ピクシブ百科事典

駆逐ナ級

くちくなきゅう

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する深海棲艦の一種。
目次[非表示]

それは、深淵から浮き上がった、悪辣なる人食い鯧(ピラニア)

概要

2014年秋に実装された重巡ネ級以来久々に登場したイロハ級の深海棲艦で、2017年夏季イベント西方再打通!欧州救援作戦』にて初登場。
それまでの駆逐イ級駆逐ニ級とは異なるオタマジャクシのような体型で、目の上は鉄板で覆われている(後期型では鉄板がなくなっている)。額と多層構造になっている口腔内には単装砲を備え、背中には魚雷発射管と思しき装備も確認できる。

分類は雑魚の駆逐艦級である……のだが
そのステータスは無印の時点で此方の駆逐艦娘のスペックを遥かに凌駕しており、改二にすら勝るステータスを持つ。
flagshipともなれば耐久値は潮改二の2倍の66、夕立改二を超える火力、ヴェールヌイを上回る装甲、島風と同等の雷装になり、対空も吹雪改二と同等のレベルになる。

『西方再打通!欧州救援作戦』最終海域で初登場した後期型flagshipに至っては、比較対象がもはやこちらの駆逐艦では話にならず、重雷装巡洋艦の改二や神通改二を投入しないといけないレベル。
その具体的ステータスたるや火力は重巡洋艦改二レベル、雷装は木曾改二以上、耐久・装甲の水準は重巡リ級flagshipであり、此方の水準で見れば最早「駆逐艦」とは呼べない
後期型flagshipとなれば、火力・装甲はノーマルのだが戦艦ル級並みとなり、そこに軽巡ツ級eliteと同等の対空に雷巡チ級flagshipに近い雷装を備える始末。もうわけがわからないよ……

最下位の雑魚ですらこのレベルの深海棲艦が跋扈している『艦これ』世界の大西洋の情勢は推して知るべしというものである・・・

ただ『此方側の水準の駆逐艦とは呼べない』だけであって耐久値自体は軽巡ツ級重巡リ級と大差ないので、支援艦隊・航空戦・基地航空隊で吹き飛ばされてしまう事もしばしば。

やはり問題は支援・航空戦力不可海域でE7甲Gマスの如く大挙して現れた場合だが、そのような場所は2020年9月時点でも未だ存在しない。


2017年12月14日、艦これアーケードでも第参回期間限定イベント「索敵機、発艦始め!」の後段作戦で実装された。

ナ級後期型Ⅱ

もし敵側にも改二が実装されたら
そんな危惧や懸念がついに実現してしまった。

2020年梅雨&夏イベント『侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦』の第四海域以降では、後期型IIが登場。eliteおよびflagshipに存在する。
なお、現状では乙以上の難易度でしか登場していない。
素の能力値はほぼ据え置き(flagshipのみ装甲が10上がっている)だが、先制雷撃を撃ちはじめてしまった。駆逐艦離れした高い雷装値は健在なので、支援艦隊の攻撃が終わった時点で小破以下の損傷だと、大型艦でも致命傷となりうる雷撃が飛んでくる。駆逐艦とはいったい何だったのか
(なお、本海域ボスのモデルとおぼしき報酬駆逐艦の姉妹艦には、某雷巡同様にとある兵器の母艦として改装されたものが複数存在している。関係があるのかは不明)
では基地航空隊で殴って沈めればいいとなるかもしれないが、4スロになっていて対空電探を装備、さらに主砲が高角砲に変わった事で防空能力が飛躍的に向上し、なんとeliteの段階で軽巡ツ級flagshipを大きく引き離している。難易度が高くなってくると複数が同時に出現してくるため、航空戦力が一切ない敵編成でも、陸攻等がとんでもない数撃墜される事も珍しくない。そうして航空戦や支援艦隊の攻撃をやり過ごされると、一撃必殺の先制雷撃が複数本飛んでくる。その恐ろしさは推して知るべし。
装備の命中も合計して+61あり、一度行動を許せば無傷でやり過ごすのは大型艦でも至難の業。

弱点と言える弱点は「ソナー・爆雷を装備しておらず、対潜攻撃力が他の深海駆逐艦と比べると低い」「耐久・装甲自体は既存の後期型と大差ない」くらいのもので、これも

  • 基地航空隊は高対空で叩き落とされる方が多く、対空砲火をやり過ごせても、素のステータスの高さから、上級提督でも数えるほどしか持っていない最上位クラスの陸攻でなければ決定打になりにくい
  • 支援は生半可な攻撃力では落とせず、的が多いためそもそも当たらない・狙わない事も頻発する
  • 潜水艦を運用していると先制雷撃がフィニッシャーに向く確率がかえって上がってしまう
  • 此方の潜水艦の雷装では中破にすらできない事が多く、むしろ砲撃フェイズがない分砲撃火力が減り、閉幕雷撃の被弾率が上昇する
・・・という落とし穴が多々あり、デコイ戦法が有効な対処法とはとても言い難く、基地や支援による対処も決して容易ではない。
そもそも、潜水艦を運用していないなら対潜攻撃力の低さは全く無視できるもので、此方の潜水艦が貧弱な『艦これ』においては弱点として成立していないイオナが今もいればこの状況も変わっていただろうが…。
隙と言える隙が見当たらず、弱点が「耐久・装甲が既存の雑魚を逸脱するものでなく、支援・基地での対処は可能」くらいな為「此方に出来る対処が上振れを待つばかりであまりに少なすぎ、高難度の運ゲー理不尽度が増しただけで相手していてつまらない」なんて声もちらほら。
登場しない丙以下の難易度に落とす」という、ナ級自体への対処にはなっていない身も蓋もない事にもなりがち。
一部提督の間では航空機をあっという間に悉く撃ち落とし、続けざまの先制攻撃で小型艦でありながら空母や戦艦を容易に中破・大破させてくることからその正体は未来からタイムスリップしてきた護衛艦深海棲艦化したものなのではと言われているとかいないとか。
しかしこの説も、本来現代艦はテロリスト自爆テロで戦線離脱を余儀なくされる(例:米艦コール襲撃事件)程度にはかなり薄く、駆逐艦といえど重巡並に堅牢なナ級Ⅱの特徴とは合致しない。
とはいえ深海棲艦には戦艦以上に強固な装甲を持つ軽巡が重巡等が大勢いるため、こちらの常識に当てはめて考えてはいけないのかもしれない。

なお、此方の駆逐艦の最大素雷装は13年4月時点から島風改の99から不変であり、今後も100超えができそうなのはまだ見ぬ「島風改二」や米バッグレイ級駆逐艦(21inch四連装魚雷発射管四基十六門。門数だけならば五連装魚雷発射管三基十五門の島風よりも多い。尤も島風の魚雷は61cm=約24インチだが)くらいのもの。
4スロ駆逐艦はタシュケント改ただ1人、先制雷撃が使える(=甲標的を搭載可能)な駆逐艦は20年12月現在も0である。
お前のような駆逐艦がいるかとまで言われた綾波改二夕立改二でも、正面からナ級後期型Ⅱと殴り合うのは厳しいものがある。

果たして、敵の雑魚駆逐艦の強化はどこまで続くのだろうか…。
そして、艦娘側がこれに比肩し得る日は来るのだろうか。

ヘイトを買いまくった事から出禁・弱体化の要望が幾度もプレイヤー側から出される程であったが、次回イベントでも(最深部のみではあるが)一切弱体化する事なく登場。
結果根本的に火力が不足する(戦艦・重巡級の編成数がさらに厳しく制限される)輸送護衛での戦闘ではさらに手が付けられなくなるうえ、あくまで『駆逐艦』であるという特性と警戒陣が大きなシナジーを形成してしまう事が判明。
輸送護衛での戦闘かつ重巡級の数が1隻までで空母・戦艦級一切禁止、輸送でA勝利以上・ギミックにおいて複数回S勝利(甲のみ)が必須になる上に、確定でナ級Ⅱ後期型eliteが2体登場するE-4-2においては警戒陣が出てきた時点で作戦失敗は必至という、もはや支援艦隊基地航空隊なくして正面から戦う事そのものが愚策という事が明確になる有様であった。
最終ボス(深海竹棲姫)との戦いでも、乙は最終形態で、甲は前哨戦からナ級Ⅱ後期型が2隻登場。本来雷撃を行なえない第1艦隊から先制雷撃をしてくるという深海竹棲姫の性質も相まって、やり過ごされると3本の先制雷撃が飛んでくる。甲最終形態に至っては4隻に増えているため、最大5本の先制雷撃となり、昼戦が始まる前から(こちらの惨敗で)勝負が決するという事態も珍しくない。

出禁や弱体化がされるどころか、登場するマスと個体数が逆に増えている事から、「イベントを作る目的は提督への嫌がらせ」「提督が嫌がる要素を積極的に盛り込むのがイベントの基本方針なのでは」「ナ級Ⅱをイベント海域の常連にするつもりでいる」等と、艦これ運営に非難が集中する事態となっている。
しかし、これらを裏付ける客観的な根拠は一切ないため、感情に任せて過剰に運営を叩くことのないよう、注意されたい。

関連タグ

関連記事

親記事

深海棲艦 しんかいせいかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「駆逐ナ級」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138210

コメント