2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ハーピィの羽根帚

はーぴぃのはねぼうき

遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 付属カードで登場した通常魔法(遊戯王カードWiki)。
目次[非表示]

概要

孔雀舞城之内克也天城カイトの使用カード。

カードテキスト

通常魔法(制限カード)
(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

解説

相手フィールドの魔法・罠カード全体をノーコストで除去するという、簡潔にして強力な効果を持つ通常魔法。(「羽根」ではなく「羽根」なのだが、間違われやすい。)
もちろん、魔法カード扱いで置かれるペンデュラムモンスターなども一掃できる。
大嵐》と違って自分フィールドの魔法・罠は巻き込まず、フィールドの魔法・罠全てを手札に戻す《ハリケーン》と違って再利用を許さないという強力なカードだ!
…で、何でこいつが制限で、《大嵐》と《ハリケーン》が禁止かって? 知らん。そんな事は俺の管轄外だ。
という冗談はさておいて、このカードは自分フィールドに干渉しないので《大嵐》より強力なように見えるが、遊戯王OCGには“破壊される”ことで発動するカードもあり、このカードはそういったカードとのコンボには使えない。
もっとも、魔法・罠を破壊しては困る状況においてはこちらの方が便利なのも事実であり、実質相互互換である。
特に上述した「魔法カード扱いで置かれたペンデュラムモンスター」に対しては、他に魔法カード扱いで場に置きたいカードが手札にある場合にはむしろ自分から除去してしまいたい事も珍しくない。
また、あくまでも除去対象が相手の場に依存する為、先行の1ターン目には使用する事が出来ず高速化する現代の環境において相手に一度ターンを渡した後に再度、自分のターンに回ってきた後になるとこのカードを撃ったところで対策はバッチリで手遅れだったや、そもそも帰ってくる前に試合を決められてたという事にもなりやすい。
その為に、自分のターンだけでも自分の想定する通りの回し方の出来る《大嵐》が禁止でハーピィの羽帚は制限にという配置になっている。
上記の《ハリケーン》に関しては効果が破壊ではなく「手札に戻す」であり、遊戯王OCGは破壊という行動に対して対策や発動トリガーを持つものはたくさんあるが、バウンス効果に対してはバウンスという効果内容ではなく、発動される効果そのものや発動を無効等根本から止めないと対応できず、
また、手札に戻すという事は自身で使用した永続魔法やフィールド魔法等場に残るものを再利用出来るという事である為、ループコンボの幅が大幅に広がり、圧倒的な展開力を得てしまうので、エラッタなしのあのままの効果で帰ってくることはもはやありえない状態となっている。

制限復帰後はヒステリック・サインやハーピィの羽根吹雪といったサーチカードも登場しており、ハーピィ以外のデッキ使用とのアドバンテージをはっきりとしている。

一応、専用メタカードとして《グリフォンの翼》があるが、正直あまり意味は無い。
まだ《グリフォンの羽根帚》(自分フィールドの魔法・罠カードを破壊して回復する通常魔法)や《幻のグリフォン》(《グリフォンの翼》に描かれている通常モンスター)の方が使い道がある。

後に、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-において、OCGにおいてモンスター以外では初となるホログラフィックレア仕様のカードが登場した。

作中ではハーピィ・レディが存在しなければ使えないというものであった。

現在は一部の鬼畜HERO内蔵された効果としても有名。

デュエルリンクスにおいて

現在デュエルリンクスでは登場していないが、孔雀舞のスキル『ハーピィの遺志』を使うことでデッキ外からハーピィの羽根帚を手札に加えることが可能。
条件は「ハーピィ」カードが4枚以上ある場合、デュエル中に1度のみとなっている。
ハーピィ・レディ・SCを2体用意するなどで容易に条件を満たすことが可能。

関連タグ

通常魔法 制限カード
ハーピィ(遊戯王)

サンダー・ボルト:相手フィールド上のモンスターを全て破壊する通常魔法

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《ハーピィの羽根帚》

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハーピィの羽根帚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55902

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました