ピクシブ百科事典

烙印世界

らくいんせかい

「烙印世界」とは遊戯王OCGで複数のカードが連動する事で綴られる背景ストーリーである
目次[非表示]

この記事は現在販売されている遊戯王OCGのカードの考察及び
ザ・ヴァリュアブル・ブックや公式Twitterの情報からできています。
時系列や考察が正しいとは限らず、まだ完結していない為、後にカード追加による設定変更、背景描写の補正や追記などされる可能性があります。

概要

「烙印世界」とは2020年4月18日に発売された「RISE OF THE DUELIST」にて登場した
教導の聖女エクレシアアルバスの落胤、その関連カードからなる背景世界の事である。正式名称がないので「ドラグマ世界」等の呼び方がある。
次弾から世界が連動したにカード群が追加されていき、現在に至るまでまだ2人のストーリーは続いている。

登場パックカテゴリ
RISE OF THE DUELISTドラグマ
PHANTOM RAGEトライブリゲード
BLAZING VORTEXスプリガンズ
LIGHTNING OVERDRIVE烙印
DAWN OF MAJESTYデスピア

ストーリー

ドラグマ・エンカウンター

教導国家ドラグマ」は教導騎士団を使い「トライブリゲード」への攻撃を仕掛けていた。
その交戦中、上空に異空間ホールが出現し、そこから灰燼竜バスタードが現れた。
竜はフルルドリスによって撃破され、消え去るがそこには記憶を失った少年がいた。
エクレシアとアルバスの落胤の2人が出会う事で物語は大きく動くことになる。

教導の聖女
アルバスの落胤



鉄獣の抗戦

エクレシアとアルバスの落胤の元に集まる双方の勢力。
一発触発の状況だったが、トライブリゲードをフェリジットが、ドラグマをエクレシアが静止し衝突を回避しようとする。
だがエクレシアのその行為は教義に反するとされ、教導の神徒に粛清されてしまう。
倒れるエクレシアとその行為に怒るアルバスの落胤は痕喰竜ブリガンドに姿を変えエクレシアを庇いつつトライブリゲードに加勢する。
その後、気絶したエクレシアを無事に保護して撤退したトライブリゲードとアルバスの落胤。
シュライグは彼らに鳥型のロボットを渡し大砂海へ行くように促した。

鉄獣の血盟
鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ



スプリガンズ・ブラスト!

大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」へやってきたエクレシアとアルバスの落胤。
そこで砂漠のトレジャーハンター「スプリガンズ」に捕まってしまう。
最初は不法侵入者だと認識されたがシュライグから預かった鳥型ロボットとスプリガンズに保護されていたキッドによってトライブリゲードの関係者である事を証明できた二人は入団テストを課される。
二人は鉄駆竜スプリンドを乗りこなすことで晴れてスプリガンズのメンバーとして迎えられる事になった。

センシティブな作品
大砂海の大冒険!



烙印の絆

砂海の財宝を手に入れたことで大喜びの彼らの元に「大砂海の主」が現れた。
ゴルゴンダの烙印のエネルギーに共鳴するようにアルバスの落胤が烙印竜アルビオンに竜化してしまう。衝突する2体、そこに巨大な雷の裁きが2体を落とす。
倒れた砂海の主の奥の砂丘にスプリガンズ面々がを見上げると妖眼の相剣師テオアディンの影があった。
そして、裁きを再び受けたアルバスの落胤、烙印竜アルビオンは立ち上がるがエクレシアの言葉に暴走を鎮め黒衣竜アルビオンへと変化した。

教導の聖女エクレシア
妖眼の相剣師



烙印開幕

ドラグマと交戦を続けるトライブリゲードだったが突如、デスピアン・クエリティスから攻撃を受けてしまう。
そしてドラグマの拠点から禍々しい黒い城「烙印劇城デスピア」が現れる。

デスピアの大導劇神描きました〜



……to be continued

関連タグ

遊戯王OCG

関連記事

親記事

遊戯王OCG ゆうぎおうおふぃしゃるかーどげーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「烙印世界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44310

コメント