ピクシブ百科事典

エルフの剣士

えるふのけんし

地属性・戦士族の通常モンスター。
目次[非表示]

概要

地属性戦士族通常モンスター
原作やアニメでも多用されたため、知名度はそこそこ高い。

レベル4なので増援でサーチ可能、レスキューラビットでリクルートが可能、攻撃力が低いためクリッター巨大ネズミに対応など、場に出したり、手札に加える事はかなり簡単。
しかし、攻撃力が1400とかなり貧弱なため、戦闘で活躍するのは至難の業。
しかも、レベル4で地属性戦士族なら、他にも優秀なカードは多く存在する。
そこにさらに通常モンスターという点を加味しても、戦士ダイ・グレファーなどこのカードより攻撃力の高いカードは普通にある。
そのため、ファンデッキなどでもない限り、使う意味は非常に薄いと言わざるを得ない。
一応奈落の落とし穴に引っかからないなど局所的なメリットはあるが、採用の如何にかかわる程ではないだろう。

翻弄するエルフの剣士

エルフの剣士のリメイクカード。
攻撃力1900以上のモンスターとの戦闘で破壊されないという効果を得た。
限定的な戦闘破壊耐性がついた分、場持ちは元よりも良くなっている。が、代わりに通常モンスターの多彩なサポートカードの恩恵を受けられなくなったため、一長一短と言った所か。
戦闘破壊耐性はあまり期待できるものでもないため、あくまでオマケと割り切った方が良いだろう。

原作・アニメ

原作「遊☆戯☆王」及び「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」では、闇遊戯のデュエルの際に多用されたモンスター。
彼のデッキにおける切り込み隊長のような役割であり、召喚されてはすぐに死に、相手のデッキの恐ろしさを身を持って闇遊戯と読者に教える役が多かった。
つまりは噛ませ犬である。
そして、原作の「バトルシティ編」では遂にリストラされてしまった。エルフの剣士の明日やいかに。
一方アニメでは(相変わらず噛ませだったが)登場回数は多めであり、乃亜編以降はリメイク版である翻弄するエルフの剣士を代わりに使用している(一応そちらが初登場した対大下戦では、通常モンスターのエルフの剣士もデッキに入れている描写がある)。
海馬乃亜戦では天界王シナトの攻撃から遊戯を守り、八汰烏のダイレクトアタックを防ぐという見事なファインプレーを見せた。
もし彼が居なければ遊戯の敗北は確定的であっただろう。
その後も高い攻撃力のモンスターには破壊されない効果を生かして、窮地に陥った遊戯をたびたび守っている。
後の遊戯王GXの最終回にも登場したが、ブラック・マジシャンの身代わりにされて終わりと、扱いの悪さは変わっていなかった。
遊戯王5D'sでは、翻弄するエルフの剣士と同じ効果を持つロードランナーが、主人公不動遊星の使用するカードとして登場している。

テキスト

通常モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1400/守1200
剣術を学んだエルフ。素早い攻撃で敵を翻弄する。

関連タグ

遊戯王OCG 遊戯王デュエルモンスターズ 戦士族 通常モンスター

pixivに投稿された作品 pixivで「エルフの剣士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45521

コメント