ピクシブ百科事典

デビル・フランケン

でびるふらんけん

デビル・フランケンとは、遊戯王OCGに登場する闇属性・機械族の効果モンスターである。制限カード。
目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 700/守 500
5000ライフポイントを払って発動する。
自分のエクストラデッキから融合モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚する。

初期ライフの2分の1以上という莫大なライフコストを払うことで、召喚制限持ち以外の融合モンスターをエクストラデッキから特殊召喚できる。融合召喚ではないので蘇生制限は満たせない点に注意。
ライフ回復ギミックを用意しない限り1回しか使えないので効果を使ったターン中に勝負を決めたいところ。
特殊召喚するモンスターの候補は純粋に打点を求めるなら青眼の究極竜サイバー・エンド・ドラゴンサイバー・ツイン・ドラゴン極戦機王ヴァルバロイドなど、耐性や制圧力を求めるならナチュル・エクストリオ異星の最終戦士ナチュル・ガイアストライオ地天の騎士ガイアドレイクなど、バーンによるエンドカードなどに用いるならDragoon D-END重爆撃禽 ボム・フェネクスなどが挙げられる。

デビル・フランケン、巨大化orリミッター解除の2枚が揃うだけでワンターンキルの条件が揃ってしまうため07/03/01の改訂より禁止カードに指定されていた。

しかしその後、環境はデュエルの高速化が進行しあっという間にライフ5000を割り込むことは珍しくなくなった上に、速攻のかかしやエフェクト・ヴェーラー等各種妨害カードの増加によりワンターンキルの成功率も落ちたと考えられ、14/02/01の改訂にて驚きの制限復帰を果たす。

デビフラとヴェーラー


エフェクト・ヴェーラーによって効果を無効化される図。

ただ、向かい風ばかりでもなくロード・ウォリアーによるリクルート、ギアギガントXによるサーチエクシーズ召喚シンクロ召喚の登場による使用後のこのカードの処理手段の出現等追い風も多い。
さらに禁止カード期間中にノーコストで魔法・罠を無効化できるナチュル・エクストリオ、高打点と効果耐性を持つ地天の騎士ガイアドレイク、相手限定の破壊輪効果を持つDragoon D‐END等大型融合モンスターも追加された。
制限復帰後すぐにでちらほら環境で見られたものの、やはりコストが大きく終盤は腐りやすいというハイリスクハイリターンの面を踏まえて14/07/01の改訂からは一気に無制限となった。

……がメタルフォーゼなど、腐ってしまったこのカードを有効活用できるデッキがいくつか台頭してきたこと、ナチュル・エクストリオ異星の最終戦士の持つ強力な制圧能力を危惧されたためか16/10/01に再び制限カードとなる。
第1期出身のカードながら未だに環境に影響し続けるのは流石と言ったところだろうか。

そのデザインから、モチーフはフランケンシュタインの怪物だと思われるが、融合モンスターを非正規な方法でいきなり場に呼び出すという効果はどちらかというとこの怪物を作り出した科学者であるヴィクター・フランケンシュタインのイメージに近い。膨大なライフコストはプレイヤーの生命や血肉を融合モンスターの素材として削り取っているのだろうか。

ゲームでの活躍

古参デュエリストには、GBAソフト『遊戯王デュエルモンスターズ6エキスパート2』(DM6)における海馬瀬人1ターンキル(即死)コンボが印象に残っているだろう。
内容は以下の通り。

  1. ハーピィの羽根帚or大嵐により魔法・罠を全て除去
  2. サンダーボルトorブラック・ホールによりモンスターを全て除去
  3. デビル・フランケンを召喚し、効果で青眼の究極竜を特殊召喚
  4. 青眼の究極竜に巨大化を装備して直接攻撃

通称社長ワンキル
必要なカードは高確率で初手に揃っているうえに、当時は有効な妨害手段がクリボーと和睦の使者くらいしかなかったので、回避するのは至難の業であった。
ちなみに弟の海馬モクバも低確率ではあるが、同じコンボを仕掛けてくることがある。

このゲームでは他にも1ターンキルコンボの積み込みをしてくるキャラがいるが、その中で最も実戦的なこともあって印象に残りやすい。
その理不尽さから多くのデュエリストトラウマとして刻まれており、今でも語り草にされている。

関連タグ

遊戯王 機械族

pixivに投稿された作品 pixivで「デビル・フランケン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4657

コメント