ピクシブ百科事典

クリボー(遊戯王)

くりぼー

『遊戯王』に登場するモンスターカードの一つ。
目次[非表示]

クリクリー!

OCG

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターが攻撃した場合、そのダメージ計算時にこのカードを手札から捨てて発動できる。その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

概要

闇属性・悪魔族の効果モンスター。戦闘能力は低いが、効果によりプレイヤーへの戦闘ダメージを1度だけ防ぐことができる。ただし、自分ターンには効果が発動出来ないので注意。

遊戯が使用するカードの1枚で、《ブラック・マジシャン》や《ブラック・マジシャン・ガール》に次ぐ知名度を誇るマスコット的存在。彼のデッキの守りの要とも言えるモンスター。

初期の頃は《ワイト》並の戦闘能力の低さに加え、テキスト欄に効果が記述されていなかったため、『最弱モンスター』の烙印と共に対戦相手に馬鹿にされてきた。

『決闘者の王国編』では上級モンスターの召喚に生け贄(現在で言うリリース)が不要であり、高い戦闘能力を持つモンスターの純粋な力比べが多かった点も拍車をかけている。実際、初登場した時は羽蛾の罠カードの囮にされただけだった。

しかし、海馬とのデュエルで初めて、隠された能力である『機雷化』を発揮。魔法カード《増殖》とのコンボで無限増殖する壁となり、《青眼の究極竜》の攻撃を凌ぎきった。

その後のとのデュエルでは《カオス・ソルジャー》召喚のための生け贄となり、ペガサスとのデュエルでは彼の切り札である《サウザンド・アイズ・サクリファイス》の能力を打ち破る等、要所要所で活躍している。

ルールが調整・変更された『バトルシティ編』以降のデュエルでも度々召喚されており、装備された《魔術の呪文書》の内容が分からず混乱したり、《オベリスクの巨神兵》の攻撃にビビって涙目になる等、多様で愛らしい表情を見せてくれる。

OCG効果が適用されたのは『バトルシティ編』の遊戯VS海馬戦(アニメ版)が初で、《オベリスクの巨神兵》の攻撃によるダメージを防いでいる。

また、アニメオリジナルの『ドーマ編』や後続作品でも多数の派生モンスターが登場しており、その人気が伺える。

現実のデュエルでも、《デビル・フランケン》を筆頭とする1ターンキルに対するメタカードとして、サイドデッキに採用される時期もあった。当時は除去カードが出しやすく、《クリッター》等でサーチが容易であり、妨害されにくい手札誘発カードだったこのカードは貴重だった。

現在は《バトルフェーダー》等のより優秀な手札誘発カードが増え、活躍の場は限られている。
ただ、素材の縛りの厳しさを《クリボーを呼ぶ笛》との併用である程度カバーする・下記の派生モンスターとの連携で多量召喚できるという個性もある。

派生・関連カード

クリバスケット
 クリボー



▪モンスターカード


▪魔法カード
  • 機雷化
  • クリボーを呼ぶ笛
  • 増殖
  • バーサーカークラッシュ

2016年に《クリボーン》が登場したことにより、【クリボー】がカテゴリ化。また、アニメ版の遊星遊矢を除いて、歴代の主人公は必ずクリボー系カードを使用している。

関連イラスト

こんな遊戯王シリーズ嫌ッ
ドゥヒン☆



関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG マスコット 最弱

pixivに投稿された作品 pixivで「クリボー(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9867

コメント