ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Ancestral_Recall

あんせすとらるりこーる

Ancestral Recallとは、トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』のカードの一種である
目次 [非表示]

概要

マジック・ザ・ギャザリングのカードの1枚

カードタイプはインスタント。


ギャザの黎明期であるアルファに登場したカードであり3にちなんだ効果を色マナ一つで発揮する「ブーンズ」呼ばれるカード群の一つでその担当なのだが・・・


カード性能

いかんせん効果がヤバすぎた。


マナコスト(青)
カードタイプインスタント
能力プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを3枚引く。

TCGを齧ったことのある読者ならこのヤバさがすぐにわかるだろう。


たった一枚のカードとターンごとに回復するマナの最低量だけの投資でカードゲームで最も貴重なリソースであるカードが3枚も手に入ってしまうのである


通常このゲームでは1ターンにひけるのは1枚。それが3枚も、しかも好きなタイミングで引けてしまう。更に言えば青は相手の妨害を得意としている色。対抗呪文などで相手の行動に備えマナを残していることが他の色に比べて多く、運よくマナとこのカードを残していたらこれを唱えて相手ターンを終え、次の自分のターンでターン分のドローをも合わせて3枚補充しマナを蓄えた状態からスタートすることになるのだ。

また、このゲームには敗北条件として”ライブラリが空になって引けなくなると負け”というのもあるため、いざという時は相手に唱えてライブラリー破壊で勝利をもぎ取ることも可能。


ブーンズの中ではこれだけレアなのだが、ぶっちゃけ全然パワーバランスはとれていない。

TCCそのものが手探り状態だったとはいえ、”ドローを過小評価しすぎた”例の一つと言えるだろう。

あまりに強すぎた為初期から3回収録されただけで絶版。パワー9というカードパワーのおかしなカード群の一枚で値段も下手な宝石よりも高い。様々なゲーム形式で禁止カードにされており一番緩いヴィンテージすら1枚制限。日本語版は第5版からなので、ブーンズの中ではコレだけ日本語訳が無い。といった数々の事実がこのカードのすさまじさを物語っているといえよう。

ブラック・ロータス/Black_Lotusもパワー9のひとつであり日本語版は存在しないのだが、後に登場したカードの能力の都合で日本語名が付く事になった。


では、どれぐらいなら適正なのか?


3枚引くインスタントの適正な調整カードはこれぐらい。


ジェイスの創意
マナコスト(青)(青)(3)
カードタイプインスタント
能力プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを3枚引く。

マナコストは5倍だし、青シンボルは二つ必要なので序盤から唱えるのはムリ。


ブーンズ」一覧。


関連項目

MTG パワー9


サイバー・ブレイン:こちらもドロー加速系カード。デュエル・マスターズのパワーインフレもあって、一時期はプレミアム殿堂(禁止カード)入りしたこともあるが、現在は制限なし。


強欲な壺:こちらもドロー加速系。遊戯王OCGの場合、マナコストの概念がないので引ければ使用できるタイミングでいつでも使えるのもあり、禁止指定を受けてからは解除されたことはない。

関連記事

親記事

MTG まじっくざぎゃざりんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 557

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました