結後、上層部が存在しないにかかわら三階級昇進している経緯は不明。
キンバライドやアクシズといった残党間でも階級情報は共有されているらしい点から想像を巡らすしかない。

関連項目

アナベル・ガトー ギレン・ザビ 機動戦士ガンダム0083 テロリスト
狂信者 戦争犯罪 

コロニー落とし

関連記事

親記事

デラーズ・フリート でらーずふりーと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エギーユ・デラーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82391

コメント