ピクシブ百科事典

潜水艦娘

せんすいかんむす

潜水艦娘とは、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の潜水艦をまとめるために作られた、分類用のタグである。
目次[非表示]

概要

期間限定イベント南方海域強襲偵察!』の開始と共に追加された艦種。2018年の時点では日、独、伊の枢軸国の潜水艦のみが実装されている。

スクール水着を着用しており、改装によって最終的に日本所属となる海外の潜水艦も露出度の低いボディスーツからスク水に着替えるようになる。また、彼女らの艤装には水上艦のような推進器らしきものが見当たらないが、『艦これアーケード』ではバタ足によって水中を進んでいるのが確認できる。

ゲーム中の位置付け

攻撃方法は基本的に雷撃のみで、砲撃や対空射撃は行えないが、潜水空母は水上戦闘機や水上爆撃機を搭載すれば航空戦への参加が可能となる(後述)。レベルが上がれば重雷装巡洋艦と同様に先制雷撃も可能(甲標的を持てばLv1から可能)。

当初の入手方法はイベント海域のみに限られていたが、初期に実装された潜水艦の多くは現在ではドロップや建造での入手が可能となり、入手の難易度は低くなった。

対潜能力を持たない戦艦正規空母重巡洋艦からは一切の攻撃対象にならない代わりに、爆雷による対潜攻撃を行う駆逐艦軽巡洋艦雷巡及び艦載機による対潜攻撃が可能な軽空母最上型を除く)・航空戦艦航空巡洋艦からは優先的に攻撃を受ける、という強烈な艦種補正を持つ。この補正を逆手に取り、他艦の損耗を避ける為のデコイとして組み込む戦法がある。

しかしながら、敵方の潜水艦に比べて耐久力がかなり低く紙装甲な為、すぐに中破大破しやすい。もっとも、耐久値(HP)の低さは入渠時にコストや時間が非常に少なく、カスダメ程度であれば資源を全く消費せずに修理が済むという利点も生んでいる。

また、夜戦では圧倒的な強化補正が入り、対潜能力の高いはずの駆逐艦・軽巡洋艦ですら傷一つ付ける事が難しいほどに回避能力が上昇し、カットインが発動すれば戦艦を一撃で沈めるほどの爆発的な攻撃力を発揮する事もある。

現在、潜水艦が必須とされる正式な海域は6-1(中部海域哨戒線)のみ。入手難易度は他の艦種よりも高いが、5-4を超えられる練度の提督であればある程度の潜水艦は揃っているだろう。

また、改造すると潜水空母になる艦娘もおり、瑞雲晴嵐を含む水上機を装備する事ができるようになる。ただし、軽巡並みの搭載数しかない為にその能力を活かすのは困難。水上機運用を捨てて、魚雷×2装備による夜戦でのカットインを狙うのが順当であろう。ただし、改造する事で入渠時間も3倍に伸びてしまう点にも注意しなければならない。当初は潜水空母に改造すると「空母」扱いになった為、潜水艦が必要な遠征に参加させると失敗してしまう仕様だったが、後に「潜水艦」扱いに修正され、失敗する事はなくなった。

現在新たに実装された「水上戦闘機」(二式水戦改強風改)により敵艦隊に空母がいない場合に制空権を確保しつつ先制雷撃をしたり、「特二式内火艇」や「WG42」を装備し対地攻撃の補助をしつつ自らを囮にして味方艦隊の被害を抑える等、魚雷装備以外での運用方法も確立しつつある。また、「伊13」・「伊14」は潜水艦としては例外的に「改」に改造すると装備のスロットが3つに増える為、水上戦闘機等を装備して味方の制空権補助を行いつつ魚雷×2装備で雷撃の威力も維持する事も可能である。

2014年2月26日に実装された家具「雛人形豪華四段飾り」では、伊号潜水艦の5人が五人囃子に扮していた(但し、入手には家具職人が必要)。

非常に低コストな為燃費向上の影響は小さいものの、回避能力が低い為、レベルキャップの開放で回避が更に上昇することになるケッコンカッコカリとの相性は案外悪くない。

ただし、通称「新婚旅行」と呼ばれるクエスト「二人でする初めての任務!」を消化する場合、潜水艦にとって鬼門と言える海域の一つであるリランカ島に旗艦として出撃しなくてはならなくなる為、他艦種と比べて難易度が跳ね上がってしまうという密かなデメリットもあったりする。

上述したデコイ戦術(特に3-2-1レベリング)やオリョールクルージングの影響もあり、最も酷使される艦娘という印象が強いが、逆にそれをしない提督にとっては使い所に困り、初心者提督にとっては扱い方がわかりづらい艦娘である事もあって、出撃させる機会が滅多にないなんていう事も…

演習における今昔

潜水艦のみの艦隊編成は過去において蛇蝎の如く嫌われていた。
これは、かつて演習では単縦陣(砲撃戦重視の陣形。対潜能力が著しく弱体化する)以外を選択できなかった為で、この陣形で反航戦やT字不利になると、対潜番長こと五十鈴でさえもまともなダメージを通せなかった事による。

演習相手の提督にしても「潜水艦のみで特定海域に出撃し続けると、回収できる燃料や弾薬が出撃消費を上回り黒字になる(オリョールクルージングなど)」為に潜水艦編成を組んでいると考えられ、必ずしも嫌がらせの編成というわけではないのだが。

その後、対潜兵装の能力上昇・演習での陣形選択が可能になるなどのアップデートにより、睦月型駆逐艦ですら大ダメージどころかワンパンで仕留められるようになった為、駆逐艦や軽巡の育成、遠征に備えた戦意高揚に絶好の編成となった。

ただし、相手の編成の中に一つでも潜水艦が混ざっていた場合、S勝利をもぎ取るには相応の準備をする必要がある。この場面で(育ててあれば)輝くのが北上大井木曾球磨型雷巡トリオ。所謂ソ爆甲装備(ナー・雷・標的)で先制対潜攻撃、先制雷撃の後更に対潜攻撃が行える。

ちなみにこの3隻は対潜値も他の軽巡娘と比較しても高いので、単純に対潜作戦にも(燃費が若干悪いことに目をつむれば)使える。1-5攻略の候補に挙げてもいいだろう(軽巡と別枠となる)。

自分が演習で使う場合、相手の編成を見極める必要がある。対潜艦のみで編成されていた場合は攻撃を一手に引き受けて損耗を抑え、逆に大型艦で占められていれば悠々と安全圏から攻撃が可能。逆にA勝利で十分と捉えるのであれば、敵の水上艦が5隻に減る分だけ火力を集中できる敵編成とも言える。

また、意外な手法に大和デコイがある。これは現在の演習において相手側の陣形がこちら側の編成を参考にして決定されることを利用した戦法。

普通に潜水艦を旗艦に据え、かつ僚艦にも潜水艦がいると、相手の陣形は潜水艦に強い単横陣を取られてしまうのだが、大和を旗艦に据えておくと単縦陣に変わるので、対戦相手の対潜攻撃が効きにくくなる。戦艦である大和を入れることによる2周攻撃のデメリットはこちらには殆どない(大和が2周攻撃に晒されるのは痛いが、そもそも大和に致命打を浴びせられるのはほぼ戦艦と空母しかいないので、どのみち2周攻撃になる可能性が高い)。ついでに大和自身も昼戦で2隻ほど道連れにしてくれることが多いので、夜戦まで使えばS勝利の可能性がかなり高くなる。

ただし、例外として相手の旗艦が空母かつ数が5隻以上の場合、こちらの旗艦の艦種に関わらず輪形陣(対潜やや高め)になるので要注意。更に先制対潜攻撃の実装と海防艦の実装により、演習での潜水艦オンリー編成はまさに海防艦達のレベリングのカモそのものとなってしまった(対潜哨戒系の海域では獲得経験値が少ないというのも大きいが)。

演習における有効な活用法

史実ではあり得ない不本意な使い方になるが、航空戦艦大和型長門型戦艦・イタリアの中~大型艦航空巡洋艦といった航空戦力を擁しない対水雷戦隊に潜水空母を1隻だけ使い、水上機を搭載する事で無理やり制空権を確保し、自身は囮として事故を防ぐ運用もある。

スロットの搭載数が空母よりも少ない為、撃墜されてもボーキサイトへのダメージはせいぜい10~20ほどであり、空母を使うよりも遥かに経済的である(艦載機が全滅すると艦載機熟練度はリセットされてしまうが、元々相手側の制空値が0である前提なので低練度でも問題はない)。入手は難しいものの、対空砲火によって撃墜される事のない水上戦闘機が実装された事で、この運用は非常にしやすくなった。

この戦術は演習で夕立改二綾波改二霞改二江風改二暁改二大潮改二甲型駆逐艦改二神通改二といった「昼戦でも安定して高火力な駆逐艦・軽巡洋艦」(これらの艦は当たり所が悪いと重巡・戦艦でさえもワンパンしてくる)やジャーヴィスタシュケントといった汎用性に秀でた駆逐艦、対空攻撃に秀でた秋月型が多く含まれている際に特に有効である。
対空カットインは無力だし、砲撃戦と夜戦での事故がなくなるので、事実上脅威は雷撃戦のみとなる。潜水艦1隻だけでは対潜がお留守な単縦陣のままな上、此方の艦娘は大破していない限り轟沈することはない為である。

提督達のプレイスタイルにもよるが「艦娘側の水雷戦隊が全員対潜装備」というケースはそこまで多くない上、1隻だけにしていれば被害も広がらないので、この戦法が有効な場面は多い。

対潜護衛空母であり、火力のステータスも高い大鷹瑞鳳改二乙がいる際には、艦載機熟練度クリティカル攻撃(大和型でも容易に中破以上にされてしまう)から主力艦を守る役割もある。

しかし、対深海棲艦戦にはこの戦術があまり有効ではない場合が多い。
なぜなら、後半の海域になるにつれて敵航空戦力が出現しない海域の方が少なくなる上、深海棲艦側の軽巡・駆逐艦のflagship・後期型には強力な対潜装備が施されている為である。

何が問題かというと、演習では目先の1戦を勝利すれば任務は達成できるが、出撃では当然ながら最深部のボス艦隊を撃破できなければ意味がない為、主力艦を敵水雷戦隊から守る為に道中で大破してしまっては本末転倒なのである。この為、制空権を確保できても支援艦隊等で先手で敵軽巡・駆逐艦を排除できなければ厳しい戦いとなってしまうので、一度に攻撃可能な数が少ない戦艦や重巡が中心だとなかなかこの戦術はとり辛いものがある。

また、潜水艦系を旗艦にして随伴にも潜水艦を入れると、演習相手の艦隊は対潜重視の単横陣になる。これにより、戦艦・正規空母の砲撃戦火力を半減させ、雷巡・阿武隈改二由良改二・潜水艦・水上機母艦の先制雷撃の命中率も大きく低下する為、所謂「ガチ艦隊」には選択肢に入る一手となる。無論、深海棲艦の編成・陣形は此方の編成に関わらずマスごとに一定パターンである為、実際の出撃でこの戦術を使うことはできない。

ちなみにB勝利で海域クリアとなる『艦これ改』では「離脱」と言う戦術が使えるので、深海棲艦との実戦でも潜水艦の投入はそれなりに有効である。
高威力の対潜攻撃が常に飛んでくるブラウザ版の実戦でこの戦術を有効に活用するには、回避率が大幅に上がる『警戒陣』と遊撃部隊司令部の『単艦退避』の力を借りる必要がある。

そして2期アップデート以後は(司令部レベルが高い場合のみ?)第2海域から後期型が出現するようになり、さらに軽巡ツ級の出現位置が前進
潜水艦隊が大手を振って使える場所は激減してしまい、中部海域の新7-1(旧6-1)が解放されるまでかつてオリョクルで鍛え上げられた高練度の潜水艦隊は死蔵される事となる。
資材稼ぎや通商破壊という役目すらもおぼつかなくなり、いよいよ「演習番長達やガチ艦隊への対抗手段」としての立場を確立してしまうのか…。

史実における潜水戦隊及び潜水隊

潜水艦も駆逐艦と同様に、同型艦で2隻~3隻で1つの「潜水隊」を結成し、更にその潜水隊が1~4集まって「潜水戦隊」を結成していた。開戦前は各艦隊に分散配置されていたが、1940年11月15日に潜水艦部隊の一元運用を図るため「第六艦隊」が新設され、その独立旗艦を香取が勤めていた。開戦前と「第六艦隊」新設前までは連合艦隊の直卒・附属として鬼怒が「第四潜水戦隊」を由良が「第五潜水戦隊」を率いていた。

現在実装されている潜水艦娘で編成可能なのは、1945年6月1日の最終時の編制での「第1潜水隊:伊400伊401伊13伊14」のみである。

伊58の最終所属は「第15潜水隊」で、呂500は終戦時には舞鶴鎮守府の「第五十一戦隊」に所属していた。また、伊504は呉鎮守府部隊付属の特殊警備潜水艦となっていた。

各型とその艦娘

伊号潜水艦

海大型

火力と速力に特化した、艦隊決戦用のタイプ。

  • 海大VI型 一番艦 伊号第一六八潜水艦(伊168)

伊168


通称「イムヤ」。イロハではない。2013年8月に開催された期間限定イベント『南方海域強襲偵察!』E-1のクリア報酬だった為、多くの提督が最初に手に入れたであろう潜水艦娘。同イベント終了後も様々な海域の道中でドロップするようになったため、他の潜水艦に比べて入手の機会は比較的多い。

巡潜型

航続力に特化したタイプ。水上機の運用能力を持っていた為か、巡潜甲型改二の2隻は入手当初から、それ以外は改造後に、それぞれ潜水空母になる。

  • 巡潜3型 二番艦 伊号第八潜水艦(伊8)

伊8


通称「ハチ」。潜水艦としては珍しい眼鏡っ娘艦娘の一人。ドイツへの派遣任務で唯一生還した潜水艦であり、そのためかちょくちょくドイツ語を話す。読書を嗜む物静かな性格。

2013年11月期間限定イベント『決戦!鉄底海峡を抜けて!』の開始と共に先行実装された潜水艦で、イベント海域中屈指の難易度を誇るE-4「アイアンボトム・サウンド」のクリア報酬であった為、同じイベント報酬である伊19に比べ入手した提督は少なかったと思われる。

その後、2014年1月29日のアップデートで通常建造が可能となり、EO海域1-5などでもドロップ入手が可能となった。

  • 巡潜甲型改二 一番艦 伊号第十三潜水艦(伊13)(イラスト右)
  • 巡潜甲型改二 二番艦 伊号第十四潜水艦(伊14)(イラスト左)

伊13と伊14


それぞれの通称は「ヒトミ」と「イヨ」。ともに『偵察戦力緊急展開!「光」作戦』で先行実装された潜水艦である。容姿は瓜二つで、当百科事典内にも彼女らにちなんだ光の双子というタグが存在するが、実際には双子ではないので注意。伊14は某アル重並の酒豪で奔放な性格、そんな伊14を心配する姉の伊13は気弱な性格だが、怒るとグーパンで殴ってくる。

ちなみに姉の伊13は前述のイベント海域ではドロップ入手限定だった為、イベントに参加した提督には海域突破報酬だった妹の伊14だけしか艦隊にいないという者も…

  • 巡潜乙型 三番艦 伊号第一九潜水艦(伊19)

伊19ちゃん!


通称「イク」。豊満な上部装甲、魚雷に跨るイラスト、エロゲと言われてもおかしくない程の中破状態と、とにかくエロい。泳ぐ18禁などのようなタグが付くほどエロい。

伊8と同じく、期間限定イベント『決戦!鉄底海峡を抜けて!』で先行実装された潜水艦。イベント海域の第1面「サーモン諸島海域」のクリア報酬として登場。

本来の予定では8月のイベントで伊168・伊58と共に追加される予定だったが、直前になって音声データを録り忘れていた事に気付き、急遽取り止めになった。その姿だけは月刊コンプティーク2013年9月号にて公開されていた。

現在は1-5「鎮守府近海対潜哨戒」などでドロップが確認されている。

  • 巡潜乙型 七番艦 伊号第二十六潜水艦(伊26)

びしょぬれ


通称「ニム」。期間限定イベント『迎撃!第二次マレー沖海戦』で先行実装された潜水艦。潜水艦娘初の同型艦実装である。「ねえねえねえ」「きたきたきた!」といった畳語を多用し、史実では敵同士であったサラトガを「サラっち」と呼ぶ人懐っこい性格。

深海乙女


通称「ゴーヤ」。苦くはないらしいが、彼女の史実(特攻兵器「回天」の母艦)は非常に苦い。甘えん坊だったり語尾に「~でち」と付けたりと、他の潜水艦娘よりも幼い印象を受ける。

同時期に実装された伊168と共にセーラー服+スク水着用。実装された時期は伊168と同時で、ドロップは序盤1-5からとなる。

潜特型

本来の「潜水空母」はこのタイプで、伊400型が該当する。他の潜水艦娘に比べて耐久・装甲の値が高く、水上機の搭載数も多いが、燃費も相応に悪い。

伊400


通称「しおん」。おっとりした言動と物腰が印象的な潜特型の長女。2017年秋季イベント『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)』後半海域ドロップ艦として先行実装された艦娘。残念ながら現時点では同イベント以外での入手は不可能となっている。

  • 伊400型 二番艦 伊号第四〇一潜水艦(伊401)

伊401


通称「しおい」。2013年冬季イベント『迎撃!霧の艦隊』のクリア報酬として先行実装された艦娘で、「潜水空母」と称された伊400型潜水艦の2番艦。ガチな容姿から「泳ぐLO」と呼ばれることもしばしば。イベント海域以外での入手は通常海域の6-1中部海域哨戒線でのドロップ入手と大型艦建造のみ。

接収艦

ドイツが連合艦隊に降伏後、帝国海軍に接収された元ドイツ海軍潜水艦。ドイツ製のUボートから元イタリア潜水艦等艦型は一定していない。

実装されている「伊504」自体は「呂500」と排水量では余り差はないが、同時に接収され伊五百一型一番艦として登録された「UボートIXD2型 U-181」の排水量が1,600tと「伊号」基準だった為「伊号」扱いとなった。

  • 伊五百一型四番艦 伊号第五百四潜水艦(伊504)

三式潜航輸送艇

島嶼部への輸送用に大日本帝国陸軍が開発した潜水艦。

まるゆ


大型艦建造システムの実装に伴い実装された潜水艦娘。輸送用という事もあってか戦闘能力は皆無(改造前は装備スロットすらない)で、耐久値も最低。レベルが一定値にまで達すれば先制雷撃も行えるが、純然たる戦闘用の伊号潜水艦に比べると実に頼りない。

性能的には所謂「ハズレ」だが、近代化改修の素材に用いる事で運の値を向上させる効果があり、逆に「アタリ」と評価する提督も多い。また、最弱ゆえの超低燃費・最小修理コストにより遠征要員やレベリング時の被害担当艦に最適。

呂号潜水艦

譲受艦

インド洋における通商破壊用にドイツ海軍から無償譲渡された潜水艦。

Uボート

IX型

ドイツ海軍所属。航続距離の長さから大西洋の通商破壊に適した潜水艦。

U
「ユーちゃん改め、ろーちゃんですっ はい!」


通称「ユー」。2015年冬季イベント『迎撃!トラック泊地強襲』に伴い実装された潜水艦娘。ゲルマン艦娘の一隻で、『艦これ』初のUボート娘。遠い異国の地でオドオドとしながらも一生懸命に日本の風土や艦隊に馴染もうとするのだが……

Lv55で改装すると、『艦これ』初の譲受艦『呂号第五〇〇潜水艦呂500)』(上右イラスト)となる。通称「ろーちゃん」。鎮守府の生活に染まりすぎた結果、あまりの変貌ぶりにどうしてこうなったという声が多数。また、伊401に似た風貌から「LO500」の異名も付いた。あまりの変貌ぶりに困惑し改装を踏みとどまるも、やはり新型魚雷は捨てがたいと悩む提督も多い。

接収艦Uボート

イタリアが連合国に降伏後、ドイツ海軍が接収・編入したイタリア潜水艦。元イタリア潜水艦には「UIT」が付与された。

  • UIT-25

グリエルモ・マルコーニ級潜水艦

イタリア海軍所属。大西洋での活動を目的とした大型潜水艦。

  • グリエルモ・マルコーニ級 4番艦 Luigi Torelli/UIT-25/伊504

ルイージ・げっつ
UIT-25
伊504


通称は「ルイ」。2017年夏季イベント『西方再打通!欧州救援作戦』に伴い実装された3カ国目の潜水艦娘。イタリアン艦娘としては7隻目となる。

枢軸国全てに籍を置いた2隻しかいない艦の1隻で、所属国が連合国に敗北する度に接収され、その度に艦名も「Luigi Torelli」→「UIT-25」→「伊504」と変わっていった。「U-511」同様に改造にする事で「UIT-25(lv40)」/「伊504(lv55)」と名前が変わり、服装も変化する。ドイツ軍所属になるとボディスーツとスクール水着を合わせた様な制服を着用する(上中央)。「UIT-25」での通称は『ウィ―』。日本海軍所属になると白スク水を着用する(上右)。「伊504」での通称は『ごうちゃん』。

名前ネタの影響で、実装直後のファンアートでは艦娘として艤装を纏った姿で描かれる場面が少なかった。

上記の潜水艦娘12隻のうち、純然たる同型艦の関係にあるのは巡潜甲型改二の伊13伊14、巡潜乙型の伊19伊26、及び潜特型の伊400伊401の3組である。

余談:コスプレイヤーの財布に優しい艦娘

ゲームでは低修理コスト・低燃費で提督の財政を助けてくれる潜水艦娘だが、コスプレイヤーにとっても「(リアルな)財布に優しい艦娘」として有り難がられている。
通常の艦娘の場合、衣装や艤装製作の手間が掛かるが、例えば伊19の場合「スク水・ゼッケンウィッグ」の3点(Amazonで購入すると合計5,000円程度)で済んでしまう。このお手軽さは大きい。しかし、カメコという名の駆逐艦・軽巡洋艦に付け狙われるリスクや「薄い装甲」による屋外天候への不利が発生するので、衣装選択の際には十分注意されたい。

余談その2:絵描きにも優しい艦娘

複雑な構造の艤装が殆ど無く、スク水=ボディラインがそのまま描けるという点は「絵描きにも優しい艦娘」であると言える。ただし、海面に浮かんでいたり水中に潜っている場面を描写しようとすると「水の表現」で難易度は格段に跳ね上がるので注意。

伊58の「提督指定の水着がー」発言に突っ込む提督も多いが、現代でいうスクール水着とかなり似たもの(微妙に違うが)を当時の海兵は着用していた。つまり提督は潜水艦娘に自分とお揃いの水着を着てほしいだけであるが、それはそれで…というツッコミも。

艦娘一覧(略型)

伊号潜水艦海大型伊168
伊号潜水艦巡潜型伊8伊13伊14
伊19伊26伊58
伊号潜水艦潜特型伊400伊401
伊号潜水艦接収艦伊504
呂号潜水艦譲受艦呂500
三式潜航輸送艇まるゆ
UボートIX型U-511
接収艦UボートUIT-25
グリエルモ・マルコーニ級潜水艦Luigi Torelli


関連タグ

艦隊これくしょん 艦娘
戦艦娘 空母娘 重巡洋艦娘 練習巡洋艦娘 軽巡洋艦娘 駆逐艦娘 特務艦娘 海防艦娘 ゲルマン艦娘 イタリアン艦娘
提督LOVE:殆どの潜水艦娘がこれにあたる(見方によっては全員)
伊号潜水艦:大半のモチーフ元
大鯨:潜水母艦(潜水空母とは異なる)。詳細はリンク先参照。
フリートプリキュア!:5が関係する。

pixivに投稿された作品 pixivで「潜水艦娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6242428

コメント