ピクシブ百科事典

伊19

いく

日本海軍の潜水艦、伊号第一九潜水艦(いごうだいじゅうきゅうせんすいかん)のこと。ここでは「艦隊これくしょん」に登場する潜水艦娘について説明。
目次[非表示]

図鑑データ

艦名伊19
図鑑No.123
艦級巡潜乙型3番艦
艦種潜水艦潜水空母
CV味里


「素敵な提督で嬉しいのね。伊十九なの。そう、イクって呼んでもいいの!」

はーい!概要、行くの!

「~なの」という語尾や間延びしたしゃべり方が特徴。公式の呼び名は「イク」。
2013/11/01にイベント「決戦!鉄底海峡を抜けて!」E1海域のクリア報酬艦娘として先行実装された。

とても胸部装甲がデカく、他の潜水艦娘より少し高い耐久力を持つ。ただし、あくまで潜水艦娘の中ではというレベルであり、他の艦娘と比べれば紙装甲でしかないことには注意。

実際、実装直後から彼女を轟沈させてしまうという報告が後を絶たなかった。
秋イベ当時では新米提督が初めて出会うであろう潜水艦クラスであり、その特殊な性質に慣れていないがための運用ミスが原因である。
慢心、ダメ、絶対

実装からしばらくはイベントのみでしか入手できなかったが、現在は1-5道中・ボス、2-5ボス、5-4ボス、6-1道中・ボス、6-2ボスから入手可能。ある程度の練度があるなら月一の勲章入手の際に周回する1-5と2-5で狙いやすい。

2015年1月23日に実装された家具「鎮守府カウンターバー」が2月23日に補強された際に、19がまさかの「ちゃんぽん朝まで飲み勢」に加わっていた
朝までイク(19)ということだろうか……。
なお一部の提督諸氏からは「オリョクルの反動か……」という懸念も……

他の潜水艦娘同様長らくの間追加ボイスがなかったが、2015年クリスマスで初めて限定ボイスが実装。節分では潜水母艦である大鯨に豆を投げている(なお、大鯨側は痛がる事も嫌がる事もなく、無反応である)。
ちなみに史実の伊19は開戦当初第六艦隊・第一潜水戦隊の第二潜水隊だったが、大鯨は同艦隊の第三潜水戦隊の所属であった(第三潜水戦隊には伊8が所属していた)。大鯨も第一潜水戦隊の旗艦だった時代はあるのだが、当時伊19は所属していなかった。
この後すぐ龍鳳への改装工事が始まってしまった為、実は(同じ艦隊に所属していたとはいえ)両者にはあまり縁がなかったりする。どちらかというと縁があるのは大鯨よりも、各潜水戦隊を率いる第六艦隊の独立旗艦だった香取の方である。

イクの容姿、行きますなのね!

イク、行くの!


先端に向けてピンク色にグラデーションがかかっている青紫色の髪を、独特な結い方にまとめている。いわゆるトリプルテール
赤い瞳の中央には☆マークが浮かんでいる……と思われがちだが、よく見ると桜の形になっている。
名前付きのゼッケンを備えたスクール水着を着用しており、伊168伊58のようなセラスク姿ではない。ゼッケンを左から強引に読めば「イくの」と読めないこともない。他の潜水艦娘同様、スク水は提督指定である(公式4コマ25話より)。見落としがちだが、右の太ももには砲塔が付いている。

19の日…なのね!


どことなくアホの子っぽいとろけた笑顔に、魚雷にまたがるポーズ、先述の通り見事な胸部装甲を手にした魚雷で押し上げている・・・と狙いに狙いまくった姿をしており、中破していなくても十分エロい。中破した姿にいたっては最早エロゲである。

そのせいか泳ぐ18禁などという派生タグまで作られてしまった。
……まぁ「イク、行くのー!」だの連呼してりゃどうしようもないよね!
ご家庭や外出先で艦これをお楽しみする際、この子の出撃時はヘッドホン・イヤホン必須と言わざるを得ない。

pixivにおいても、先行イベントでのクリアー報酬としていち早く手に入りやすかった為イラストも徐々に増え人気を博している。
また実装以来投稿されたイラストの大半にR-18タグか泳ぐ18禁タグのどちらか、あるいは両方がついている。
あまりに露骨だと逆に萎えてしまいそうなものだが、彼女はそれを力づくでねじ伏せてしまった。イクちゃん恐るべし。もちろん、その強烈なキャラから苦手とする人もいるのでご注意を。
伊19関連のイラストを検索するときは周囲の視線に要注意であると言わざるを得ない。
下手をすれば家族会議という名の軍法会議ものである

なお、長らくツインテールであると認識されていたが、2014年2月のワンフェスでフィギュアが先行公開され、その造形からツインテールとポニーテールを兼ね備えたトリプルテールであることが発覚した。
同日以降、この髪型でのイラストが増えるものと思われる。

イクちゃんの髪型は?


ちなみに、こちらはトリプルテール発覚前に描かれた珍しい1枚である。

イクの性格が、うずうずしてるの!

性格はマイペースで無邪気な甘えん坊。またいたずら好きなところもあり、どこか子供っぽい。
だが逆に戦闘に際しては攻撃的で、しっかり者。
戦いでも魚雷をきっちり投げ魚雷の補充を大切にし、被弾すれば逆に闘争心を燃やすタイプ
入渠時にはやったらやり返すようなセリフを言ったりと負けず嫌いになることがある。
疲れた提督の肩をもんでくれたりもするがわざと痛くしている節があり、また彼女を無視するとお仕置きされてしまうなどどこかS気を感じさせる。
「何をしても怒らないから好き」というちょっとズレた提督LOVE勢だが、好意は本物のようだ。

本当は

夏のイベントの最後に実装されるはずだったが、実装前日に音声が録れてなかった事に気づくという、運営サイドの致命的なミスが原因で配信が見送られた。これを基に、公式4コマ12話ではイムヤのスマホ宛に以下のようなメールが飛んでいた。

 差出人:伊19
 宛先 :伊168
 件名 :ごめんね~

 忘れ物したから
 とりにいってくるね
 先に行ってて(>▽<)ノ

もちろん忘れ物とは、声帯の中に住む妖精さんのことである。そして、11月のイベント海域にてクリア報酬として満を持しての登場となったのだ。
「とりにいってくる」というのも恐らく忘れ物を「取りに」行くのと声を「録りに」いくのがかかっていると思われる。異常なまでにネタや仕込みの多い公式4コマ、さすがである。


余談ながら、伊19実装延期の代わりとして急遽投入されたのが遅れてやってきた最上型の2隻だったりする。

史実

太平洋戦争開戦時の所属は、第六艦隊・第一潜水戦隊・第二潜水隊。
1942年9月15日、ソロモン諸島において正規空母ワスプを捕捉。6発の魚雷を斉射してうち3発が標的であったワスプに直撃し撃沈(正確には致命傷を負わせ、米軍艦による雷撃処分に追い込んだ)、その上外れたうちの2発は遠く(約10㎞先)を航行していた駆逐艦オブライエン(伊168ヨークタウンの巻き添えで撃沈した駆逐艦ハムマンと同型のシムス級駆逐艦)と就役したばかりの最新鋭戦艦ノースカロライナに直撃。オブライエンはその損傷が元で後に沈没、ノースカロライナは修復に約2ヶ月を要する損傷を負ったというとてつもない戦果を誇る(逆にノースカロライナオブライエンは相当不運であるが、ノースカロライナは9月15日に被雷の後、11月26日に復帰を果たしている)。
たった一度の攻撃で正規空母を沈め、戦艦を長期間戦線離脱させる……これがいかなる戦果かは、提督諸氏ならばお分かりになるであろう。
事実海軍とは犬猿の仲であったことで知られる陸軍まで一緒になってお祭り騒ぎになったとされ、艦長の木梨鷹一少佐は昭和天皇との単独拝謁まで果たすほどの大戦果であった。
この事は本人の中でも誇りらしく図鑑コメントで語っている。
1943年11月25日、ギルバート諸島・マキン島近海で米駆逐艦ラドフォードによって撃沈され、その艦歴を閉じた。

ちなみにオブライエンが沈没した原因は米軍が「疲労してるけど小破だから進撃しても大丈夫じゃね?」とダメージを甘く見て、本格的に修理するべく無理やり米本土に回航しようとしたせいだと言われている。
実は日本軍も同じような甘い判断で金剛を沈めている。
繰り返しになるが、慢心、ダメ、絶対である。

余談だが戦後、スティーブン・スピルバーグ監督の映画「1941」に「伊19」なる潜水艦が登場している。作品はコメディ映画だが、この時出演した三船敏郎の尽力により史実の日本海軍潜水艦が比較的忠実に再現されている。

空母「ワスプ」の最期

余談になるが空母ワスプを致命傷に追い込んだのは魚雷そのものではなかった。
ちょうど発艦準備中だったワスプは伊19の魚雷命中の衝撃でガソリンに引火、さらに搭載機の弾薬に誘爆して大爆発の後炎上という、加賀の最期によく似た経過を示しているのである。最初に炎上したのも同じく艦首付近。

付け加えるならワスプを介錯したランスダウン舞風と同期である。

新しい関連イラストが出来たの~!

伊19
伊19


イクちゃん
提督!イクから目を逸らしちゃダメなの!



提督に、関連タグなのね

pixivに投稿された作品 pixivで「伊19」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40165514

コメント