ピクシブ百科事典

伊号第十九潜水艦

いごうだいじゅうきゅうせんすいかん

伊号第十九潜水艦とは、日本海軍の潜水艦である。
目次[非表示]

概要

太平洋戦争開戦時の所属は第六艦隊・第一潜水戦隊・第二潜水隊。
1942年9月15日、ソロモン諸島において正規空母ワスプを捕捉。
6発の魚雷を斉射してうち3発が標的であったワスプに直撃し撃沈(正確には致命傷を負わせ、米軍艦による雷撃処分に追い込んだ)、その上外れたうちの2発は遠く(約10㎞先)を航行していた駆逐艦オブライエン伊号第百六十八潜水艦ヨークタウンの巻き添えで撃沈した駆逐艦ハムマンと同型のシムス級駆逐艦)と就役したばかりの最新鋭戦艦ノースカロライナに直撃。
オブライエンはその損傷が元で同年10月19日に沈没、ノースカロライナは3ヶ月がかかって同年11月末に復帰した。

「たった一度の攻撃で正規空母を沈め、戦艦を3ヶ月ぐらい戦線離脱させる」
海軍とは犬猿の仲であったことで知られる陸軍まで一緒になってお祭り騒ぎになったとされ、艦長の木梨鷹一少佐は昭和天皇との単独拝謁まで果たすほどの大戦果であった。

1943年11月25日、ギルバート諸島・マキン島近海で米駆逐艦ラドフォードによって撃沈され、その艦歴を閉じた。

ちなみにオブライエンが沈没した原因は米軍が「疲労してるけど小破で応急修理もしたし、航海しても大丈夫じゃね?」とダメージを甘く見て、本格的に修理するべく米本土に回航途中に不十分な応急修理で船体が折れて沈没した。
実は日本軍も同じような甘い判断で金剛を沈めている。
繰り返しになるが、慢心、ダメ、絶対である。しかもこの二隻(オブライエンと金剛)は潜水艦によって沈められており、金剛と最後を共にした浦風はオブライエンとほぼ同期である。

戦後スティーブン・スピルバーグ監督の映画「1941」に「伊19」なる潜水艦が登場している。
作品はコメディ映画だが、この時出演した三船敏郎の尽力により史実の日本海軍潜水艦が比較的忠実に再現されている。

空母「ワスプ」の最期

余談になるが空母ワスプを致命傷に追い込んだのは魚雷そのものではなかった。
ちょうど発艦準備中だったワスプは伊19の魚雷命中の衝撃でガソリンに引火、更に搭載機の弾薬に誘爆して大爆発の後炎上という、加賀の最期によく似た経過を示しているのである。
奇しくも最初に炎上した箇所も同じく艦首付近であった。
ワスプを介錯したランスダウン舞風と同期である。

関連タグ

潜水艦 伊19
巡潜乙型潜水艦
1番艦伊号第十五潜水艦(初代) 2番艦伊号第十七潜水艦 3番艦伊号第十九潜水艦
4番艦伊号第二十一潜水艦 5番艦伊号第二十三潜水艦 6番艦伊号第二十五潜水艦
7番艦伊号第二十六潜水艦 8番艦伊号第二十七潜水艦 9番艦伊号第二十八潜水艦
10番艦伊号第二十九潜水艦 11番艦伊号第三十潜水艦 12番艦伊号第三十一潜水艦
13番艦伊号第三十二潜水艦 14番艦伊号第三十三潜水艦 15番艦伊号第三十四潜水艦
16番艦伊号第三十五潜水艦 17番艦伊号第三十六潜水艦 18番艦伊号第三十七潜水艦
19番艦伊号第三十八潜水艦 20番艦伊号第三十九潜水艦

関連記事

親記事

巡潜乙型潜水艦 じゅんせんおつがたせんすいかん

兄弟記事

コメント