ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

烙印世界

らくいんせかい

「烙印世界」とは遊戯王OCGで複数のカードが連動する事で綴られる背景ストーリーである。
目次 [非表示]

この記事は現在販売されている遊戯王OCGのカードの考察及び

ザ・ヴァリュアブル・ブックや公式Twitterの情報からできています。

時系列や考察が正しいとは限らず、後にカード追加による設定変更、背景描写の補正や追記などされる可能性があります。

概要

「烙印世界」とは2020年4月18日に発売された「RISE OF THE DUELIST」にて登場した教導の聖女エクレシアアルバスの落胤、その関連カードからなる背景世界の事である。

いわゆる「デュエルモンスターストーリー」の1つで、10期の星遺物にあたる、長編ストーリーテーマのカード群であり、11期中はこれらに関連するカードが登場し続けた。


アニメはラッシュデュエル遊戯王SEVENSに以降したため、遊戯王OCGがベースとなるアニメが放送しなくなった時期に登場した初のストーリーテーマでもある。


登場パックカテゴリ
RISE OF THE DUELISTドラグマ
PHANTOM RAGEトライブリゲード
BLAZING VORTEXスプリガンズ
LIGHTNING OVERDRIVE烙印
DAWN OF MAJESTYデスピア
BURST OF DESTINY氷水 / 相剣
DIMENSION FORCEセリオンズ
POWER OF THE ELEMENTSスプライト
DARKWING BLASTビーステッド

さらにストラクチャーデッキALBA STRIKE-も発売されその中でもストーリーが綴られている。


ストーリー

天底の使徒

物語の発端となったのは、大陸の極北に位置する大国「教導国家ドラグマ」で発生したとある争いだった。

ドラグマに捕えられた同胞を救うべく立ち上がった「トライブリゲード」と、それを迎え撃つ教導騎士団との間で勃発した争い。苛烈を極める戦いの最中、突如として上空に「ホール」と呼ばれる異空間へと通ずる裂け目が開く。

そこから姿を現したのは、輝く鱗を有する巨竜灰燼竜バスタードであった。


ドラグマ・パニッシュメント

開いた「ホール」から現れ、敵味方の区別なく暴れ始めた灰燼竜バスタード。

その存在を脅威と判断した教導騎士団の頭目フルルドリスは、迅速に竜への攻撃を開始する。「最も剛き聖女」と称される彼女の雷によって、灰燼竜バスタードを打ち倒すことに成功したのだった。


ドラグマ・エンカウンター

フルルドリスの雷によって墜落した灰燼竜バスタードの元へ、教導騎士団の一員にしてもう一人の聖女教導の聖女エクレシアが駆けつける。しかしそこに竜の亡骸は無く、代わりに記憶を失った少年がうずくまっていた。

教導国家に属する聖女エクレシアと、竜化の力を秘めたアルバスの落胤。この二人の出会いから、烙印世界の物語が始まる。

教導の聖女アルバスの落胤


鉄獣の抗戦

灰燼竜バスタードの乱入で場は乱れたが、教導騎士団とトライブリゲードの戦いは依然として続いていた。エクレシアとアルバスの落胤の元に双方が集結し、一触即発の状況が作り上げられる。

が、トライブリゲードをフェリジットが、ドラグマをエクレシアが静止し衝突を回避しようとする。慈しみの心を持つエクレシアは、傷ついたアルバスの落胤がこれ以上傷つくことを望まなかった。


教導神理/鉄獣の抗戦

だが、アルバスを守ろうとするエクレシアの行為はドラグマの教義に反すると判断され、教導の神徒による粛清が行われてしまう。

目の前で倒れたエクレシアを目にしたアルバスの落胤は激昂し、痕喰竜ブリガンドへと姿を変えた。ドラグマを倒すべき敵と定めたアルバスの落胤は、エクレシアを庇いつつトライブリゲードの面々に加勢。彼らの援護を受けつつも、エクレシアを連れて難を逃れたのだった。


鉄獣の血盟

教導国家ドラグマに追われる身となったアルバスの落胤とエクレシアに、トライブリゲードの長であるシュライグは逃亡先を示す。

告げられた目的地は「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」。二人はシュライグから案内役として受け取った鳥型ロボット「メルクーリエ」と共に、広大な砂海を目指して旅立つのだった。

鉄獣の血盟


追放者エクレシア/黒衣のアルバス

砂海を目指して旅をする最中、エクレシアはアルバスの落胤に名を尋ねるが、彼は全ての記憶を失っていることを告げる。

出自も名前も分からず、何も知らない世界に放り出されたアルバスの落胤。その心は真っ白で、これからどんな色に染まるかすら定かではない。

そんな彼が、どうかたくさんの素晴らしい思い出を得られるようにという祈りを込めて、エクレシアは彼に「白」を意味する「アルバス」という名前を与えるのだった。 
エクレシアとアルバス


スプリガンズ・ウォッチ!/鉄獣の邂逅

大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」へ足を踏み入れたエクレシアとアルバス。

彼らを出迎えたのは、砂漠に住まうトレジャーハンター集団「スプリガンズ」の面々だった。不法侵入者と判断された彼らは捕らえられてしまうが、そこにトライブリゲードの一員にしてフェリジットの妹であるキットが現れる。

二人に追従するメルクーリエを見たキットは、彼らがシュライグの案内で砂海を訪れたことを知るのだった。


スプリガンズ・コール/スプリガンズ・ブラスト!

誤解が晴れたと安堵する間もなく、突如としてスプリガンズの面々に知らせが入る。それは、異空間に繋がる「ホール」出現の予兆を察知したという知らせであった。

かつてアルバスが落ちてきた「ホール」からは、異世界の物品が発見されることがある。トレジャーハンターたるスプリガンズの面々にとってはまさしく宝の山。彼らが次々に出撃する中、アルバスとエクレシアは彼女の発明品鉄駆竜スプリンドへと登場し、ぶっつけ本番の入団テストが始まるのだった。

センシティブな作品大砂海の大冒険!


スプリガンズ・ブーティー

鉄駆竜スプリンドを見事に乗りこなしてみせたアルバスとエクレシアの二人は、晴れてスプリガンズのメンバーとして迎えられる事になった。

「ホール」からもたらされたお宝の山に囲まれながら、二人はキットやスプリガンズの面々と喜び合う。が、そのお祭り騒ぎの裏で砂海の主が目覚めようとしていた。


烙印凶鳴/烙印の裁き

大砂海ゴールド・ゴルゴンダの主、「覇蛇大公ゴルゴンダ」。かの大蛇は「ホール」を自ら取り込むことで成長を遂げた怪物であり、太公の名を冠する怪物だった。

ゴルゴンダが有する「ホール」のエネルギーに共鳴したのか、アルバスは突如として烙印竜アルビオンに竜化してしまう。激しく争う両者を止める手立てはないかに思われたその時、見覚えのある雷が両者を撃ち貫いた。


スプリガンズ・インタールーダー

姿を見せたのは、出奔したエクレシアを追って同じくドラグマを離れたもう一人の聖女フルルドリス。そして、そのお付きであるテオアディンの三人だった。


烙印の絆

未だ暴走を続けんとするアルバスの元に、エクレシアはゆっくりと歩み寄る。

ドラグマを出立してここまで旅をする中で、二人の間には確かな絆が結ばれていた。その絆を信じたエクレシアの言葉にアルバスは正気に戻り、燃え盛る身体を鎮めて黒衣竜アルビオンへと変化したのだった。

教導の聖女エクレシア妖眼の相剣師


凶導の福音/烙印開幕

一方その頃、トライブリゲードの面々はドラグマと交戦を続けていた。聖女の逃亡や終わらぬ抗争を前に、教導の大神祇官は宿願とも呼べる儀式を執り行うことを決める。

彼は「聖痕」と偽って国民に宿してきた「烙印」を覚醒させることで、全てのドラグマ国民をデスピアの尖兵へと変えてしまったのだ。かつての街並みが地割れに飲まれ、その奥から「烙印劇城デスピア」が浮上。本性を表すと共に苛烈さを増したドラグマ改めデスピアの攻勢に、トライブリゲードの面々は敗北を喫したのだった。

デスピアの大導劇神描きました〜


瑞相剣究

エクレシアとアルビオン(アルバス)は竜の頭蓋特製ハンマーを餞別に受け取りスプリガンズの派手なお見送りを受け砂漠を後にする。

フルドリリスの導きにより訪れた先は大自然が作る強大な「大霊峰相剣門」。この霊峰を守る「相剣使い」、その大公承影とエクレシア達は対面する。承影に仕える純鈞とアルビオンが互いに警戒し合う最中、エクレシア、アルビオン、純鈞の剣が輝き放つ。その姿を見た承影は二人を相剣の力の源へと案内した。

しかし、同時期に闇の使いが相剣の軍師の前へ姿を現した。

无题デスピアの凶劇


氷水浸蝕

承影の案内で大霊峰の直下に位置する「氷水底イニオン・クレイドル」を訪れたエクレシア達。そこは「氷水」と呼ばれる者たちの住処であり氷水エネルギーによって相剣は力を得ていると言う。

そんな穏やかな彼女らの住処に本来、味方であるはずの龍淵が殺気を纏い現れた。氷水達を守るべく龍淵と対峙する承影。その戦いの中、エクレシア、アルビオンの元に「デスピアの導化アルベル」が姿を現す。


烙印融合

アルベルの力は凄まじくアルビオンは捕らえられ、その力を奪われてしまう。そしてアルベルは奪った力で神炎竜ルベリオンへと竜化を果たす。

しかし、アルビオンも氷水、相剣の力を授かり氷剣竜ミラジェイドへと竜化し、ルベリオン、龍淵へ対峙する。

しかし、2体の融合する力を持った竜は戦いの中で統合し深淵竜アルバ・レナトゥスへと変貌し、アルバスは竜の中心部の赤い球体に閉じ込められてしまう。

氷剣竜ミラジェイド


烙印の命数

大霊峰での戦いは激しさを増し、氷水の女王が犠牲になってしまう。エクレシアも相剣士達と共にデスピアの凶劇の先導で押し寄せるデスピアの軍勢と戦っていた。その戦いの最中、頭上からホールを開いて現れたデスピアの大導劇神はエクレシアに囚われたフルルドリスの姿を見せつける。

エクレシアの粛清後、ドラグマの上層部に不審を抱いたフルルドリスはエクレシア達を導いた後、相剣士の力を持ちドラグマそしてデスピアと敵対するも囚われてしまう。

デスピアの大導劇神によって連れ去らわれたエクレシアは傷つき力なく項垂れる姿のフルルドリスを力強く抱える。その背後から凶導の白聖骸赤と黒の触手がまるで彼女たちを求めるように近づいてくるのであった。

凶導の白聖骸 -烙印の命数-圣女的休憩


セリオンズ・チャージ

一方、財宝を手に入れ、主無き砂海にこれ以上いる理由は無いキット達は船を走らせていた。

フルルドリスによると鉄獣戦線の鉄装備は「烙印」の力を弱める働きがある事、そのルーツを探ればアルバスとエクレシアの力になれると考え、スプリガンズ達の故郷「鉄の国」へと向かうのだった。

今も溶岩吹き出る活火山、その麓に鉄の国はあった。溶岩のエネルギーを吸って起動している火山上空にあるコロシアム、「円盤闘技場セリオンズ・リング」は「無尽機関アルギロ・システム」と言う「AI」によって作り出された機械の闘士「セリオンズ」によって日夜試合が行われていた。

その強大な力を手に入れたいキットと「いけすかねぇ鉄の国の親玉」として見ていたスプリガンズの為、お頭はアルギロ・システムとその配下セリオンズに試合を申し込むのだった。

スプリガンズ大家族


スプライト・スマッシャーズ

セリオンズの王レギュラスとサルガスの戦いは殴り殴られクロスカウンターして互いにダウンしては立ち上がり試合を続けつづけ白熱していく。

しかし、そんな状況にじれったくなったのか盛り上がりすぎたのかはたまた火山の爆発の影響かアルギロ・システムは大量のエネルギーで「スプライト」というエネルギー体を生み出した。さらにレギュラスに負荷がかかるほどのエネルギーが送られたことで暴走。巨大なスプライトとレギュラスの2体を相手に窮地に追い込まれるサルガスだったが部下のスプリガンズが援護に駆けつけ何とか踏みとどまりレギュラスを正気に戻すことに成功、サルガスとレギュラスのダック攻撃でスプライトを撃退、そのエネルギーの捕獲に成功するのであった。

ギガンティック・スプライト常識に囚われない


決戦のゴルゴンダ

アルバ・レナトゥスから脱出したアルバスは竜になる力を失っていた。鉄獣戦線はデスピアの襲撃で多くの犠牲を出してしまった。

エクレシアはデスピアと烙印の力、過去の聖女達の魂と融合し「赫の聖女」へ転生し、竜の力を奪いつくしたアルベルは自身の配下である「深淵の獣」達を呼び出してしまう。

状況は最悪、それでも大切な人を取り戻す為、少年は氷水の剣を片手に敵地へ進む。

獣と聖女絶望の中で燻る灰燼


...To Be Continued


関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG

デュエルモンスターストーリー 11期




関連記事

親記事

デュエルモンスターストーリー でゅえるもんすたーすとーりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7939672

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました