ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

elf

えるふ

株式会社エルフとは、かつて存在したアダルトゲームのメーカー。およびブランド。(曖昧さ回避付き)
目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. エルフの英語表記。→エルフの項目を参照の事。
  2. 実在のエコテロリスト団体である地球解放戦線(Earth Liberation Front)の略称。
  3. アダルトゲームのメーカーの一つ。本項目で説明するのは、こちらの方である。

なお、後述理由でDMM.comを親記事にしています。


概要編集

1989年に東京世田谷区で開業。

6畳のオフィスからスタートしながら、看板クリエイターである蛭田昌人のセンスとテキスト(更にバブル景気)に支えられ、東京の中心部にビルを建てるにまで成長。

一時は「東のエルフ、西のアリスソフト」とまで言われ、出す作品が全て大ヒットという時代もあった。


一時期はセガサターンで18禁ソフトを自社販売していたこともある(但し、セガサターンで設けていたレーティングはPCにおける18禁とは性質が異なるので注意。現在のCERO-Zに近い)。

コンシューマゲーム機では性的シーンや要素をできるだけ削除された形で移植された作品もある。後にセガサターンのソフトに18禁枠が削除されてからは自社移植から撤退した。


ブランドネームは前述のエルフからで、英字表記もelf

但し、『指輪物語』のエルフ像が定着する以前のもので、マスコットキャラは今で言うフェアリーに近いデザインになっている。


一時代の終わり編集

2000年代になるとヒット作が急減。2010年代に入ってからは旧作のダウンロード販売とサポート業務を中心として活動しており、開発スタッフは姉妹ブランドのシルキーズに在籍していたのだが、2014年6月さらにそのスタッフが独立しシルキーズプラスを設立、これによりエロゲーのみならずギャルゲーサブカルチャーに多大な影響を与えたエルフの歴史は実質終焉に近い惨状となった。


2015年に発売されたガテン系シリーズ最終作『麻呂の患者はガテン系3』のスタッフロールにて、1988年の処女作『ドキドキシャッターチャンス!!』からの作品年表が掲載され、最後に「Thank you for the last 27 year」と表示された。


2016年3月31日、エルフホームページが閉鎖される事が発表。同時にメールサービスも終了する事が告知されている。現在は既に閉鎖され、版権はDMMに移っている。


これも時代の流れと言うべきなのか、アダルトゲームの一つの時代は終わりを迎えることとなった。


その後はアストロノーツ・シリウスとのコラボ『百奇繚乱の館×河原崎家の一族』、FANZAの『同級生 リメイク』・『同級生2 リメイク』など関連作品が発売されている。


ソフト一覧編集

ドラゴンナイトシリ-ズ編集


同級生シリーズ編集


下級生シリーズ編集


伊頭家シリ-ズ編集


らいむいろ戦奇譚シリーズ編集


DE・JAシリーズ編集


あしたの雪乃丞シリーズ編集


ガテン系シリーズ編集


編集


版権譲渡など編集


関連タグ編集

エルフ エロゲーの主人公

関連記事

親記事

DMM.com でぃーえむえむどっとこむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89393199

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました