ピクシブ百科事典

甲鱗のワーム

ぜったいのゆいいつしん

甲鱗のワーム (こうりん-、【英】Scaled Wurm)とは、トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」に登場するクリーチャー・カードの一枚である。

概要

マナ・コスト(7)(緑)
カード・タイプクリーチャー - ワーム
パワー/タフネス7/6
能力なし

8マナ7/6のバニラ(何の能力もない)クリーチャー。
手に入れやすいコモンカードであり、初心者が基本セットのパックを開けるとまず目に付くデカさであるため、初心者に人気がある。
(遊戯王で例えれば攻2800/守2400、デュエル・マスターズなら6000+パワーアタッカー1000)

しかし、飛行などの回避能力がなく単純なブロックで凌がれる、除去耐性がない、マナコストが重すぎてそもそも出せないなど、しばらく使っていれば緑のフィニッシャーとしては弱さが目立つようになる。
とどのつまり、初心者に大きいだけのクリーチャーは弱いんだと教えるためにあるカードである。

日本では、最盛期の第5版と第6版に収録されていたことから、古参プレイヤーには馴染み深いクリーチャーである。
その弱さも含めてネタにされ、『甲鱗様』、またはフレーバーテキストから『氷河期の災厄の象徴』と呼ばれ崇め奉られている。

第7版以降、彼のような「大きいだけで弱いクリーチャー」枠には多数のクリーチャー(ほとんどがワーム)が収録されたが、彼ほどのインパクトと人気を獲得するまでには至っていない。
公式がネタを公認したためかは定かではないが、対義語としてしばしば引き合いに出される鳥は基本セット2012のフレーバーテキストにて甲鱗教ならぬ「マナバード教」とでもいうべき記述があった。

こーりん!こーりん!



なお、その場で開けたパックから出てきたカードだけで勝負する「リミテッド戦」では、除去手段の少なさからそのパワーとタフネスだけでかなり戦える。
また8マナのうち7マナは緑以外で支払ってもよいので他色のデッキに緑を加える時にも邪魔になりづらい。
それを買われてか、リミテッド戦専用セット「コンスピラシー」に収録されている。

関連タグ

MTG 甲鱗様

pixivに投稿された作品 pixivで「甲鱗のワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 277075

コメント