ピクシブ百科事典

クリボー(遊戯王)

くりぼー

漫画・アニメ・カードゲーム『遊戯王』に登場するモンスターカード。
目次[非表示]

クリクリー!

効果テキスト

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
相手ターンの戦闘ダメージ計算時、このカードを手札から捨てて発動する。
その戦闘によって発生するコントローラーへの戦闘ダメージは0になる。

概要

闇属性・悪魔族の効果モンスター。攻撃力300、守備力200。
手札からこのカードを捨てることで、戦闘ダメージを1度だけ0にする効果を持つ。

主人公の武藤遊戯が使用するカード。「クリボーを呼ぶ笛」、「増殖」などと言ったサポートも含め主にピンチを逃れる際に使用する。攻守が低く、テキスト欄には効果も記されていなかったため、召喚されると「なぜそんな弱いモンスターをデッキに入れているのか分からない」と、大抵馬鹿にされる役割を負う。
海馬瀬人孔雀舞ペガサス・J・クロフォードからは「最弱モンスター」の烙印を押されている。
初期のルールは上級モンスターの召喚に生け贄(リリース)が必要というルールが無く、単純な力比べが全てだった中使われたためである。

初登場はインセクター羽蛾との一戦で、罠カードの囮になるという役回りだった。
その後、海馬との一戦で遊戯はこのカードの隠された能力「機雷化」を使用。
魔法カード「増殖」と組み合わせることで無限に増殖し、青眼の究極竜の攻撃を完全にシャットアウトした。
このコンボは「決闘王国編」では破られることはなかった。

アニメの「バトルシティ編」でOCGの効果が初めて使用され、オベリスクの巨神兵のダメージを打ち消した。(余談だがアニメにおいて、海馬が遊戯の前でオベリスクを初披露した際、クリボーはオベリスクを見て涙目になるほどビビッていた)
また、アニメの「ドーマ編」では兄弟の「クリバー」、「クリビー」、「クリブー」、「クリベー」が登場。
「ティンクル・ファイブスター」という魔法カードからレベル5のモンスターを生贄に召喚される。
また、5兄弟は合体して「クリバビロン」「クリバンデット」というモンスターになる(これらのうち、クリバンデッドはOCG化もされている)。

遊戯の主要カードの中ではマスコット的な存在として、ブラックマジシャンブラックマジシャンガールオシリスの天空竜と並んで知名度がある。

実戦でもアニメ同様ワンショットキルなどへのメタカードとして使われる事があった。
特にゲーム「遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2」では、海馬瀬人が自分のターンが回ってくるといきなり「大嵐(ハーピィの羽根箒)での魔法・罠カード除去→サンダーボルト(ブラックホール)での全モンスター破壊→デビル・フランケンの効果により青眼の究極竜召喚+巨大化を使用」という凄まじい1ターンキルコンボ(通称社長ワンキル)を使用してくるのだが、このカードはこのコンボに対抗できる数少ないカードであった。
手札にこのカードが1枚でもあれば、青眼の究極竜のダメージを0にした上、相手の残りライフポイントは3000という状況にでき、自分のターンで反撃ができる。
逆に、このカードかこのカードを手札に加えられるクリッターなどのカードがないと、基本的に負けるしかない。

もっとも、現在は《バトルフェーダー》・《速攻のカカシ》・《SRメンコート》等などより防御性の高いカードが登場しており、カテゴリや専用のサポートカードで差別化する必要があるこのカードをわざわざ使用するケースは少ない。

派生モンスター

クリバスケット
 クリボー


アニメで遊城十代の「ハネクリボー」、龍可の「クリボン」、天城カイトの「クリフォトン」、九十九遊馬の「クリボルト」と「虹クリボー」がある。なお、ハネクリボーと虹クリボーはそれぞれの漫画版でも使用されている。
不動遊星榊遊矢はアニメでこそ使用しなかったが、前者は漫画版5D'sで「ジャンクリボー」を使用し、後者は漫画版ARC-Vで「EMクリボーダー」を使用した。
この他、「サクリボー」「クリボール」「クリアクリボー」「クリボーン」といった派生カードも登場、クリボーンの登場において「クリボー」のカテゴリ化が行われた。
この中の「クリボール」はアニメ遊戯王VRAINSにおいて意外な形で登場している。

関連イラスト

こんな遊戯王シリーズ嫌ッ
ドゥヒン☆



関連タグ

遊戯王
ハネクリボー クリボン 虹クリボー

pixivに投稿された作品 pixivで「クリボー(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3115

コメント