ピクシブ百科事典

トークン

とーくん

トークン(token)とは、英語で「代用貨幣」の意。カードゲーム用語では、場にあるカードの代用として出される物体のこと。
目次[非表示]

一般名詞として

日本ではあまり馴染みがないが、外国では公衆電話を使用するときや公共交通機関に乗る際、専用の代用貨幣を購入することがある。また、ゲームセンターでも、景品と交換できる厚紙でできたチケットを排出するものが多い。本来は、このようなものをトークンと呼ぶ。

ある種の発達障害児への訓練でも、おもちゃやお菓子などと交換できる代用貨幣を条件付けとして用いるものがあり、トークンエコノミー法とよばれる。

詳しくは硬貨コインメダルへ。

概要

TCGでは、何らかの効果により、大量のオブジェクトが発生することがある。
例えば、使いきり呪文によって大量にモンスターが発生する場合や、能力によってカードのコピーが発生する場合などが該当する。
このようなオブジェクトは本物のカードを使うのではなく、カードの代わりを使用して表現するのが普通で、このために使う物体のことをトークンという。

トークンには何を使ってもよいが、場にあるカードは縦向きや横向きにすることが多いので、縦横の区別がつくようなものが望ましい。通常は、他のTCGのカードや、デッキに使用していないスリーブが使われる。

同じ「代用」としては、デッキに入れたいカードを持っていない時、いらないカードに名前を書いて代用するものがあるが、これはトークンではない。このようなものはプロキシ(プロクシ)という。

遊戯王におけるトークン

カードの効果によって生み出されたモンスター。疑似モンスターといってもいい。
基本的にモンスターカードと同じく攻撃を行ったり表示形式を変更したりできる。

通常モンスターとして扱う。また、裏側表示が存在しないため、「月の書」などの対象にはできない。なお、対象を取らない裏側表示にする効果をトークンが受けた場合、表側守備表示になる。
フィールドから離れる時にはゲームから取り除かれ、消滅する。
消滅するため、コストとして墓地に送ることができず、エクシーズ召喚にも使用できない。ただし、シンクロ召喚は可能である。

トークンに使えるカードとして、公式に灰色のトークンカードは存在するが、限定物である。
一般的にはスリーブのないカードやスリーブのデザインが違うカードを使用する。

pixivでは、『遊戯王』に登場する魔法カード「スケープ・ゴート」によって召喚される羊トークンのイラストが多い。

MTGにおけるトークン

同じく、何らかの効果によって生み出されるパーマネント(場に出ているカード)。
ほとんどの場合クリーチャーだが、そう決まっているわけではなく、土地トークンやエンチャント・トークンも作ることができる。

パーマネントではあるがカードではなく、「カードを破壊する」という効果でトークンを破壊することはできない。また、トークンが戦場以外の領域に移動した場合、消滅する。

クリーチャ・トークンの場合、通常はクリーチャー・タイプを持つ。カード名は、特に指定されていない限りクリーチャー・タイプ名と同じである。したがって、裂片(Splinter)トークンと《木っ端みじん/Splinter》が同じカード名として扱われるのは有名。

トークンは、先述の通りカード状の何かを使って表現するのが普通である。近年のセットではブースターパックをむくとおまけでついてくるので、それを使用してもよい。そうでない場合、MTGのカードは(デッキに入れていなくとも)ルール上使用できない。同じく、ゲームに使用しているものと同じ色のスリーブも使用できない。したがって、他のゲームのカードや、後述の自作トークン、およびゲームに使用していない色のスリーブで代用する。

海外アニメサウスパーク』におけるトークン

トークン(サウスパーク)を参照。

関連イラスト

遊戯王
前述のとおり、羊トークンのイラストが多い。

スケゴ
スケープゴート



MTG
実際にゲームに使用できるトークンのイラストが多く、印刷すればゲームでも使える。
ただし、メーカーは著作権に厳しいので、外枠などの形状を本物のカードと同じものにするのは問題がある。

ごきチャ!!トークン
兵士トークン



関連タグ

OCG 遊戯王 MTG スケープ・ゴート 羊トークン

pixivに投稿された作品 pixivで「トークン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 484561

コメント