ピクシブ百科事典

DMM.com

でぃーえむえむどっとこむ

「DMM.com」は、デジタルコンテンツ販売ECサイトの運営会社。
目次[非表示]

概要

実業家の亀山敬司氏によって創業された、日本のデジタルコンテンツ販売ECサイトの大手運営会社であり、株主である亀山氏が同社会長を務めている。

「DMM」の由来は、旧社名「デジタルメディアマート」(Digital Media Mart)の略からきている。
元は石川県のレンタルビデオ屋で後にアダルトビデオ業界に参入、その後EC事業に参入し現在に至っている。

一般向けコンテンツは「dmm.com」、アダルト系コンテンツのFANZA(旧DMM.R18)は「dmm.co.jp」とドメイン単位で区分されている。

マンガ・アニメ・PCソフトなどの販売を主に行う。
一方、元はアダルトビデオの制作会社だったこともあり、現在でもアダルトコンテンツには力を入れているが詳細はFANZA(旧DMM.R18)参照。
近年ではオンラインのブラウザゲームの配信も行っており、現在はDMMGAMESで運営されている。
また、コンテンツ以外の事業の多角化も推し進めており、

  • FX証券事業
  • オンライン英会話教室(コンテンツと言えなくもないが…)
  • Docomoから通信帯域を借り受け、格安SIM(MVNO)を提供
  • 3Dプリンターを用いたものづくりや4Kディスプレイの生産(DMM.make)
  • 太陽光発電のメガソーラーシステム
  • DMMバヌーシ(一口馬主)
など、極めて広い事業を手がける。

pixiv内を検索する際には、タグ検索ではなくタイトル・キャプション検索がおすすめ。
(一部作品では仕事絵として投稿されていたり、更には公式が投稿している作品も存在する)

メイン画像は『TIGER&BUNNY』のキャラクター、ドラゴンキッド。彼女が背負うスポンサーロゴの1つに「DMM.com」がある。

沿革

  • 1999年11月 - 会社設立。インターネット事業部としてビデオ通販、動画配信サイトの立ち上げ準備を開始。
  • 2002年7月 - アダルトビデオの動画配信・通販をメインとしてインターネットサイト「DMM」をスタート。
  • 2003年4月 - 「DMM.com」に名称を変更し、一般の動画配信・通販(DMM.com)とアダルト部門(DMM.co.jp)に分けて事業を展開。オンラインDVDレンタル事業に参入。
  • 2005年 - オンラインDVDレンタル事業に音楽CD・コミック本のアイテムを追加。
  • 2006年〜2008年 - 国内ビックイベント(格闘技、ロックバンド)の独占ライブ配信を実施1]。オンラインDVDレンタルサービスで初のTVCMを放映。
  • 2009年3月 - DMM.com証券(旧SVC証券)を買収し、FX事業に参入。
  • 2010年〜2011年 - オンラインDVDレンタルにファッション、家電・OA機器等を大幅に追加。通販事業に高級アパレル、家電の取り扱いを開始。
  • 2012年2月 - 太陽光発電事業に参入。売電収入シェアモデル「8万円ソーラー」の業界最安値の低価格で参入し、TVメディアで大きく取り上げられた。法人向け販売とメガソーラーの建設もスタート。
  • 2013年2月 - 教育事業として、海外に拠点を置くオンライン英会話サービスをスタート。
  • 2013年4月 - 福岡県、石川県で自社メガソーラー発電所の売電スタート。9月には宮城県の建設中メガソーラーが売電スタート予定。他同年中に1〜2か所でメガソーラー建設準備中。
  • 2013年7月 – 国内に専用プリンティングセンターを開設し3Dプリントサービスの提供開始
  • 2016年10月 - はちま起稿の買収・利益供与が発覚。会長の亀山敬司氏謝罪。
  • 2017年1月 - pixivの片桐孝憲氏を新社長とした新体制をスタート。


オンラインゲーム/ダウンロードゲーム

オンラインゲームおよびダウンロードゲームに関しては、事業を引き継いだ合同会社DMMGAMESの項目を参照。

外部リンク

http://www.dmm.com/(公式サイト)
http://www.dmm.co.jp/(成人向けサイト)

関連タグ

DMM(表記揺れ)
同人 同人誌 オンラインゲーム ブラウザゲーム
TIGER&BUNNY - ドラゴンキッド
Amazon

小説家になろう:2018年度のなろうコンでは協賛として参加、新規にゲーム部門が追加された。

pixivに投稿された作品 pixivで「DMM.com」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175841

コメント