ピクシブ百科事典

ジレ・クリューガー

じれくりゅーがー

ジレ・クリューガーとは、映画「機動戦士ガンダムF91」の登場人物である。

CV:小林清志

概要

クロスボーン・バンガード(コスモ・バビロニア)に属する指揮官。階級は大佐
カロッゾ・ロナの腹心であると共に彼の真意と「ラフレシア・プロジェクト」の全容を知る数少ない人物でもある。

企業としてのブッホ・コンツェルン時代にも、極めて有能な人物であったらしく、組織形成の上でマイッツァー・ロナからもその名が上がっていた。
経理関係など事務的な手腕にも優れており、軍事部門統括とは言え『科学者』上がりのカロッゾにとっては、なくてはならない人物である。

クロスボーン決起以前よりシェルフ・シェフィールドを利用して連邦軍大佐バズ・ガレムソンやアナハイム・エレクトロニクスと裏取引を行うなど、コスモ・バビロニア建国の為の裏工作を進めている。
コスモ・バビロニア建国戦争の際にはバグの運用母艦であるザムス・ガルに座乗。カロッゾの命を受けてバグによるスペース・コロニー「フロンティアⅠ」への無差別攻撃を指揮した。

作戦の最中に無差別攻撃への反感を覚えたザビーネ・シャルにその事を言及され、知らぬ存ぜぬで通そうとしたが、ブリッジの外へ呼び出された際に拳銃でヘルメットのバイザーを割られ、呼吸困難に苦しみながら命を落とす。
また、彼の死から間を置かずしてカロッゾも戦死した事から、ラフレシア・プロジェクトは頓挫したものと思われる。

関連項目

機動戦士ガンダムF91
クロスボーン・バンガード
カロッゾ・ロナ
ザビーネ・シャル

ネオガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ジレ・クリューガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2411

コメント