ピクシブ百科事典

ゴブリン突撃部隊

ごぶりんとつげきぶたい

遊戯王OCGに登場する戦士族効果モンスターの一体。

カードテキスト

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻2300/守 0
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になり、
次の自分のターンのエンドフェイズ時まで表示形式を変更できない。

概要

登場した頃はレベル4にしては破格の攻撃力を持つ事で有名になった戦士族モンスター。イラストには武装したゴブリンがたくさん描かれているが、これら全員を一纏めにして一体のモンスターとして機能しているらしい。

2300という攻撃力は一時期レベル4以下(=召喚にリリースなどのコストが無い)の全モンスター中最高値という華々しい輝きを放っていた。現在ではこれ以上の攻撃力を誇るレベル4以下モンスターも増えているが、数値だけを見ればこのカードも未だに強い部類であり、戦力として採用が検討される場合もある。
ただし、レベル4以下でありながら攻撃力2000以上を誇るモンスターは、厄介なデメリットが付随している場合が多い。このカードも例外ではなく、攻撃終了後に守備力が0であるにもかかわらず守備表示になってしまい、しかも次の自分のターンが終了するまで攻撃表示に戻せない。完全に無防備のまま、相手の攻撃を2ターン分凌がなければ次の攻撃チャンスが巡ってこないのである。そのままのステータスで使用するなら基本的に攻撃の機会は一回限りと思っていいだろう。その性質からスキルドレインと相性が良いカードの一つである。守備力0であるモンスターを対象に蘇生でき、且つシンクロや地属性指定エクシーズといったカードの展開につなげられるカメンレオンとの併用も検討できる。
余談だが、アニメ版の演出によると攻撃後はみんな揃って爆睡してしまう模様。

そんな彼らだが、様々なカードのイラストにてエキストラの如く登場しており、意外にスタッフには愛されているのかもしれない。ただ、ほとんどがやられ役。ボードゲームで振り出しに戻されるのは序の口、ハンマーシュートに叩き潰され、二重の落とし穴に落ち、アイスバーンですっ転び、メドゥーサ・ワームに石化させられ、精気を吸う骨の塔に魂を抜かれ、集団催眠に掛かり、終いには細胞爆破ウイルスで木端微塵……。
たまにトークン収穫祭などで平和に過ごしたかと思えば、忘れた頃にトークン復活祭により……。彼らに一時でも真の安息は訪れないのだろうか?

このカードの登場以降、「ゴブリン○○部隊」という名のモンスターがちらほら登場するようになったが、種族やステータス、効果などはあまり統一されておらず(一応守備力が0で、強制的な表示形式変更のデメリット効果を持つカードが多い)、専用のサポートカードも今のところ存在していない。
一応、ゴブリンに関するカードは僅かながら存在するが、そちらは部隊ではなく、成金ゴブリンを意識したイラストとなっている。

余談だが、トレーディングカードゲームの大先輩であるMTGでも最初期からゴブリン種は登場しており、総じて軽量級ながら速攻効果・トークン量産・自爆など特攻系のデザインが多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴブリン突撃部隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2308

コメント