ピクシブ百科事典

ビッグ・シールド・ガードナー

びっぐしーるどがーどなー

遊戯王OCGに登場する戦士族の効果モンスター。

カードテキスト

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 100/守2600
(1):裏側表示のこのモンスター1体のみを対象とする魔法カードが発動した時に発動する。
このカードを表側守備表示にし、その発動を無効にする。
(2):このカードは攻撃された場合、ダメージステップ終了時に攻撃表示になる。

概要

上級モンスターの攻撃をも凌ぐ圧倒的な守備力を持つ戦士族モンスター。原作マンガでは闇遊戯が守りの要として光の護封剣と共に多用したカードである。原作マンガにおいては通常モンスター扱いだったが、OCG化されるにあたってメリットとデメリットの両方が付随した効果モンスターとなった。遊戯王DMではドーマ編以降はOCGに準拠して効果モンスターになっている。

2600という守備力は数値的には青眼の白龍さえも上回り、フロストザウルス魔法剣士トランスなどの攻撃をも受け止めることができるほど。登場時点ではレベル4以下堂々の第一位であり、遊戯王Rでも「レベル4以下で最高の守備力を持つモンスター」と評されている。しかし、現在ではD-HERO ディフェンドガイスーパーバグマンに記録を塗り替えられ、第三位に甘んじている(ただしD-HERO ディフェンドガイはともかく、スーパーバグマンはそれなりに条件の厳しい特殊召喚モンスターなので、使い勝手はビッグ・シールド・ガードナーに劣る)。
一方でイラストではなかなか屈強そうな男に見えるが、攻撃力はクリボーワイトにも劣るほど貧弱。しかも守備表示の状態で敵から攻撃を受けると戦闘終了時に自動的に攻撃表示となってしまい、その貧弱な攻撃力を自ら晒してしまう。ある意味、攻撃を仕掛けると無防備になるゴブリン突撃部隊とは対になる存在と言える。当然ながらそのまま追撃されればひとたまりも無いが、反転世界などを利用すれば敵を返り討ちにしたりもできる。なお、レベル制限B地区を発動させておくと効果発動後にすぐまた守備表示に戻ることができる。

裏側守備表示であれば魔法効果にも耐性を発揮するが一回限り。また、裏側守備表示のモンスター一体を対象にできる魔法カードはそれほど多くはなく、全体に効果を与える魔法や罠カードに対しては無力。それでも抹殺の使徒などを無効化できるのは大きいので、あって損はない効果である。
ちなみにスキルドレインとの相性がかなり良い。スキルドレインはあくまで「フィールド上の表側表示のモンスター」の効果を無効化するものなので、ビッグ・シールド・ガードナーの場合、裏側守備表示であれば魔法耐性は無効化されず、表側表示になると攻撃を受けた際のデメリットは無効になる

単体では使いづらさが目立つが、他のカードと組み合わせると何倍にも強さが増す面白いカードである。ある意味「結束の力」を信条とする闇遊戯らしさが滲んでいると言えるかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビッグ・シールド・ガードナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 699

コメント