ピクシブ百科事典

大佐

たいさもしくはだいさ

「大佐」とは、軍隊の階級の一つ。「佐官」の最高位である場合が多い。
目次[非表示]

概要

大佐(たいさ/だいさ)」とは、軍隊もしくはそれに準じた組織及び一部の警察機構や治安組織における「佐官」の最高位。
軍階級上では「佐官」に区分され、少将または准将の下、中佐の上に位置する。
北大西洋条約機構階級符号では、「OF-5」に相当する。

一般に読みは「たいさ」だが、大日本帝国海軍に関してのみ「だいさ」と読ませた。

英語では、陸軍大佐は「カーネル (Colonel) 」、海軍大佐は「キャプテン (Captain)」等となる。
本邦自衛隊では一佐一等陸佐一等海佐一等空佐)に該当する。

解説

現場に置ける最高位で、部隊指揮官、艦長といった重要な役職を任される。


また、実際に大佐でなくても何らかの理由でニックネームとして呼ばれることも多い。

軍の柱

現在の軍隊の階級制度は、ヨーロッパで萌芽し、発達したものを各国の軍隊が取り入れている。
大佐(カーネル)は、コロネル(柱)という語から来ており、連隊長と同意語として使用され、将軍(多くの場合、国王や領主)を支える最高位の軍人に位置づけられて来た。
長く将軍が軍隊の最高位でありながら、その地位を占めるものが貴族階級にあったため大佐は、実務上の最高位となり、多くの軍隊のトップは大佐となって来た。

戦国時代の日本に置き換えると大佐は、侍大将ぐらいに当たる。
大名ではないけど、そこそこの知行(領地)を持っていた武将が任されていたぐらいのイメージ。

ここから時代が下り、今度は大佐が家柄だけの能ナシ…、もとい名目上の存在になると中佐(ルテナント・カーネル)=連隊長代理という階級・役職が作られていった訳である。

現在の軍隊でも大佐は、その下の中佐とは大きく権限や待遇が離れており、連隊長や基地司令、艦長ともなれば誰もが憧れる「一国一城の主」とも言われている。
それ故に定員は少なく、誰もが大佐に昇進できる訳ではない高嶺の花である。

大佐が前線における最高位=将軍は戦場に出てこない、と言われることがあるものの近代戦闘でも戦場にあり、戦死した将軍も少なくないことを補足する。
例えば沖縄戦では、アメリカ合衆国陸軍のサイモン・バックナー中将が戦死している。

実在人物


創作物における主な階級が「大佐」の人物(五十音順)








余談(「ケンタッキー・カーネル」について)

ちなみにカーネル・サンダースとは!!つまりサンダース大佐ということだ!!!

一応念のために、以下解説。

カーネルおじさん」こと「カーネル・サンダース」のカーネルとは「ケンタッキー州大佐」という名誉称号であり、軍隊の階級としてのそれではない。
従って「カーネル・サンダース」が「サンダース大佐である」といっても、彼が合衆国陸軍大佐(もしくはケンタッキー州軍大佐)、というわけではない。

なぜかと言えば、
近代陸軍の勃興期における大佐:Colonel(カーネル)とは、「連隊の所有者」であり、自前で連隊を組織できる資金力と公権力王権)に連隊所有を認めさせ得る政治力を併せ持った、政財にわたる有力者であり、社会的に見れば名士であった。

時代が下るに連れ、軍隊における階級としての大佐の位置づけは、国家組織に取り込まれ、序列として残るのみとなったが、
「大佐:Colonel(カーネル)=社会的名士」であるという図式は欧米において根強く残り、公権力が名士として認めた証として「大佐」の名誉称号を授与する場合がある。

「カーネルおじさん」こと「カーネル・サンダース」の場合、ケンタッキー州が同州の名士として「ケンタッキー州大佐」の名誉称号を彼に授与したためにそう呼ばれることとなったのである。
ちなみに本名は「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」である。
なお、彼の授与理由は、当然の事ながら、「フライドチキン」の開発と販売を称えての事である。

さらに余談ながら「ケンタッキー州大佐」の称号を授与された日本人も存在する。

カーネル・サンダース - Wikipedia
:「カーネルおじさん」、「ケンタッキーおじさん」こと「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」についての解説。

ケンタッキー・カーネル - Wikipedia
ケンタッキー州の名誉称号「ケンタッキー州大佐」についての解説。

関連リンク

大佐 - Wikipedia

関連タグ

 軍隊 軍人 階級

階級一覧

大元帥元帥
士官:(将校将官上級大将大将中将少将准将
佐官代将上級大佐大佐中佐少佐准佐
尉官上級大尉大尉中尉少尉
准士官准尉特務曹長兵曹長
下士官曹長軍曹伍長
兵長上等兵一等兵二等兵

関連記事

親記事

佐官 さかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大佐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1375527

コメント