ピクシブ百科事典

目次[非表示]

10期_12期

解説

新マスタールールが改定されたマスタールールが施行。
直接的な影響は無いが著作権の表記が変わり、テレビ東京が追加された。
またホロレアが銀色でなくなりイラストが見やすくなった。
端末世界ドラグマのストーリーがそれぞれ展開された。

マスタールール(11期)

10期ではEXモンスターゾーンかリンクモンスターのリンク先にしか特殊召喚できなかった
融合シンクロエクシーズモンスター9期以前と同じく
メインモンスターゾーンにも出せるように緩和される。
一方でペンデュラムモンスターやリンクモンスター自体にルール変更は無い。

明記されたものを除きデッキやEXデッキで効果を発動できなくなった。
効果の発動前に発動場所からカードが移動した場合は発動できなくなった。
召喚が無効化されていれば召喚していないのと同じになった。
罠カードとしても扱う罠モンスターが魔法・罠ゾーンを圧迫しなくなった(サイクロン等で除去できなくなった?)

主な出来事(加筆歓迎)

1年目(2020年度)

暗黒騎士ガイア
カース・オブ・ドラゴン


『RISE OF THE DUELIST』発売。
暗黒騎士ガイアのリメイク・サポートカードを中心とした
遊戯王初期からの決闘者へのファンサービスが感じられるパックとなっている。

メルフィー
教導の聖女


同パックで「メルフィー」登場。
緊急救急救命レスキューに対応した新たなモンスターの登場に皆驚きを隠せない。
環境テーマのドラグマも登場した。
『冥闇のデュエリスト編』発売。
人造人間機皇帝ラーの翼神竜に七枚の新規が登場。
機皇帝デッキが機皇神龍トリスケリアビートと化した。
CP20が発売。
ヌメロン・ネットワーク、キリビ・レディが登場。
採用率トップ(?)の中生代化石騎士スカルナイトも登場。
『遊戯王ニューロン』サービス開始。
公式裁定やカードプール、自身がコナミIDで登録したデッキの確認が容易になった。
PHRAが発売。
RRはどこまで強くなりたいのだろうか。

結晶の大賢者サンドリヨン
結晶の女神ニンアルル


デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズ』発売。
魔法使い族の人気テーマの過去が明らかになる。
『PRISMATIC GOD BOX』発売。
ブラック・マジシャン青眼の白龍の数奇な運命を描いた海外先行カードが目玉商品。
さながら古のルールを思わせる最上級通常モンスターのサポートカードである。
既存カードではラーの翼神竜-球体形が再録された。

2年目(2021年度)


3年目(2022年度)


関連タグ

遊戯王OCG
遊戯王におけるみんなのトラウマ一覧
遊戯王ではよくあること

関連記事

親記事

遊戯王OCG ゆうぎおうおふぃしゃるかーどげーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「11期(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4859

コメント