ピクシブ百科事典

1ターンキル

わんたーんきる

ワンターンキルとは、TCGにおいて1ターンで決着を付けることである
目次[非表示]

1ターンキルは、TCG用語の一つで、1ターン目で勝利することである。
略して「1キル(ワンキル)」とも呼ばれる。

概要

ゲーム開始第一ターン(先行第1ターン以外に、後攻第1ターン(ゲームによっては第2ターン扱い)も含む)で勝利条件を満たすことをこう呼ぶ。
相手のライフが最大の状態から一気に0まで減らすことの他、デッキ破壊でカードを引けなくして勝利条件を満たす場合等もある。
相手の介入を許さない一方的な攻撃、戦法が取られることが多く、「ソリティア(一人遊び)」と揶揄されることも。

第1ターン以外で無傷の相手を1ターンで倒す場合は「1ショットキル」と呼ばれるが、こちらを1ターンキルと呼ぶ場合もある(例:漫画『遊戯王』では1ショットキルを1ターンキルと呼んでおり、遊戯王OCGに関しては一般的にどちらも1ターンキルと呼ばれている。後にアニメ『遊戯王ARC-V』では主人公の榊遊矢が1ショットキルという呼称を使用した)。
なおあくまでも1ターンなので、「1ショット」と言いつつも一撃ではない場合もある(下記の例にある「繰り返しダメージ」「一斉攻撃」等)。

1ターンキルに限らず1ショットキルが早いターンに可能なカードゲームは対戦ゲームとしての面白みが削がれ、廃れる原因となる。
そのため、その要因となるカードは基本的に禁止カードに指定される。

なお、ゲームなどで戦闘開始からいきなり全滅(撃破)することを1ターンキルと表現することもある。

  • モンスターの攻撃力を相手ライフ値を上回る数値まで上昇させ、直接攻撃を仕掛ける。
  • 繰り返しダメージを与える効果を発動させる。
  • モンスターを一斉に召喚してからの一斉攻撃。
  • それらの複合。
  • デッキの枚数を減らしていき、最後に相手のデッキだけを0枚にする。
  • カードドローを繰り返すなどして特殊勝利条件を満たす。
  • 「デッキが200枚以上残っていたら勝利」というカードをどうにかして出す(MTG)。


関連イラスト

たーん102


関連タグ

ソリティア

MTGMoMa等)
遊戯王ずっと俺のターン(ワンショットキル)、封印されしエクゾディア東映版時代に発売されたカードダス版では成功率9割以上))
インフィニタ・ストラーダ(デッキ枚数の下限が無いので、必要カードが6枚以下の1ターンキルコンボは100%の確立で成功する)

未門牙王バディファイトにて1ターンキルを決めた側。詳細は該当記事にて)
荒神ロウガバディファイトにて1ターンキルを食らった側。そのショックで学校を中退してしまう事になる。詳細は該当記事にて)

pixivに投稿された作品 pixivで「1ターンキル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181354

コメント