ピクシブ百科事典

対抗呪文

たいこうじゅもん

対抗呪文 (たいこうじゅもん、Counterspell)とは、マジック:ザ・ギャザリングに過去登場した呪文カードのひとつである。
目次[非表示]

概要

マナ・コスト(青)(青)
カード・タイプインスタント
能力呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


MTG初期から存在するカードで、相手が使用したカードの効果を無効化し墓地(捨て札置き場)に送ってしまう、『守り』のカードの代表格にして打ち消し呪文の始祖。
これさえあれば超特大クリーチャーの登場もプレイヤーを焼き尽くす大ダメージの炎も相手の総攻撃を支える心強い援軍もあなたのクリーチャーを全滅させるような厄病もたった1枚のカードと2点の青マナで『無かった事に』出来るという抜群の安心感を使用者に与え、逆に使われる側はこの対抗呪文に決定打を打ち消されないように立ち回らなければならないというプレッシャーに苛まれる。
この『打ち消し』という効果は青の基本的な呪文のひとつとされ、シリーズが進むにつれ様々な亜種が作られている。

過去、漫画『デュエル・マスターズ』がMTGを題材とした作品だった頃にも登場し、子供たちにその強さを知らしめていた。

弱点としてはこの呪文を採用するにあたっては青のカードをメインに組まなければいけなくなる事、すでに戦場に出てしまったクリーチャーなどには対処できない事、あくまで『守り』のカードのためこれ単体ではゲームに勝てない事がある。

『相手のやりたい事を魔法で妨害する』という性質から、この呪文のフレーバー・テキスト(ゲームに影響を与えない雰囲気付け用テキスト)にはやたら皮肉めいたセリフが書かれていることが多い。

        で、それだけ?

そして引退へ

1993年のMTG販売から10年間青のデッキを支えてきた(青以外のデッキを苦しめてきた)対抗呪文だが、基本セット第8版(2003年7月版)には採用されずスタンダード(その時点での最新シリーズとその1年前の拡張パックシリーズのみ使用可能なルール)で使用できなくなってしまった。
つまり古いカードが使えるトーナメント以外では対抗呪文が撃てない/撃たれないことを意味し、その報を聞き悲しみに包まれた青使いと狂喜乱舞した青以外の使い手が続出した。
また、その後『取り消し』や、
それに占術1(ライブラリートップを見て望むならそれを一番下におく)がついた『解消』
覚醒3(マナを多く払うと土地一つを3/3のクリーチャー化できる)がついた『風への散乱』等の
『調整版対抗呪文』が出たため『対抗呪文』がスタンダードに復活することはもう無いと思われる。
なお、『取り消し』『解消』『風への散乱』のマナ・コストは3であり、
万能打ち消し呪文の妥当なマナ・コストは大体2.5マナであることが分かる。

関連タグ

MTG

pixivに投稿された作品 pixivで「対抗呪文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8104

コメント