ピクシブ百科事典

Black_Lotus

ぶらっくろーたす

Black Lotusとは、アメリカ合衆国の企業ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が製造・販売しているトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング(Magic: The Gathering)』のレアカードである。
目次[非表示]

概要

マジック:ザ・ギャザリング(Magic: The Gathering以下MTG)で最も強力とされるパワー9の筆頭格。

収録エキスパンション:アルファ、ベータ、アンリミテッド
担当アーティスト:クリストファー・ラッシュ(Christopher Rush)

カード性能

マナコスト(0)
カードタイプアーティファクト
能力(T),Black Lotusを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える。


0マナで場に出せるアーティファクトで、生け贄に捧げると好きな色のマナを3点出す事ができる。
あらゆる制限、デメリット無しで、である。
単純に言えば、一ターン目に土地カードとBlack Lotusを引ければ4マナのクリーチャーをいきなり出せるという事である。
さらに一ターンに一枚しか出せない土地と異なりアーティファクトであるため、二枚以上出せる。
Moxのような他のマナ・アーティファクトカードが一緒に手札に来ればさらにとんでも無いことになる。
Moxと異なり一度使うと場からなくなってしまうが、3点というマナ追加はゲームにおいて強烈なアドバンテージとなる。
発生したマナを生かす他のカードとの組み合わせで凶悪な相乗効果が生まれるカードである。
カードの組み合わせによるシナジーの強力さが現在ほど認知されていなかった、TCG初期ならではのカードである。
Black Lotus、Moxシリーズ以後、マナ発生カードは徐々に調整されながら新種が発表されていったが、調整過程のカードですら、後のルールでは使用制限がかけられている。名前に「Lotus」が入る調整版・亜種として、出せるマナが1マナに減った《水蓮の花びら/Lotus Petal》、場に出るまでに時間がかかる《睡蓮の花/Lotus Bloom》などがある。
パワー9であるBlack Lotusも、これが使用できるルールでもデッキに一枚しか入れる事ができない。

価格

カードパワーもさる事ながら、その凄まじい市場価格においてもBlack Lotusは有名で、MTGプレイヤー以外の人々を驚かせている。
2006年時点では、最も安いアンリミテッド版(白枠)で十万円、それ以前の黒枠(アルファ、ベータ)で二十万円以上、であった(参考url:こらむ:マジックで一番高いカード)。
しかしその後パワー9を使用できる大会ルール「ヴィンテージ」参加者からの需要や市場流通数の減少等の理由により価格はさらに高騰し続けている。
2015年現在、白枠Black Lotusは5、60万円以上、黒枠は余裕で100万を超える。黒枠のうち特に貴重なアルファ版の状態のいいものになると200万を余裕で突破してしまう。
限定カードでもエラーカードでもないカードとしては異例の数字である。

関連タグ

ブラック・ロータス……小説『アクセル・ワールド』に登場するデュエルアバターの一種。

pixivに投稿された作品 pixivで「Black_Lotus」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5727

コメント