ピクシブ百科事典

梅津三郎

うめづさぶろう

梅津三郎とは、「ジパング」に登場するキャラクターである。

概要

CV:屋良有作

艦長⇒退官(前艦長)。階級は一等海佐。兵庫県西宮市出身。1948年5月20日生まれ。

「まあよかろう」が口癖という温和な性格で、部下からは「昼行灯」とあだ名づけられている。建築会社に勤めている息子と学生の娘がいる。阪神タイガースの大ファン。
叩き上げであり、どんな戦闘でも自衛官として専守防衛を貫き、部下の生命を第一に指揮を執る。

アリューシャン戦で負傷した後は横須賀で療養し、のち草加の原爆阻止と、歴史改変阻止の為に如月中尉と共に南京に渡る。草加や石原・倉田の関わる原爆開発・製造計画に迫るも原爆工船ルイス・フロイスにて核燃料のウラン235を処分しようとした結果、これを阻止しようとした石原の配下に狙撃され、倉田の目の前で船内へと転落して死亡。なお、彼の唯一の遺品である眼鏡は、如月から桃井、麻生を経由して角松の元に届いた。

番外編「守るべきもの」では阪神・淡路大震災(1995年)時点で、阪神基地隊副司令(二等海佐)の任にあり1]、人命救助を速やかに取るべくシビリアンコントロール無視を承知で第22護衛隊所属の人員を陸上自衛隊第3特科連隊(現・第3特科隊)の指揮下に入れて救援活動をとったことで角松から反感を買うが、後にこの判断が(市民にとって)正しかった事が判り、和解する。

関連タグ

ジパング 艦長 角松洋介 菊池雅行 草加拓海

pixivに投稿された作品 pixivで「梅津三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97

コメント