ピクシブ百科事典

大佐

たいさもしくはだいさ

「大佐」とは、軍隊の階級の一つ。「佐官」の最高位である場合が多い。
目次[非表示]

概要

大佐(たいさ/だいさ)」とは、軍隊もしくはそれに準じた組織及び一部の警察機構や治安組織における「佐官」の最高位。
軍階級上では「佐官」に区分され、少将または准将の下、中佐の上に位置する。
北大西洋条約機構階級符号では、「OF-5」に相当する。

一般に読みは「たいさ」だが、大日本帝国海軍では「だいさ」と読ませた。

英語では、陸軍大佐は「カーネル (Colonel) 」、海軍大佐は「キャプテン (Captain)」等となる。
本邦自衛隊では一佐(一等陸佐、一等海佐、一等空佐)に該当する。

解説

現場に置ける最高位で、部隊指揮官、艦長といった重要な役職を任される。


また、実際に大佐でなくても何らかの理由でニックネームとして呼ばれることも多い。


歴史

現在の軍隊の階級制度は、ヨーロッパで萌芽し、発達したものを各国の軍隊が取り入れている。

戦国時代の日本に置き換えると大佐は、侍大将ぐらいに当たる。
大名ではないけど、そこそこの知行(領地)を持っていた武将が任されていたぐらいのイメージである。

現在の軍隊でも大佐は、その下の中佐と大きく権限や待遇が離れており、連隊長や基地司令、艦長等は、士官であれば誰もが憧れる「一国一城の主」とも言われている。
それ故に定員は少なく、誰もが大佐に昇進できる訳ではない高嶺の花である。

『大佐が前線における最高位=将軍は戦場に出てこない』と言われることがあるが、これはまったくもって正しく、陸軍将官の戦死の多くは前線視察に訪れた際や戦場近くでの公務移動中に発生しており、その他としては航空機が戦力となった時代以降における空襲によるものであり、陸軍将官の詰める司令部が大佐の率いる連隊によって幾重にも護られている証である。
ただし、海軍将官においては艦隊を編成した場合の指揮官が少将となることが多くなる関係から、艦隊を率いてのガチの海戦で戦死した提督が少なくない。

  • 陸軍将官の戦死事例
    • ロマン・コンドラチェンコ少将 - 日露戦争において旅順要塞の前線視察中に日本軍の砲撃がコンドラチェンコのいた要塞施設を破砕して戦死
    • サイモン・バックナー中将 - 沖縄戦で前線視察中に日本軍の砲撃によって戦死
    • ヴィルヘルム・ファレイ少将 - ノルマンディー上陸作戦に先行して行われた空挺作戦で降下した部隊と公務移動中に鉢合わせして戦死
  • 海軍将官の戦死事例
    • ステパン・マカロフ少将 - 日露戦争で旅順から艦隊を率いて出撃しようとした際、港を封鎖していた機雷に乗艦が引っかかって戦死
    • ヴィリゲリム・ヴィトゲフト少将 - 日露戦争の黄海海戦で乗艦の艦橋に砲弾が命中して戦死
    • ランスロット・ホランド少将 - 戦艦ビスマルクとの戦いで乗艦の巡洋戦艦フッドの爆沈に巻き込まれて戦死
    • アイザック・キッド少将 - 真珠湾攻撃において指揮所としていた戦艦アリゾナの爆沈に巻き込まれて戦死
    • ダニエル・キャラハン少将 - 第三次ソロモン海戦の第一夜戦で乗艦の艦橋に砲弾が命中して戦死
    • 伊崎俊二少将 - コロンバンガラ島沖海戦で乗艦であった軽巡洋艦の神通が滅多打ちに遭って戦死


陸軍での歴史

陸軍では、英語で『Colonel(カーネル)』と呼ばれ、語源はギリシャ語の『Columnella(小さな柱)』に由来する。
これは、近代以前の陸軍において、貴族が自費で連隊を立ち上げて連隊長の階級である大佐に就任し、維持してきたことに関係がある。
当時は、このような、貴族の提供する連隊が国家防衛の柱であったわけである。
なので、当時の連隊長は、連隊を組織できる資金力と、それを国家に認めさせるだけの政治力を併せ持った有力者であった。

このような組織では、連隊長である大佐が軍事面において家柄だけの能ナシ…、もとい名目上の存在なので、職業軍人が就く『中佐(ルーテナント・カーネル)=連隊長代理』という階級・役職が作られていった。

ここから時代が下り、国家が直接陸軍を保有する形が一般的となり、共和制国家においては将軍、連隊長である大佐も含めて職業軍人から選抜して国家元首が任命する形が採られるようになった。
また、貴族制度を残す国においても将軍は貴族から選抜、連隊長である大佐は職業軍人からの選抜で国家元首が任命する形に変わっていき、貴族でない者を将軍にする場合は一代限りの貴族に任命して抜擢するようになった。

さらに時代が下ると将軍を含めて職業軍人から選抜して任命するようになった。

現在でも伝統を重視し、名誉職としての連隊長である大佐を置いている国がある。

海軍での歴史

海軍では、英語で『Captain(キャプテン)』と呼ばれる。
これは、帆船時代の海軍において、国王等、国家元首からの勅任で、この階級の者が大型艦の艦長を務めていたことに由来する。
イギリス海軍が英語で『Royal Navy(王立海軍)』と名乗るように、多くの国の海軍は、国家によって建設、維持されてきた歴史があり、海洋冒険小説に登場する『勅任艦長』という語の由来は、ここにある。

また、多くの国において、海軍大佐の階級袖章は四条の線で示される。
これは、近代以前の欧米の海軍における佐官、尉官の階級が、『Captain(キャプテン、現在の海軍大佐相当)』、『Commander(コマンダー、現在の海軍中佐相当)』、『Lieutenant(ルーテナント、現在の海軍大尉相当)』、『Ensign(エンスン、現在の海軍少尉相当)』の四階級しかなかったことに由来する。
その名残として、後からできた階級である海軍少佐と海軍中尉の階級袖章が独立して存在する場合、どちらも下から二番目の線が細くなっている。

実在人物


創作物における主な階級が「大佐」の人物(五十音順)









余談(「ケンタッキー・カーネル」について)

ちなみにカーネル・サンダースとは!!つまりサンダース大佐ということだ!!!

一応念のために、以下解説。

カーネルおじさん」こと「カーネル・サンダース」のカーネルとは「ケンタッキー州大佐」という名誉称号であり、軍隊の階級としてのそれではない。
従って「カーネル・サンダース」が「サンダース大佐である」といっても、彼が合衆国陸軍大佐(もしくはケンタッキー州軍大佐)、というわけではない。

なぜかと言えば、
近代陸軍の勃興期における大佐:Colonel(カーネル)とは、「連隊の所有者」であり、自前で連隊を組織できる資金力と公権力王権)に連隊所有を認めさせ得る政治力を併せ持った、政財にわたる有力者であり、社会的に見れば名士であった。

時代が下るに連れ、軍隊における階級としての大佐の位置づけは、国家組織に取り込まれ、序列として残るのみとなったが、
「大佐:Colonel(カーネル)=社会的名士」であるという図式は欧米において根強く残り、公権力が名士として認めた証として「大佐」の名誉称号を授与する場合がある。

「カーネルおじさん」こと「カーネル・サンダース」の場合、ケンタッキー州が同州の名士として「ケンタッキー州大佐」の名誉称号を彼に授与したためにそう呼ばれることとなったのである。
ちなみに本名は「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」である。
なお、彼の授与理由は、当然の事ながら、「フライドチキン」の開発と販売を称えての事である。

さらに余談ながら「ケンタッキー州大佐」の称号を授与された日本人も存在する。

カーネル・サンダース - Wikipedia
:「カーネルおじさん」、「ケンタッキーおじさん」こと「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」についての解説。

ケンタッキー・カーネル - Wikipedia
ケンタッキー州の名誉称号「ケンタッキー州大佐」についての解説。

関連リンク

大佐 - Wikipedia

関連タグ

 軍隊 軍人 階級

階級一覧

大元帥元帥
士官:(将校将官上級大将大将中将少将准将
佐官代将上級大佐大佐中佐少佐准佐
尉官上級大尉大尉中尉少尉
准士官准尉特務曹長兵曹長
下士官曹長軍曹伍長
兵長上等兵一等兵二等兵

関連記事

親記事

佐官 さかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大佐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1733422

コメント