ピクシブ百科事典

処刑人-マキュラ

しょけいにんまきゅら

『遊戯王』に登場する闇属性・戦士族の効果モンスター。エラッタ前は禁止カードに指定されていた。
目次[非表示]

概要

Vジャンプ2002年2月号に付属していたカード。

旧テキスト

効果モンスター(禁止カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
このカードが墓地へ送られたターン、
このカードの持ち主は手札から罠カードを発動する事ができる。

解説

攻撃力1600。守備力1200。
このカードが墓地に送られたターン、そのターンのエンドフェイズまでこのカードの持ち主は手札から罠カードを発動することができるようになるという、ルール介入型の効果を持つ。
発動できる回数が言及されていない以上、手札から発動できる罠カードの枚数に制限はない。

そもそも遊戯王OCGにおいて罠カードというのは相手ターンでも発動でき、相手の行動に対応して発動する文字通り罠のような使い方ができる代わりに、(カードの効果によるセットでなければ自分のターンに)手札からセットした後そのターンを終了しなければ発動できないという制約がある。
つまり伏せられてからそのターンが終了するまでの間に「サイクロン」などで破壊されるとそのカードがどれだけ強力な効果を持っていようが発動できずに破壊されてしまう。
特に「チェーン・マテリアル」などのように自分のターンで発動する必要があるカードの場合、伏せた後の相手ターンの間に除去されないように守りきる必要があり、手札にあるからといってすぐに効果を発動できるというわけではないのである。

魔法カードを墓地から手札に加える「聖なる魔術師」が長い間禁止カードであるのに対して、ほぼ同じ条件で罠カードを墓地から手札に加える「闇の仮面」が禁止カードになったことがないという点からもこの2種類のカードの使いやすさの違いがわかるだろう。
そのため、罠カードは発動さえできれば魔法カードと比べてより強力な効果が多い傾向にある。
そして、このカードの効果というのは一言で言えばこういった前提をこれ1枚でぶち壊しにするというものである。

このカードの効果が適用されている間は手札に加わった罠カードを魔法カードと同じようにすぐに発動することができ、「八汰烏の骸」や「強欲な瓶」のようなドロー効果をもつ罠カードを即座に使うことで高速でデッキを回す事ができたのである。
特に最初の自分のターンでいきなりこのカードの効果を発動してカードを高速で墓地に溜める事でこのカードとほぼ同時期に登場した罠カード「現世と冥界の逆転」(エラッタ前)の条件をすぐに満たして発動し、相手のデッキ枚数を一気に0にするという凶悪な1ターンキルが横行し、このカードの効果発動を皮切りにデッキが高速で回転して即座に勝負を決める様はまさしく「処刑人」の名にふさわしいものであった。

「このカードが墓地へ送られ」さえすればそれがフィールド上からだろうが手札やデッキからだろうが構わず、墓地に送る方法も問わないという発動条件の緩さもこのカードの凶悪さに拍車をかけていた。
さらにこのカードの効果分類はルール効果である。つまりどういうことかというと墓地に送った瞬間から効果が適用され、「天罰を使って効果を無効にする」といったこともできない。
このようなカードが規制されないはずもなく、2002年5月に制限カードになる。2003年4月に準制限カードに緩和されるが、2005年3月に禁止カードとなって以降は変更はない。

仮にこのカードが禁止解除された場合、闇属性・戦士族というステータスから戦士族のサポートを共有できる「終末の騎士」や「ダーク・グレファー」でデッキから直接墓地に送る事で容易に効果を発動することができ、そのターンが終了したとしても「戦士の生還」で手札に戻す事で再び墓地に送る機会を得る事ができる点や、なによりも上記の効果の凶悪さからエラッタ(カードテキストの変更)でもされない限り今後どのような環境の変化があったとしても禁止解除されないであろうと言われているカードの1つとなっていた。

このカードと似た効果を持つカードに、罠カードをセットしたターンに発動できるようにする事で手札から発動しているも同然の状態にすることができる永続魔法「王家の神殿」があり、これはエラッタで1ターンに1度だけと制限が付けられて復帰した。
また、その後も手札から罠カードを発動できるようにするカードはいくつか登場しているが使える条件が限定的な上に1枚しか罠カードを手札から発動できないようになっており、上記のような悪用は難しくなっている。

なお、「1ターンに1度とエラッタすれば戻ってこれるのではないか?」という声もあったが、上述の「王家の神殿」と違いモンスターカードかつ罠カードを伏せる必要のないマキュラでは性能が違い過ぎるため、「インフレしている現環境だと1ターンに1度だけでは確実に悪用できる」「せめて原作効果や原作の状況を再現するようにできれば戻ってこられるかもしれない」等と囁かれていたが……(なお、この場合でも手札をすべて捨てるというコストと相性の良い「裁きの天秤」等のカードが存在している)。

ちなみにアニメ『遊戯王5D's』ではクロウ・ホーガンZ-ONEが特定の条件を満たすことで手札から発動することができる罠カードを使用しており、クロウが使用した「デルタ・クロウ-アンチ・リバース」がアニメと殆ど変わらない効果でOCG化されている。

原作・アニメにおいて

原作漫画『遊戯王』の「バトルシティ編」における孔雀舞VS闇マリク戦で闇マリクが使用。
戦闘破壊されたときに効果を発動し、戦闘破壊されたモンスターを蘇生して攻撃力を上げる罠カード「命の綱」を手札から発動してこのカード自身を蘇生して強化し、反撃に繋いだ。

原作では手札から罠を発動する際にその罠カード以外の手札を全て捨てるという重いコストを払わなければならなかったがOCG及びアニメではこのカードのテキストから手札コストが無くなっていたため、代わりに手札を全て捨てるというのは「命の綱」の方のコストになっていた。
なおOCG効果ではフィールドから墓地に送られてから効果を発動し、その後罠カードが使用可能になるため、原作のように「戦闘破壊されたマキュラを自身の効果で発動した手札の命の綱で蘇生」ということはできない(あらかじめマキュラの効果を発動しておけば可能)。

アニメオリジナルの「ドーマ編」でも闇遊戯VSグリモ戦でグリモが使用。罠カード「隠れ兵」の効果により特殊召喚された。この時はオベリスクの巨神兵を召喚するための生け贄(今の用語で言うとリリース)に使われ、効果は使用されなかった。

新テキスト

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンに1度だけ、自分は罠カードを手札から発動できる。

解説

11期に突入するとテキストに大幅なエラッタを加える形で帰ってきた。

大きな変更点は2つ。まず上述した大方の予想通り、発動できる罠カードの数が1枚だけに限定された。同名カードの効果の発動も1ターンに1度であるため、同名カードを複数枚墓地へ送る、墓地から手札に戻した後即座に墓地へ戻す等といった手段を取ったとしても、手札から発動できる罠カードの数は1枚のままである。
原作・アニメでこのカードの効果によって手札から罠カードを発動させる場面でも、いずれもそのターン内に1枚しか発動していないため原作の状況をある程度寄せた形になったとも取れる。

そしてもう1つの変更点としてルール効果から墓地へ送られた時に「発動」する誘発効果へと変更された。
そのため「発動」を無効にする事が可能となり、従来のテキストと比較するとこのカードが相手の墓地へ送られた場合でも相手にとってある程度対処がしやすくなったと言える。

マキュラ禁止ネタは死んだんだ
いくら呼んでも帰っては来ないんだ
もうあの時間は終わって、君も人生と向き合う時なんだ――――――

ただし原作よりは強化されている(手札コストが消滅している)。

関連項目

遊戯王 遊戯王OCG 禁止カード エラッタ
王家の神殿 黒翼の魔術師 ジェット・ロイド

関連記事

親記事

戦士族 せんしぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「処刑人-マキュラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2739

コメント