ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ヨーロッパの伝承に登場する妖精の一種。本項で詳述。
  2. いすゞ自動車が製造・販売している小型トラックいすゞエルフを参照。
  3. アダルトゲームのメーカー、および、そのブランド名。elfを参照。
  4. エンジンオイルのブランド。石油メジャーの一社であるトタル社が展開している。
  5. ドイツ語で「11」の意。elf。
  6. 矢上裕による漫画エルフを狩るモノたちを参照。
  7. シネクドキによる漫画。エルフさんは痩せられない。を参照。
  8. 友吉による漫画。変態エルフと真面目オークを参照。
  9. まきしま鈴木によるライトノベル日本へようこそエルフさん。を参照。


以下人名等。基本的に1.に由来している。


1.の概要

北欧起源の妖精の総称。北欧神話の「アールヴ」が語源で、美しく強力な妖精であった。
のエルフ」と「のエルフ」がいるとされ、後者はダークエルフのイメージの原型的なものである。

これが他地域に広まってゆく過程でドワーフゴブリンなどと混同する解釈が産まれ、老人や、場合によっては魑魅魍魎のようなものとして想像されるようにもなる。
妖怪漫画の第一人者である水木しげるも、古い伝承を元にイギリスの地下に住む毛むくじゃらという解釈で描いていた(美しい姿の者にも言及はしている)。

エルフ〈水木しげるver〉



学者でもあったトールキンは『ホビットの冒険』(1937年)や『指輪物語』(1954年)といった小説でエルフを取り上げ、これらが現代的なエルフ像の起源となったと言える。
『指輪物語』のエルフは全ての能力において人間を上回り、寿命は存在せず、睡眠も必要としない。魔術の扱いにも長け、民族によっては鍛冶の腕前もドワーフと同等以上という、万能の半神的存在として描かれている。創造神の長子と言われ、全体として恩寵を受けた種族であるが、アルダ(地球)に運命を縛られている。
一方で、殺戮になんの躊躇いもなく、時には娯楽狩り行うという物騒な一面もあるとされた。敵だけでなく、「小ドワーフ」をそれが何かも知らずに狩っていた事まである。

その後、ファンタジーが発展する中で物騒な振舞いがダークエルフやオークに整理統合されたり、より明確な弱点が設定されたりしながら概ね亜人の一種に収まっている。

現代の典型的なイメージ

が長く尖っていて、長寿というのが共通事項になっている。
この耳は俗に「エルフ耳」と呼ばれ、エルフ以外の種族であっても耳が尖っていればエルフ耳と呼ばれる事がある。
色白で整った顔立ちをしており、以外に目立った体毛は少ない。
筋力は比較的弱く、肉体的な耐久力も低めだが、身のこなしは軽く手先も器用。魔術のほか、自然に関わる力を使いこなすのにも長けている事がある。

大抵はの中で小集団で暮らしており、プライドが高く選民意識が強い
半ば鎖国のような体制を敷いている事も多く、他種族との交流はあまり盛んでないが、エルフの性質と共存できる相手ならば接触を図る場合もある。人里近くに集落を築く場合も、自然の材料(など)を活かし外部からは目立たない造りを好む。

長命な分、気は長く争いを好まないが、保守的で頑固なところがあり、ともすれば陰湿。
中には積極的に他種族の社会に入って行ったり、そのまま家庭を築く者もいるのだが、そうしたが最後異端視されたり迫害されたりしてエルフ社会に帰れなくなるという場合も少なくない。

とは言え、ファンタジーが多様化し必ずしも中世ヨーロッパ風の世界観ではなくなってくると、エルフ像にも様々なバリエーションが生じてきている。
都市に住み文字通り「現金に」生きるエルフは最早当たり前の存在となり、ダークエルフの設定見直しの影響もあって有色人種風の姿をしたエルフも増加している。

クリスマスエルフ

欧米では、クリスマスサンタクロースを手伝う緑と赤の帽子を被った小人もエルフの一種とされている。尖った長い耳は一般的なエルフ像と共通した特徴である。
英語では「Elf on the shelf(棚の上のエルフ)」と言われていて、普段はサンタクロースと一緒に北極に住んでいるが、クリスマスが近づいてくると各家庭にやってきて子供たちを観察するという。

サンタ工房
サンタが街にやってきた!



関連イラスト

pixivに投稿される作品は妙齢の女性然とした姿で描いたものが多い。

エルフの薬剤師
無題
ドラゴン
雪国エルフっ子ちゃん


エルフさんとダークエルフちゃん
にらめっこしましょ
twiiterエルフまとめ
エルフ4



関連タグ

ハイエルフ ダークエルフ ハーフエルフ エルフ耳
ドワーフ ゴブリン オーク ホビット 妖精 フェアリー
北欧神話
精霊中国語では「エルフ」を「精霊」と訳している。
仙人:「人型で長命」という共通点がある。

他の記事言語

Elf

関連記事

親記事

妖精一覧 ようせいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「エルフ」の小説を見る

コメント