ピクシブ百科事典

成金ゴブリン

なりきんごぶりん

遊戯王OCGに登場する通常魔法カード。及びそのカードのイラストに描かれているゴブリンのキャラクター(メイン画像左側の人物)。
目次[非表示]

カードテキスト

通常魔法
(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

概要

遊戯王OCGにおいては特に重要視されやすいドロー加速カード。その中でも比較的古参ながら今もなおデッキによっては採用されることがある息の長い通常魔法
自分のデッキからカード1枚をドローする代わりに相手のライフポイントを1000回復させてしまうデメリットを持つ。

このカードが登場した頃、遊戯王OCGには制限カードはあれど禁止カードはまだ存在しなかった(ルール上の単語としては存在したが、「ルール上禁止指定を受けているカード」はまだ無かった)。すなわち強欲な壺天使の施しなどもまだまだ現役であり、ドローできる枚数で劣る上に相手を有利にしかねないデメリットを抱えたこのカードは少々肩身が狭かった。しかし、あくまで上述のカードの優先度が高すぎただけで、そんな相手のアドバンテージよりも自分の欲しいカードを何が何でも手札に呼び込むためにこのカードも採用されるということは少なくなかった。特殊勝利デッキでは相手のライフポイントなどいくらあろうと然したる問題ではないため、ドロー加速用にガンガン投入された(封印されしエクゾディアを主とするデッキでは特に)。おかげでこのカードも一時期は制限カードに指定されていた。

その後、強欲な壺をはじめとしたドローエンジンは非常に厳しい規制を受けることになるが、元々デメリット持ちであったことが功を奏したか、このカードは制限強化されるどころかむしろ緩和される流れになり、現在日本では完全に制限を解除されている(海外ではあるデッキにてフル投入され、猛威を振るったために再び制限されることになった)。
前述の特殊勝利系デッキやデッキ破壊目的のデッキなど、相手のライフポイントをあまり気にしない戦術をメインとするデッキでは今でも採用される場合がある。また、電池メンディノインフィニティなど多少のライフ回復をものともしない爆発力超特価型のパワーデッキでもたまに採用されている。シモッチによる副作用発動時ならメリットしかなく、場合によってはむしろ「主戦力」にすらなり得る。

イラスト・キャラクター

イラストには汚い笑みを浮かべながら小銭を足元に落とし、見るからに貧しそうな男にその金を拾わせるゴブリンが描かれている。見るからに成金のくせに拾わせているのは「小銭」なのが殊更悪趣味である。
しかし、そんな遊びをしていた罰が当たったのか、彼のその後の人生(?)は波乱万丈なものとなる。



  • 罪を繰り返した結果、ついに王宮の牢獄にぶち込まれる。


  • 自らを見世物ゴブリンとして売り込み収入を得ようとするも、小道具として扱おうとしたキラー・スネークの反撃に遭い失敗(ステータス的には強欲ゴブリンはキラー・スネークには勝っているはずなのだが……)。

今後、彼はどんな方向へ進んでいくのか、注目である。

ちなみに彼が描かれているカードはほとんどが魔法や罠カードであり、モンスターとして登場したのは現在強欲ゴブリンただ一枚である。

pixivに投稿された作品 pixivで「成金ゴブリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 599

コメント